好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

in Arizona

PHOTO

黙々とラスベガスへ向かっていく。

ボーリングに一緒に行ったイギリス人の男性は南米へ行きたいから行くそうだ。だいたいバックパッカーに会うと南米の話しが出てくるんだ、アメリカではね。「やっぱり南米は面白いんだろうな。」と思いながらその人達と話しをしてるんだけど、それよりも重要なのはやっぱり4ヶ月近くの時間がたって、だいぶ旅が日常化してきて、目先の事しか考えなくなってきてるんだよね。どこへ行くにもトキメキのようなものが減ってるんだ。1ヶ月以内の旅人は、グランドキャニオンを見て「スゲーって声しか出ませんでしたよ。」とか感動の嵐なんだけど、長い人は「まああんなもんだよね。」みたいに少しシラケタ感じになってるんだ。俺もどっちかというと「明日はどこまで走ろう。ドコドコまで行かなきゃなぁ。」ばかり考えるようになってきて、シラケタ感じになりつつある。「何か面白い所はあるかな?」みたいな楽しみにしていたものが少なくなって来てるんだよなぁ、オーストラリアの後半戦のように。あんなに行ってみたかったバハカリフォルニアでさえ純粋な憧れがなくなってきてると思う。そういえば昨日あった人も「旅を本当に楽しめるのは3ヶ月だよ。」なんて言ってたな。その人は今回は2ヶ月くらいの予定らしい。まあ人によっては3年でも4年でも楽しんで旅を続けられるんだろうけど、だいたいみんなダレルよね長期の人はさ。南米も良いけど、やっぱり潮時かと言うほうに気持ちは流れてきたなぁ。今回もう充分に外国の人と話す事が出来てるし、また言葉をもっと覚えないとこれ以上の会話は出来ないっていうのも確認できたしね。今だけを考えると絶対的に日本へ帰りたいって気持ちはないんだけどさ、現実的な所では仕事しなきゃいけないとかある訳で、それをしないで旅してたほうが良いんじゃないの、なんて考えることもあるんだけど。だいたいこんな事書いてるって事自体がダメだね

とりあえず昨日よく話した、フィリピン系のアメリカ人と、シンガポール人と、フランス人と、スウェーデン人と、イギリス人と別れの挨拶をして、イギリス人だけは、「ラスベガスで会おうぜ。」って別れたんだけど。そのラスベガスへ向かって到着まで2、3日の予定で黙々と走り始める。

ワイオミングの辺りもモーテルは安かったけど、フラッグスタッフや今日のところも異様に安く泊まれるところがあるんだ。10ドル台ってモーテルからあるの。今日のところも20ドルちょっとだし。この感じでモーテルがずっと安く続いてくれると、だんだん町になってやりにくくなってきたキャンプをしないですむんだけどなぁ。

ASH FORKのモーテル(走行218km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss