好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

海外タンデムツーリングするときに使った45リッターパニアを持っていますが、
マフラー側は特に張り出しが大きく、日本では不便そうだったのでパニアラックは外していました。

45リッターのパニアはGIVIのPP製ですが、
先日XR100用に買った26リッターのGIVIのパニアも、45リッターと取り付け形状が同じです
この小さいパニアもKLR650に使えるならということで、再びパニアラックを装着することにしました。

パニアラックは当時、ワンオフで作ったもの。
条件的には、タンデムシートに座った時に、パニアが干渉しない。
海外の長距離ダートは走らないので、強度的にはそんなに必要ない。
外してノーマル状態に戻せるようにポン付けで。
というものでした。

なんの問題もなく旅を終えましたが、
このラック、2点でしかビス留めされていないのがずっと気になっていました。

 

斜め下方向にステーを取りたい

KLRのサブフレームの形状や、ビス留めしてある位置をみると、
三角部分に近いところに太めのビスでがっちりとめてあるので、思うほど弱くはなさそうなのですが、
オーストラリアで旅をしたとき、サブフレームが何カ所か折れたりしたこともあり、
斜め下方向への接続はやはり取りたいなぁ・・・と感じてしまうのです。

重量物を積んでハードなところはもう走らないと思うので、
サブフレームの三角のとこが折れることなさそうですが、
もし折れても、ステーがついていれば多少は支えられそうですし、
転倒時の横方向へ強度も多少は強くなるような気がします。気休め程度かもしれませんがw

 

ステーは平板自作でボルト止め

丸パイプを溶接してもらうのが一番いいのでしょうが、なくても使えていたものなので、
あまりお金はかけずに、自作でいくことにしました。

曲げるためのベンダーの関係で平板にします。
自分で加工出来る範囲内で強度があるものということで、厚みは4.5mmです。

 

平板用のハンドプレートベンダーで現物合わせで曲げていく

以前ヤフオクで買った物ですが、
中村ワークサービスのハンドプレートベンダー、ハンディでリーズナブルな割には何気に便利です。
鉄板だと3mm厚、アルミは5mm厚までだったかな?まで曲げれます。

今回は4.5mmの鉄板でしたが、一応曲げれました。
きっちり90度まで曲げれるのかは怪しいですが、緩めの角度なので大丈夫。

 

塗装して穴開けしてステー完成

黒の缶スプレーで色塗りましたが、
サフも黒も、スプレーたりなかったので、塗料が足りる分だけで適当にやってますw
さび目立ってきたら、ちゃんと塗りましょうかw

曲げた感じはこんなです。

 

取り付け

ビスあるとこにしかつけらんないので、取り付け位置はここです。
右側もマフラーとサイドプレートに干渉しないように曲げを調整して、なんとかつきました。
強度はなんともいえませんが、見た目的にあったほうが安心感があるのはいいことということでw

 

コメントを書く

*

  • ぶとぼそ さん

    奥さん、何処か旅に連れてって!! と騒ぎませんか。
    ウチは息子ばかりでなく、家族旅行に連れてけと怒られてますよ(苦笑)。

  • tripoo_takas さん

    えと、騒ぎませんw 息子も出かけるのめんどくさがるしww
    なので、一人でお出かけしちゃいます(笑)

  • FEED

    • My Yahoo!に追加
    • follow us in feedly
    • tripoo_takasをフォロー
    • rss