好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

in Colorado

PHOTO

コロラドは山の中を通る所が多い。

PHOTO

すっかり紅葉なのです。

伊藤さんには悪いけど、コロラドはワイオミングと違って表情が豊かだね。ガスステーションで会ったコロラド在住の人も「ここは美しい、山がある。」て言ってたんだ。カナダやアラスカと違って圧倒的な感じは受けないんだけど、こっちの方が確かに表情が豊かな気がするよ。コロラドスプリングスの街は四方へ広く広がった町っていう印象で、やっぱり町だなぁ位にしか思わなかったんだけどさ、その周辺で日帰りや1泊で行ける素晴らしい所がたくさんある印象を受けたな。それを象徴するように、今日は日曜日だったんだけど、家族連れやバイクのツーリンググループとかをかなり多く見たんだ。「だいぶ人けのあるところへきたなぁ。」と思って走ってたよ。

アメリカではカナダよりも圧倒的に多くのバイクを見る事が出来るんだ。これはもしかしたら景気のせいかも知れないななんて思ったんだ。日本も景気が悪くなってバイクを降りる人が増えたんだけど、カナダもそうなのかも知れないってね。趣味を犠牲にしないと生活していけないっていうさ。アメリカも景気が悪くなったらバイクを止める人も増えるんだろうね。あっ、バイク屋にしてもアメリカのバイク屋の方が活気があった気がするなぁ。

ロッキーを明日で抜けれると思うとなんだか嬉しいんだ。そんな事言ったらロッキーに失礼かもしれないけどさ、走っても走ってもロッキーから逃れられなかったからね。この辺のロッキーはね、カナダのロッキーと少し違う事があるんだ。それは岩の色かな。カナダはかなり白っぽい岩だったんだけど、この辺はちょっと黒っぽいんだ。基本的にカナダは針葉樹で埋め尽くされてるんだけど、この辺は不思議でさ、山の頂上付近は木がないっていうのは一緒で、その下は針葉樹、もう少し下は針葉樹と広葉樹、さらに下はワイオミング的な木のない地帯なの、少し砂漠っぽい所もあったな。その砂漠っぽい横では川が流れていて、湿地帯のようになってるんだ。だからね、峠を登って行くとどんどん木の種類が移り変わっていくんだ。今は紅葉シーズンだから、白樺の黄色い葉っぱがとても美しかったよ。それにしても、なんともスゴイよね、ロッキーは。こんなに何千キロにも渡ってヤマナミが続いてるんだから。

ポーランドから来たトラックドライバーと話しをしたんだ。彼は「トラックでアメリカ中を回ったよ。」って言ってたよ。でも仕事じゃなくて趣味で回りたいだってさ。なんか趣味で回ってる俺ってつくづく幸せな事をしてると思うよ。

Gunnisonのモーテル(走行266km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss