好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

in California

PHOTO

彼らとも結構話した。スイス人ハーレー乗り。

じっくりとカナダの保険証券を見てみると延長は出来ませんって書いてあったんだ。それでも電話してみたんだけど、やっぱり駄目だった。後調べる方法は運送会社から当たるか、イエローページで片っ端かなんだけど、実は昨日AAAっていう日本のJAFみたいな所にも行ったんだけど、あまりに不親切で、「知らないワ。」で全部かたずけられてしまったんだ。だから上の2つの方法しかないんだけど、あんまり関係ない人を巻き込みたくないから、とりあえずイエローページを見て電話してみる。1軒目は駄目だったけど、2軒目の所は国際免許OKで週単位でも売ってくれるっていうからそこへ行ったんだ。カナダはさ、基本的に保険会社って州立のが1つなんだけど、アメリカは日本のようにたくさんあるんだね。だからバイクを扱ってないところや、アメリカのライセンスじゃないと駄目な所があるんだ。でも国際免許でクルマ買ってる人も、俺のような旅人も、みんな保険を買ってるんだから、どこかでは買えるとは思ってたけどね。メキシコから入ってきて、国境の人とかに聞いた方が楽だったかもね。電話帳とか見ても、メキシコの保険屋とかは国境近くにあったから、そっちから入ってきて、アメリカの保険を買わなきゃいけない人もいるわけだから、きっと国境近くに事務所があるような気がするからさ。それと運送会社の人とかバイク屋とか、国際免許でも保険を絶対かけなきゃいけない人達の方が詳しいんだろうなぁとも思うよ。保険屋さんは自分のとこの保険しか知らない感じをうけたね。

昼には宿へ戻ってきて、バイクの整備をしたの。どこまでやろうか悩んだんだけどさ、例えばエンジンを開けるかどうかが大きいんだけどね。俺のバイクもすでに2万キロ以上の走行をして、だいぶ調子が落ちてる気はしてるんだけど、まだあと5千キロ位は持つような気もするんだ。こればっかりは分からないけど。持つっていうのさ、壊れるとかじゃなくて、そのうちオイルを消費するようになるって事で、それはエンジンを開けてパーツを交換すれば大丈夫なのは分かってるんだけど、どうも開ける気にならないんだ。っていうのは後多分2千キロから3千キロしか走らないからね。南米へ下るなら絶対にやるんだけど、「まあ日本に帰ってからでもいいや。それに最悪そうなってもパーツは持ってるから出来るしな。」って思って、エンジンのタペットクリアランスとカムチェーンの調整だけをすることにしたんだ。要は、カタカタっていうエンジンからの音と、カチィカチィっていうエンジンからの音をなくす調整なんだけどね。

そして夜は最後ってことでカナダ人とドイツ人と飲みにいく。ドイツ人は最近結構一緒にいた奴なんだけど、カナダ人は昨日ここへ来て明日出る人だったんだ。彼はさ、建築の仕事をしてるんだってさ。だいたい何かの会話になるんだけど、今日は各国の家の作りについての会話が多かったな。カナダアメリカはさ日本と同じように木造が多いんだけど、ドイツは木では作らないんだって。石とか煉瓦とかコンクリートなんだろうな。カナダの彼は木の家じゃなくて鉄筋のモノを作ってるらしいけどね。ああそれにしても面 白い。やっぱり海外の人と話すって面白いわ。

それから飲んだ後にカナダ人が腹減ったから何か食いたいって言い出して、スシが食いたいっていうから、なんかまたあのイカサマっぽい日本レストランへ行ったの。席につくなカナダ人は「イカサマ臭いな。この店。」って言ってたけど、みんな「そうだね。」って。俺とドイツ人はあんまり腹へってないから、カナダ人がスシを注文して少し俺達も分けてもらったんだ。ドイツ人はナマの魚を食べた事ないからかなりオッカナビックリ食べてたよ。俺とカナダ人はそれで執拗に食べろよって薦めて楽しんでたんだけどね。それと店内の人も良く観察してたんだけど、「俺はスシを週3回は食べるんだ。何がウマイか知ってるぜ。」って言って、エビテンプラとアボガド巻きを食べてるのはビックリした!それとその人はカツドンのチキンを頼んでた。一緒に行ったカナダ人は割と良く知っててさ、変わったもの食べてはいなかったけどね。でもなんかやっぱり違うんだけど、この店は流行ってる。たぶんワサビは別になってたり(ちなみに自分で寿司に乗せる。)、割と細かい所までアメリカ風にアレンジされてるからもう一軒の本格的日本レストランより流行ってるんだと思う。ちなみにこの店、外人しかいないんだ。ちなみに味はね、やっぱりそれほどでもなかったよ。廻るお寿司の方が多分おいしいね。一番カリフォルニアロールが美味しかったもん。でも日本に入って来てる洋食もアジア食も日本風味付けになってるんだから、まあどっちもどっちか。

パシフィックビーチのホステル(走行0km)

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss