好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

新年の初ツーリングは、
鬼泪山線、鹿野山線、志駒線、松節線、大山線、山中線、保田見線を使って、
千葉の林道を走って、近めな所をグルリと回ってきました。
朝9時に出て、寒くなる前の16時には帰るお手軽ツーリングでした。
それぞれの林道の詳細はまた別記事で紹介したいと思います。

 

君津PAで高速を下りる

アクアラインを渡り、君津PAで休憩し、一般道へ下りました。
天気も良くて暖かい日だったので、バイクツーリングしている人も多かった。
とにかく空が気持ちいい!

 

鬼泪山林道で足慣らし

舗装区間の雰囲気もなかなか良い雰囲気の鬼泪山林道です。
だいぶ走ってから最後の方に未舗装区間が現れました。
道は走りやすいですが、あっという間にマザー牧場にあっけなく到着。

 

マザー牧場からの眺め

マザー牧場の前を通る道からの海を見下ろす景色が素晴らしいです。
バイクや自転車の人達は、道路脇に少し停車させて景色を少し眺めていました。

 

林道 鹿野山線でショートカット

マザー牧場から田倉地区へ抜けていく林道は、見晴らしが良い所もあり気持ちよく走れました。
完全舗装で抜け道的な林道ですが、森の中の日差しにも温かみがあって良かったです。

 

もみじロードの農村地帯

R465から県道182号もみじロードに入りました。
交差点のある地区は、広い田んぼとまわりの低い山がいかにも千葉房総。
こういう人の営みが見える景色も大好きです。

 

林道 志駒線で素掘りトンネルを楽しむ

道は部分的に荒れていて、乗用車では無理な段差超えや濡れ路面もありましたが、
倒すと面倒なので慎重に走りましたが、ビッグオフは2台以上で来た方が安心かも。
4つある素掘りトンネルはとても素朴で良かったです。

 

房総にはサルがいっぱい

この一帯の山にはサルがたくさん住んでいて、かなりの数のサルが道路を横切っていました。
ツーリング中の野生動物との出会いは興奮しますが、
畑のほうから出てきた猿を見て、農家さん大変そう・・・と思ってしまいました。
悪さしちゃだめだよ・・・。

 

林道 田取線は通交止め

以前は、志駒線から山中線へのつなぐ林道として定番だった田取線ですが、
廃道化も進んでいるからか、新しいバリケードが出来ていました。
脇から通過しているタイヤ痕はありましたが・・・これはUターンしときました。
ビッグオフ・ソロで行くところでもないですしね。

 

戸原面ダムの橋

ダム湖の橋を渡っていきます。橋の雰囲気がいいですね。
橋上からは、ヘラブナ釣りやバス釣りをしている人が見えました。
ボートで釣りするへラブナ釣り師が、日本的でほのぼの〜。

 

林道 松節線のダートは短い

ほぼ舗装で、砂利区間は100mとか200mとか(計ってないけど)。
千葉っぽい山の中を走るのですが、景色は単調でした。

 

林道 大山線は変化もあって楽しい

展望が開けたところもあり、走っている景色に変化もあって良かったです。
道も走りやすく、思ったより長いのもGOOD。

 

林道 山中線はビッグオフ向き

傾斜緩く、カーブも緩め、走りやすくてビッグオフ向きな林道でした。
冬の山の景色で少し寂しい感じですが、新緑のころにでも来てみたいですね。

 

林道 保田見線は生活道路的

県道182号から上総湊へ抜ける、集落をいくつも通る生活道路的な舗装林道でした。
集落の雰囲気も好きなので、距離の割に飽きずに楽しめました。
いくつかあった素掘りトンネルも良かったです。

 

上総湊からは、どこにも寄らず、寒くなる前に帰宅。
距離はそれほど走ってないものの、ウロウロできて満足しました!

 

今回のルート

コメントを書く

  •  

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません