好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

December,2008   GB250 Clubman

ネイキッド、アメリカン、などなど、シルバー輝くメッキを多用するバイクは
なんとも美しく、とても魅力があるものです。

多用というほどではありませんが、所有したことのあるGB250Clubman、Zepher1100が
この輝きを発しているバイクでした。

バイク自体の魅力ももちろんありますが、
その輝きで所有欲を満たしてくれる感じもありました。

素晴らしい輝きを持つメッキ部分は、
古くなって腐食してしまうと、ブツブツとしたものが出てきてしまいます。

ブツブツ自体は磨けば薄くなるし、くすんでしまった輝きはまた取り戻せますが、
一度腐食してしまうとそれが長くもちません・・・。

アルミの腐食、鉄の腐食に比べて、磨かないとみっともない感じがするのは、
輝きが素晴らしすぎるでしょうか・・・。

メッキを多用したバイクは、美しも追求しているバイクでもあるので、
綺麗な状態を保っておきたいと思ってしまいます。

輝きを取り戻す再メッキなどの手段はもちろんありますが、
磨けばそれなりに綺麗になるので、磨く、腐食、磨く、腐食を繰り返していきます。

そして最後は疲れてしまって、結局、この2台は処分してしまいました^^;

洗車や掃除があまり好きではない私には、
磨いて愛着が増していくようなバイクは向いていないのかなと思う出来事でした。

常に綺麗に磨いている人達、ほんとすごいなと思います。

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss