好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

KLR650のライトはレンズカットがある時代のもので、もともとそれほど明るくありません。
そして古さもあってか車検での光量チェックでは、けっこうギリギリ。

まわりを走る車のライトが明るくなったことや、自分の目が加齢で衰えていることもあり、
ライトが付いているか分からないこともあります。

暗くて見えない夜の走りを快適にしたくて、
いま流行のフォグランプ(アシストランプ)を装着することにしました。

 

PIAAのフォグランプ(アシストランプ)のセロー250専用を流用することに

格安なフォグランプも一応考えたのですが、
配線類やリレーはともかく、ぱっと見た感じ良さそうな防水のスイッチがあまりありません。

装着したら長く使いたいこともあり、ヤマハのワイズギアで採用されているPIAAの製品にすることにしました。
ストーンガードがついた形も好み♪

配線やスイッチ、セロー用のステーが同梱されたセロー250専用を流用するのがラクかなと思い、
セットのものを購入。

ステーは無駄になりますが、ストーンガードも、スイッチも欲しかったので。

 

開封して同梱類をチェック

内容物をチェックします。
ライト本体とストーンガード、ハーネス、ステー、スイッチ、タイラップやボルト類、それに取説です。

ハーネスは、バッテリーの+とマイナスにつなげる部分と、
キーオンで通電するように、アクセサリー電源につげるための専用カプラがついています。

 

ステーを購入して加工する

スタンド接地面拡大キットを買ったお店で、KLR650用のフォグステーが売っていたので一緒に買ってみました。

さっそくフェンダーをはずして取り付けると、車体左側のカウル部分とのクリアランスがほぼありません・・・。
どんなに薄いネジでも入らなそうです・・・。

仕方ないので、曲げます。
ちょっと傷だらけになりましたが、何度か曲げ直して良さそうなとことでOKにしました。
キズはほぼ見えなくなるので、このままで。

穴の大きさも別のLEDランプ用で大きさが合わなかったので、穴を拡大しました。
ここまでやるなら、自分で作っても良かったかも・・・。

 

ランプをステーに装着しました

最初、同梱のボルトナットを使ってみましたが、頭がメガネレンチで締めるタイプボルトなので、
もしステー部分がゆるんで傾くと、カウルに引っかかってしまいハンドルきれなくなるかも・・・と思い、
頭が丸いボルトを買ってきて装着しました。

 

現状の配線を整理する

USB電源、バッテリーを充電するための端子を付けているので、狭いシート下の空間はすでにビッチリです・・・。
このままではリレーやヒューズが入らなそなので、整理することにしました。

 

まずバッテリーをトリクル充電するための取り出し口は廃止。
USB電源は、余っているコードをカットして、ちょうどいい長さにしてつなぎ合わせました。

 

フォグの配線をしていく

セロー専用なので、もちろん配線の加工が必要です。
バッテリーの+に接続するところ、マイナスに接続するところはそのままでOKです。

アクセサリー電源につなげるカプラーは使えませんので、そこだけ加工します。
写真の上から伸びてきている線をカットして、キーがオンになったら通電するところへつなげれば大丈夫です。

 

カットしてギボシ端子つけたのがこちら。

 

ヒューズボックスのところから、USBとフォグの配線をとることにしたので、こんな配線をつくって接続しました。
黒い線の片側にUSB電源、もう片側にフォグをつなぎます。

 

電源まわりの配線完了。右下の黒いのがフォグのリレーです。

 

車体前方へ持って行った配線にフォグランプ本体を接続。そしてハンドルにスイッチを取り付けます。
そして点灯試験。バッチリです。

 

夜に光軸を調整して終了。

夜に点灯してみました。「明るい!」と叫んでしまうほどに明るいです。
ほぼ光軸オッケーでしたが、微調整して完成

上がフォグあり、下がフォグなし。
ヘッドライトがイエローなので暗めではありますが、左にあるホースを見るとかなり違うのが分かると思います。

 

試走

夜の町を徘徊してきましたが、本当に明るい。縁石などがよく見えるのでラクです。

LEDで消費電力も8Wとバッテリーにも負担が少ないのも良いですね。
フォグランプがあるスタイルが嫌いでなければおすすめです!

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません