好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

四国のメインイベント、剣山スーパー林道を走りました!
当初は剣山スーパー林道を走り抜けたら先へ進むつもりでしたが、
キャンプ場に荷物を置いて連泊することにして、身軽で林道を楽しんで来ました。

 

荷物が少ないとバイクが軽い!剣山スーパー林道の入口まで

荷物を下ろしたら、バイクが軽い!大リーグボール養成ギブスを外した感じ(笑)
舗装路をゆっくりペースで走っていきますが、軽いっていうのはなんて気持ちいいんでしょう。
景色とコーナーを堪能しながら、スーパー林道の入口に到着です!

 

ダートはじまる。ファガスの森まで

スーパー林道にはいってしばらくは舗装路。どんどん標高を上げていきます。
そしてダートがはじまり、美しい山々が見えはじめると気分が高まってきます!

この区間は、若干荒れてるとのことでしたが、
他に比べれば荒れているというというだけで、空荷なら650ccでもなんの問題もありません。
途中でセローの人たちと道端で話しをしながら、ノンビリ景色を楽しみながら進んでいきます。

 

ブロックタイヤを履いたR6をファガスの森で発見

ファガスの森でオフタイヤを履かせているR6を発見!
このバイク、ネットで見たことあります。たぶん冬の宗谷岬に行ってる人。
話を少し聞くと、オンロード車でブロックタイヤは、オンロードでの走りが気持ち悪いとのことでした。
いろいろ話しを聞いてみたかったのですが、何人かとお話していたのでご飯に向かいました。

 

柔らかい鹿肉。ファガスの森の鹿カレー

鹿肉うまいんだよなーと思いつつ、名物の鹿肉カレーを注文。
(以前、友だちのおじいさんがハンターをしていて、たまに鹿肉を持ってきてくれました)

鹿の柔らかいお肉がカレーの中にあります。
カレー味が強いので、味わいはそれほど分かりませんが、鹿肉の柔らかさはよく分かります。

鹿焼肉定食を食べていたキャンプ場でご一緒だったXRの方に、鹿肉を一口いただきました。
カレーの匂いにやられて頼んでしまったのですが、鹿肉を味わうなら鹿焼肉定食の方がおすすめですね。
山で食べるカレーもとても良かったですけどね。

 

徳島のヘソは崖っぷち

ファガスの森から少し西にいったところに徳島のヘソがありました。
開けた崖っぷちで山々が気持ちいい!

 

途中、滝なんかもありました

道の脇には、滝がたまに見えたりして癒やされます。
林道で滝を見ると、たいした滝でなくとも、おお〜!と思うのはなんでだろう^^;

 

ピストンになりますが、山の家へむかう

いつもならたくさん止まりまくって写真を撮るのですが、移動距離が長いので走りながら景色を楽しみました。
しかし、動画のカメラ位置はヘルメット脇のほうがいいですねぇ。低すぎて景色が映ってない・・・。

 

山の家到着

この先は、道が崩落しているので、ここが終点です。セローとXRの方にも追いつきました。
終点で、天気も良いからか、ライダーは横になって寝てる人が多かったです。
もちろん私も、しばし昼寝(笑)

 

少し戻って、スーパー林道を離脱する

スーパー林道を往復するのもいいなーと思いましたが、
時間的に行きたいところにギリ行けそうだったので、少し戻って舗装林道で国道を目指すことにしました。
剣山スーパー林道は、走りやすく、景色も良く、天気も良くて最高でした!

 

ツーリング日:2018/5/4

関連記事一覧を見る→

コメントを書く

  •  

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • 剣山スーパー林道

    懐かしいですね~!
    オイラは1993年に訪れました。
    (その時を思い出しながら書いた記事→https://blogs.yahoo.co.jp/pfbjt363/11491231.html )

    当時はXL250Rパリダカ(現在も不動ながら保管)でした。
    その年か前年の台風で道が崩落した後でしたが、多分そこが終点の場所でしょう。
    復旧工事はしなかったんですね。

  • tripoo_takas

    >TOSHIさん

    スーパー林道いいですよねー。
    崩落して、工事したけど、崩落したとききました^^;今は道自体がなくなってますね。
    出口側も土砂崩れとかなので、当分全線開通にはならなそうですねー。
    パリダカかっちょいい!その頃の年代のものが一番気になる歳なので(笑)

    北米の日記もぼちぼち読ませてもらいますねー。
    けっこう同じとこも走ってるみたいなんで、面白そうです。
    ちなみに私は1998年に走ってます〜。
    行った年の年齢を考えると、やはり同年代ですね(笑

    土日お仕事だと一緒に走るのは難しそうなので、
    ちょこっと一緒に飲んで北米の昔話するとかでも楽しそうですね。