好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/5/26

四国ツーリングの時に分かったのですが、
プラグキャップカバーが割れ、雨の日にリークしてエンジンが失火して止まってしまう不調になりました。
そのままでは雨の時にエンジンが不調になるので、テープを巻いて応急処置をしてツーリングを続けていました。

その補修の時にタンクを外してみたら、ヘッドカバーのボルト部分からのオイルにじみもありました。
最近まで平気だったのですが、ガスケット交換で直ると思うので一緒に部品を注文しました。

不調の原因部分はここ。プラグキャップカバーのところに割れがあります。
水が入ると電気がそっちへ飛んでしまい、火花飛ばなくなってエンジンが止まります。

ここだけ変えれば解決はするのですが、せっかくなのでコード部分も変えたいと思い、
イグニッションコイルも交換することにしました。
もちろん古いイグニッションコイルはまだ使えるので、一応KEEPです。

イグニッションコイルに、プラグキャップをセットして、イグニッションコイルを取り付けして終了。
そして、ボルトのガスケットです。
オイルにじみをおこしてた方は、けっこう汚くつぶれてるのは仕方ないですが、
ガスケットが入っていた部分の汚れがけっこうひどかった。
穴を清掃して、新しいガスケットに交換しました。

 

取り付け終わったら、ちゃんとエンジンがかかるか確認。
無事かかったので、これで雨の日も安心。

 

せっかくタンクを下ろしたので、
チョーク引いた時に、キャブレターが少し変な感じがするので、再度清掃したいと思います。

古いし、けっこう長いこと寝かせていたので、
毎回乗るたびに、なんかしら不具合が出てくるのは仕方ないですかねぇ。

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss