好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

昔ながらのエンジンガードは、見た目的に付ける気がしませんでしたが、
最近流行のガードは、形状がかっこいい!

KTMやアフリカツイン、KLR650のクラッシュガード付きの写真を見るたびに欲しくなっていきます。

このところ650で林道も行っているし、何かと部品が心配な年式でもあるので、
そういうリスクを少しでも減らすためには、あったほうがいいかな?と思う装備です。

KLR650A型に付くもので買えそうなのは、
SW-MOTECHのもの、HAPPY TRAILのもの、GIVIのもの。

SW-MOTECHの今風でかっこいいものか、
HAPPY TRAILのラジエターまわりを完全にガードするものか、この2つに絞りました。

何日も画像を眺めていると、
今風でスタイリッシュなSWモテックのほうに、心惹かれはじめます。

ただ、モテックのほうは、旧タイプのKLR650A型のは廃盤で、
ほとんどKLR650E型用しか売っていません・・・。
たぶん加工すれば付くのでしょうが・・・、勝負には出たくない。

USAのサイトをいろいろ検索してたら、
KLR650A用にマウント用のフィッティングセットを一緒に売ってる店がありました。
店も信頼できそうなので、ぽち。
そして、海外から部品が到着。送料は高いですが、いい時代になったものです。

さて、取り付けです。

エンジン前方、ステップのところ、リアフレームの付け根に固定するだけですが、
リアフレームのとこの六角ボルト、回すとめちゃ固い!

ここはネジの頭が見えないので、ナメちゃうと厳しい場所なので、エアインパクトで外しました。
ネジロックが塗ってありましたが、
マニュアルみたら、ネジロック指定ではなかったのだけど?・・・たぶん。

 

リアフレーム取り付けの部分は、くぼみにスペーサーをはさんでボルト止め。
ステップのとこは、センタースタンドも挟まなければいけないので、
クラッシュバー、センタースタンド、ステップの順で取り付けました。

そして、試乗。
街中を走っている分には特に重さを感じることもなく、いい感じでした。
見た目的には、やる気感が増しました(笑)

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss