好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

トリプーの日記

なんとなく雰囲気が変わった

とにかく今日は移動日!
50kmほど海沿いの気持ちいい道を走ってから高速道へはいった。
走りながら景色を堪能して、50kmに一回ずつ休憩をいれながら走って行く。

ニューブランズウィック州はケベック州とは近いのに雰囲気がまた違うので面白いね。
「どこがどう違うの?」って言われると「なんとなく。」ってしか説明できないけど、
大陸を横へずっと走ってきたから、雰囲気が変わった時の違いはすごく感じるんだ。

PEI(プリンスエドワードアイランドの略)に近づいてくと、
たまに赤い土が現れるようになった。
その赤い土を見ながら、PEIもあんな感じなのかな〜って、想像しながら走って行く。

 

コンフェデレーションブリッジ

PEIには長い長い海の上の橋、コンフェデレーションブリッジを渡っていったんだ。
瀬戸大橋なんかも長いけど、海の上をあんなに見晴らしのいい感じで走ったのは初めて。
とにかく気持ちいい。

Mっぺもここぞとばかりカメラを出して走りながらの撮影を試みていたよ。
まあそこでカメラの電池を落とすっていオチはついてしまったものの、よく撮ったと言ってあげよう。

 

PEIの赤い土

そうそうPEIはね、やっぱり赤い土だったよ。砂浜も崖も畑もね。島全体が赤い土に見えた。
赤い土はオーストラリアの赤い土みたいな色だったよ。横の小道とかが赤くて魅力的に感じたね。

今日は本当はPEIまで走る予定じゃなかったんだけど、
中途半端に先へ進んでしまったので、PEIまで行く事にしたんだ。
でもどういう風に泊まって PEIを見ていくか何にも考えていなかった。今日考えればいいかなと思っててさ。

だからとりあえずこの島の第一の都市であるシャーロットタウンへ向かったんだ。
赤い土のジャガイモ畑と青々した牧場、青い空、これまた気持ちいいんだ。
その色達が絶妙なコントラストをかもしだしてる。そんな中シャーロットタウンへ到着。
島の景色は思い描いていたような美しい景色だったんだけど、
僕の思い描いていたシャーロットタウンとはなんか少しズレていたな。
シャーロットタウンって名前に僕は魅力を感じていたんだ。
名前から想像するに、かわいらしい街を想像するじゃない。その期待が大きすぎたのか、なんか違うんだよ。
サンダーベイに到着した時のようななんだか妙な不安感を覚えるような街に感じたなぁ。

でもとりあえず、いつものようにインフォメーションへ。ここでちょっとしたことでMっぺと口論に。
これで完全にシャーロットタウンにケチがついたね、もちろん僕の中でだけだからね。
決してこの街がダメと言ってるワケじゃないよ。
僕自身が悪いほうへもっていってしまったってのもあるんだ。

インフォメで調べたミュージカル赤毛のアンは
PEIに滞在予定の中では今日の8時と明後日の2時と8時からしかやっていないんだ。
これは僕もMっぺもシャーロットタウンで見たかった唯一のもの。
今日見損ねてしまったので、明後日に見るかなんだけど、
それよりもキャベンディッシュとかの赤毛のアンの世界と風景を楽しもう、
どちらにしても明後日にシャーロットタウンに戻ると予定が非常に立てにくいしということになって、
明日はキャベンディッシュに移って宿をとることになったんだ。

 

Mの日記

PEI上陸

昨日から気になっていた事が分かったの。
昨日道端でしゃがみこんで何かを採っている人をよく見かけたのね。
何してるんだろうと思っていたんだけど、今日道端に止まった時によく見てみると、
野いちごがたくさんなってたの。そう、これをみんな摘んでいたのです。
私も少し摘んで食べてみたら、甘酸っぱいいちごの味!おいしいの。
摘んでいこうかとも思ったんだけど、ジャムに出来るわけでもなく諦めました。
この時期はベリー類の収穫の時期なのね。道端でもよくいちごの屋台が出ていたもの。
今日スーパーに行って気づいたんだけど、ジャム作りに必要な大小様々なビンとか、
砂糖とかいろいろなキットがコーナーになってました。
自然のものを採って食べられるなんて、私にとっては贅沢に感じます。
そんなカナダの人にとっては些細なことでも、私にとっては羨ましいことなのよね。

PEIに近づくにつれて天気が良くなってきたの。景色もだんだんの変わってきた感じ。
休憩で寄ったお店でおじさんに「後PEIまでどれくらい?」って聞いたら
「1時間か1時間半くらいかな」って答えたの。嬉しくなっちゃった。
だって、今日着くはずじゃなかったのに、到着できそうだったから。
ちなみにそこのお店のアイスクリーム(メープルウォールナッツ 1$)もとっても美味しかった!

気がつくとPEIに架かる橋が目の前に現れた!
「うぉ〜いよいよだぞ〜」とはじめてベイブリッジを渡った時よりも数倍ワクワクしてたね。
無理を知りながら、デジカメをウエストバックからそ〜っと取り出して
とにかく適当にパチパチ撮ってみたの。しだいに調子に乗って動画なんかも撮ったりしてたな。
そしたらね、何かが手元から落っこちていくの。「はっ、やばい」と思った時には後の祭り。
振り替えると二つの電池がコンクリートに叩き付けられて、跳ねてました。
「ガビーン、どうしよう落っこちちゃった電池が・・・」とTAKAさんに恐る恐る報告すると
「パスポート落とすよりよかったよ」と納得しかけてしまう慰めの言葉を頂きました。
でも、眺めは最高。
空の青と海の青とPEIの赤い土のコントラストがとっても目に焼き付いた景色でした。

今日の宿はユース。けっこうダウンタウンからアクセスが悪いけど泊まってる人多いのよね。
クルマの人が多いのかな?そこでワーキングホリデーで来ている日本人の女性に会ったの。
レイクルイーズで5ヶ月間仕事をしていて、昨日PEIで仕事を探す為にやってきたんだって。
なかなかバイタリティのある感じで好印象でしたね。
TAKAさん曰く「オーストラリアにワーホリに来てる人とは違うね」とのことでした。
という事は、TAKAさんは遊びでワーホリに行ってたのだね。

今日はたくさん走ったせいか疲れちゃった。TAKAさんもお疲れモード。
で、口論になちゃったのかも・・・。まあ、たまにはいっか。
明日はお楽しみのキャベンディッシュ!のどかな景色と雰囲気を堪能してくるぞ〜い。

 

<P.E.I. > 宿泊:シャーロットタウンのユースホステル  走行:460km  天気:曇り後晴れ

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません