好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

キャリパーサポートに付属していた黒塗装のボルトでキャリパーを止めていましたが、
取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びました。見栄えが悪いので交換しました。

 

黒塗装のボルトから、ユニクロメッキのボルトに交換

黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、あっと言う間に錆びました・・・。
フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のメッキのボルトに変えることにしました。
フロントに使いますが、リアキャリパーのボルトと同じ長さだったので、
リアキャリパーの純正ボルトを注文。

キャリパーはずして、サポートの方にはネジロックを塗って指定のトルクで締め付ければ終了です。
これで赤錆でみっともない感じにはならないでしょう。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません