好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

社外品のキャリパーサポートに付属していたボルトで、キャリパーを止めていましたが、
取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びましたw

メッキではなく、黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、
あっと言う間に錆びすぎました・・・。

フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のものに変えてしまうことにしました。
長さを測ると、リアキャリパーのボルトと同じ長さだったので、リアキャリパーのボルトを注文。

キャリパーはずして、サポートの方にはネジロックを塗って指定のトルクで締め付ければ終了。
これで赤錆でみっともない感じにはならないでしょう。

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss