好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

in P.E.I.

TAKA

PHOTO

もうすぐPEIとお別れの時

今日はPEIを出ることに。なんだか旅の終盤って感じでいろいろ考えてしう。計画を立てた時点で時間が足りないっていうのは分かっていたんだけど、2人の意見で横断しようってことになったんだ。でも予想通りにノンビリと過ごした場所っていうのがないのが残念だったなぁ。きっとノンビリし過ぎてるとそれはそれでさ、これでいいのかなぁとか思うんだろうけど。

コンフェデレーション橋は風が吹いていて少し恐かったんだ。海の上の風って一定じゃないことってよくあるでしょ?急に風が横から吹いて、反対から吹いたりさ。フラフラしすぎて恐かったな。転倒するような感じまではいってなかったけど、タイヤがパンクした様な感じでさ。後ろのMっぺはもっと恐かったと思うよ。

PEIを出てもPEIのような風景がやっぱり広がっていたんだ。でも少し違うのは土の色が赤じゃないってこと。赤い土っていうのはやっぱり特別な感じを受けるね。あれが景色をより引き立たせている気がする。でも今考えるとやっぱり不思議だよな。あの島だけが砂浜から断崖まで島の外周から内部まで赤い土で埋まっているなんてさ。海を超えるともう普通 の土の色なんだよ。なんだかもう赤い土が懐かしくなってきたよ。

後はもうボストンまで帰るための走行。なんだか寂しいね。良く考えると、ソルトレークシティでストップオーバーするから、そこから旅の第2段が始まるはずなんだけど、それには問題なくボストンからバイクを送り出せないと時間的にソルトレーク周辺は楽しめなくなっちゃうんだ。早くボストンに着いて送れることを確認して、受け渡して、飛行機のスケジュールを変更して、ソルトレークに飛びたいな。

 

Mっぺ

PHOTO

コンフェデレーションブリッジ

とうとうPEIとお別れの日。この三日間はとっても早かったなぁ。旅が終盤になってきているというのもあるんだろうけどね。もう少し海で遊んだり、歩いてみたりしてみたかった所もありました。それで、ひとつどうしてもやり残した事があったの。それは、ワイナリー巡り。カナダには結構ワイナリーがある所があったんだけど、なにせバイクだから敬遠しちゃうでしょ。まあ、たまにワインを街のストアで買って飲んだり、レストランでワインを頼んだりはしてたんだけどね。PEIにもワイナリーがあったから、PEI産のワインを飲んでみたかったの。それでね、コンフェデレーションブリッジの所にあったお土産屋さんの一角に酒屋さんがあったのをチェックしてたから、今日島を離れる前に一本買って行こう!!と私なりに意気込んでいたのね。でも、でも・・・閉まっていたのです。そう今日は日曜日。政府のやっている酒屋さんはお休みなのねぇ。ガックリ。ケベック州では、一般のお店にアルコールが売っていたのにぃ!ってそんなこと言っても仕様が無いので、違う所でも売っている事を願ってあきらめました。

橋を渡るんだけど、島に入る時には料金所がなくて、島を出る時に料金所を通るのね。ちなみにバイクは14.50カナダ$でした。車はその倍くらいしてたかな。結構こっちの金銭感覚からしてみると高いよね。私たち日本人は高速道路に高い料金を払い慣れているから「こんなモノか」と思うけど、こっちの人は「橋を渡るのにお金がかかるのか」って感覚になるのかなぁ?それで、橋の上が恐いの何のって・・・タイヤがパンクしたのかと思う位バイクがぶれるの。80キロ走行してたみたいだけど、かなり風にあおられてヒヤヒヤしたよ。12キロある橋を渡り終えたとたん、TAKAさんは脇道へそれて休んでたもの。心臓に負担がかかったみたいね。

橋を渡ってしまったら後は、ボストンまでの移動の期間。そんなことになったとたんとっても疲れてきちゃった。3日はかかる予定だからね。今日は早めに宿を決めて疲れを取る事にしました。テレビをつけると明日はあいにくの雨模様。PEIでは天気に恵まれていたからなぁ。また雨にも、移動にも慣れなきゃね。

 

宿泊:SHEDIACモーテル  走行:263km  天気:晴れ

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません