好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

トリプーの日記

晴れた風景を見たかった

今日はあいにくの雨。
郵便局に寄ってから、仕方なしに宿を出発したよ。
雨はイヤだけど、今日は移動日だから、観光メインの日に降られるよりはマシだけどね。

ケベックシティを出て、北東へ進路をとった。
どんどん田舎道になっていって、晴れていたら本当にきれいそうな所を走って行ったよ。
残念ながら雨と霧で景色はあまり見れなかったけど、雰囲気はいい感じだった。

フェリーの上でベルーガを発見!

今日の目的地はタドゥサックって言う町で、ホエールウォッチングが有名なのだけど、
ホエールだけでなく、なんと北極海以外ではここだけというベルーガ(白イルカ)の生息地!

野生のベルーガを見たいな、と思いながら雨の中をずっと走ってきたのだけど、
思いの他簡単に見れてしまったんだよ!

タドゥサックの町の手前で道路は一旦切れてフェリーになるのね。
そのフェリーが道路そのものな感じなのだけど。


そのフェリーに乗って海を見ていると、Mが「ベルーガだ!」と叫んだ!
指さすほうを見てみると、フェリー前方に真っ白いベルーガがいる。
少しでも近くで見たいから、行けるとこまで行って眺めてきたよ。
白い物体が泳いでいくのが、なんだかとても愛らしかったね。

タドゥサックホテルなどを見て明日の計画を練る

宿はベルーガモーテルという宿に決め、すこしばかり観光。
タドゥサックの町は、ホエールウォッチングの町で、
観光地らしきところはタドゥサックホテルくらいしかないみたい。

そこを見学しながら、船着き場のほうへも歩いて行ってみた。
そして、どんなホエールウォッチング船があるかはチェックしてきたんだ。
インフォメーションにも寄って、ホエールウォッチングのパンフをいっぱいもらったよ。

パンフを眺めながら、もうベルーガは見てしまったので、
ホエールウォッチングをしないでもいいかという意見も出たのだけど、
せっかくなので明日は船に乗る!

 

明日はゾディアックボートに乗ろう

船着場で見たホエールウォッチング船は、
普通の観光船みたいのや帆船みたいなもの、それからゴムボートみたいな船もあった。


僕たちは、ゴムボートみたいな船〜ゾディアックボートに乗ってみたいってことで意見が一致。
一番アドベンチャーっぽく、それでいてクジラにも近づけそうだしね
水面からも一番近い船だから、近くから見たら迫力ありそう。

とにかく明日は天気になりますように。

 


 

Mの日記

きっと晴れていたら最高な景色

この旅始まって以来の一日中の雨。さすがにビチョビチョになってしまった。
私の場合は首回りから雨が進入してきて宿に着いた頃には
中の服がヨダレ掛け状にぬれてしまったよ。

それに、なぜかこんな状況なのに眠気が襲ってきて、
Tの頭へゴッツンコを何度かしてしまった。危ない危ない。

道中の景色は「きっと晴れていたら最高なんだろうなぁ」という
想像でしかないくらい視界が悪くて、ほとんど霧で辺りが見えないの。
道は緩やかなアップダウンがあったり、ワインディングがあったり、
とっても気持ちのいい感じの道だったのよ。
でもね、景色がほとんど見えなかったなぁ。残念。

ベルーガみちゃった

タドゥサックに着く手前で渡し舟に乗ったの。
まだ交通量が多くないから橋がかからないのかもしれないけれど、
こんなおもしろい物は残しておいて欲しいよね。
けっこう大きなトラックなんかも乗ってました。

その時なのね、見ちゃったのは!!
雨の降る中船の前方を見ていたの、そしたら白い物体がぽっかりと浮かんで見えたの。
「あれっ?氷河なんてこの時期見えるわけないしな」と思い、目を凝らしてみていると、
あれはまさしくベルーガ!!二頭のベルーガが水面を泳いでるの。

こっちの船も結構なスピードで進んでいるから、じっくり見る事は出来なかったんだけど、
念願のベルーガがもう目の前に現れてくれたなんて感激ですわ。

雨の中ここまで来た甲斐があったものです。う〜ん、本当にいるんだなぁ。
明日のクルージングにも期待が持てそうです。

夕方から雨があがって、雲が流れています。明日は晴れてくれるかな

 


<Quebec>  宿泊:タドゥサックのモーテル  走行:229km 天気:雨雨雨

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません