好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

ブレーキキャリパーとローターを変更し、効きがマイルドになったので、
フォークオイルのセッティングをノーマルに戻しました。

 

ブレーキ強化していたので、硬めのオイルを使用していた

KLR650A型は、
1podキャリパー・260mmローターというパーツが純正ノーマルです。
重量ある車体を止めるのには本当に貧弱で、
アクセルをひねればドンとスピードが上がるパワーがありながら、
コーナーではなかなか止まりません。

特に舗装路の峠で、ブレーキの弱さが怖く、
2podキャリパー・310mmローターにカスタムしてありました。

ブレーキは鬼のように効くようになったのですが、
ノーマルのフォークオイルだと沈み込みが早すぎてとても恐ろしく、
やや堅いオイルを使用したセッティングにしていました。

 

効きがマイルドになったので、ノーマルに戻したい

先日、310mmのワンオフのディスクローターの状態が悪かったため、
1podキャリパー・320mmローターにブレーキを変更しました。

ブレーキ自体の効きは2podには全くかなわなず、制動力は劣りますが、
初期のガツンとした効きがなくなり、マイルドになりました。
それにあわせてフォークオイルもノーマルに戻したくなりました。

 

フォークオイル交換

タイヤとキャリパーを外してから、フォークを抜いきます。

オイルはなんでもいいやということでカワサキ純正フォークオイルです。

フォークからオイル抜いて、
新しいオイル入れて、油面を計って終了です。(写真まったく撮ってないですがw)
油面の調整はデイトナの油面調整ツール使いました。

 

近場を試しに走って見る

試しに近場をウロウロしてみましたが、急な沈み込みもなく普通に走れました。
近場の町中を走っただけだと、普通に走れるくらいしか分かりませんでした(笑)
どんな感じか、ワインディング、林道、そして高速、はやく走ってみたいですね。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません