好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

車検通したときから、チョークを引いた時にアクセルを開けるとエンジンが止まるという状態でした。
キャブレターは思ったよりキレイだったから、
穴をパーツクリーナーで吹いて終わりにしたのがいけなかったわけですが・・・。

チョーク戻せば普通に走れるし、
「フューエル1入れて適当に走ってればなおるんじゃね?」と思ってやってみましたが、
1本目ではだめで、2本目使ってもすぐ良くなるかは分からないので、キャブを外すことにしました。
(フューエル1は何度か使ったことありますが、けっこう効くとおもってます。)

 

エンジンガードで面倒になった、キャブレターの取り外し

エンジンガードをつけらたキャブを外すのが面倒になっていました。
サイドカウル、シート、タンクに加え、エンジンガードも外さなければいけません・・・。
エンジンガードはネジ穴がを合わせるのに力いるんで、外すとめんどうなのですよねぇ。

エンジンガードを外してしまえば、
燃料のホース類、インシュレーター、エアクリーナーのバンド、アクセルワイヤーを外して取り外せます。
作業しやすいとこでチョークワイヤー外せばオッケーなので、4発エンジンなどに比べたらラクラクです。

そして、外したキャブを分解して清掃していきます。

 

古くなったホースを確認

古くなったホース類は、思ったよりは固くはなってないのですが、せっかくなので今変えましょう。
純正部品を買いましたが、負圧のホースの長さが違いました。
元々の長さで合っているみたいなので、あわせてカット。

 

キャブレターの清掃

きっと細い穴のどこかがダメなので、
ジェット類は全部はすずして、キャブレタークリーナーに漬けこみ、
本体の穴にもキャブレタークリーナー吹いておいてしばらく放置しました。
時間おき、パーツクリーナーで穴を清掃して、穴がつまっていなければ終了です。

 

組み立てててホースを付ける

新しいホースを取り付けました。新しいものは柔らかくていいですね。

 

組み立てて取り付け、そして試走

組み立てて、エアスクリューを規定の通りに回しておいて、取り付けました。

 

チョークでの始動時はOK、エアスクリュー調整できない

チョーク引いたままでアクセル開けてもエンジンは止まらなくなりました。
その流れで少し試走しましたが、急制動して急激にエンジン回転数落とすと、エンジン止まります><
インシュレーターにヒビなども入ってませんでしたので、
エアスクリューの調整で直ると思いますが、KLRはスペースなくって普通の工具はいらない・・・。

タンク外して、キャブを外して、とか何度もしたくありません。
工具を作るのも面倒・・・とつぶやいてみたら、「KLRに使えるいいのあるよ!」と
ハーレー用CVキャブのスクリュー教えてもらいました。

[rakuen]

手で回せるようになるから、エンジンかけたままの調整も可能に!
今度、これインストールしたいです!

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません