好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/8/15

タンクなどがはずしてあるので、ついでにUSB電源を付けることにします。
USB電源をつけると言っても、XR100RはAC12Vのバッテリーレス車なので、
そのままUSB電源のキットをつなぐなどということは出来ません。

 

AC12Vから整流ダイオードでDC12Vにする(以前作ったものです)

北米ツーリングに行った時に、ノートパソコンや乾電池を充電したくて、
バイク100V昇圧コンバーターを付けていました。
当時はUSBという便利な規格もなく、100Vのコンセントが一番汎用性がありました。
ちなみにこんな感じに付けてました。コンセントはハンドルまわりに付けていました。

汎用の100Vの昇圧回路も、それもそのままではつかなかったので、
AC12VからDV12Vに一度変換しています。その時作ったコードが残っていました!

ずっと回路を動かすのが嫌だったので、スイッチでON/OFFできるようしていました。
大きな黒いものはコンデンサで、バッテリーがないので少し電気を蓄え、電圧など安定させるためのもの。
右のほうに黒いテープまいてあるとこに整流用ダイオードが入ってます。

 

配線

この隙間に回路がある大きくなってる部分を入れました。

 

ハンドル部のON/OFF  スイッチは廃止して、
エンジンかかっている時は常時USB電源が使えるようにしました。
テールまわりに行く配線とUSB電源まわりの配線を束ねてこんな感じに。

 

大きさが問題のコンデンサ、
以前の付けていた所はサイドカバーを切ってしまって丸見えになってしまうので、
タンクとシートの合わせ目くらいの下に装着するころにしました。

サイドカバーのでっぱりが邪魔で付かなかったので、思いっきりカット。
もうサイドカバーはやられたい放題ですな・・・(笑)

 

USBの場所は、ハンドルの中央部だとタンクが邪魔で、
ハンドルスイッチ回りだと配線がいまいちになりそうなので、ハンドルのこの部分に。

 

そして、エンジンをかけて通電確認。無事通電!
今のところXR100にナビは付けないつもりですけど、スマホの充電も出来るようになるのは便利です^^

コメントを書く

*

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません