好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

ビゴーレには、リア12-27T 10Sというギアを付けていました。
12-27Tというのは、数年前の10速時代ではヘタレ仕様のギアです・・。
しかし先日、農村ポタに行った時、痛烈に脚のなさを実感しました。
通勤にしか使っていない脚では、このギアでは山を走るのは無理に感じました。

大きなギアをつけるのが普通の時代になっていました

以前も大きなギアはつを付けようと思えばつけれましたが、
ロードコンポにはなかったのでかっこ悪いイメージがあり、誰もつけていませんでした。
見た目も大切なロードですしね。

それが、11速12速時代になり、今はなんと、ロードでも大きなギアを付けているのです。
大きなギアを1枚増やしても、ギアの間隔があきすぎないから、走りやすさはそのままに使いやすい。

タイヤが25Cが主流になったり、フロントシングル化が出てきたり、
カッコ良さの常識はどんどん変わっていくものです^^;

・・・・理由は違えど、先行ってたな、私(笑)

 

11-34Tのスプロケットを装着し、チェーンを新調

かっこいい悪いはともかく、坂を上れないと困るので、
リアのギアを坂道もラクラクのギアに変更します。

なるべく軽いギアが欲しいので、ここは思い切って、11-34T(10速ですが)にしました。

写真はカードをフォーマットして無くなったので、アマゾン画像入りでw

(AMAZON)

 

12-27Tと並べても大きく感じましたが、さすがに34Tはホイールにはめてみても大きい!

スプロケットが大きくなった分、
チェーンの長さが足りなくなったのでチェーンは新調しました。
装着してあった古いチェーンは、かなり新しいので通勤車に使いましょうか。

 

能力の足りなくなったディレーラーも変更

リアの一番大きなギアと、フロントの一番大きなギアに、チェーンを回して1コマ余らせてカット。
チェーンを装着してみると、当たり前ですがディレーラーの能力が足りません^^;
リア小、フロント小にすると、チェーンがダラーンと(笑)
乗っていない娘のGIANTから、XTを拝借することにしました。

装着してから調整。いろいろやってなんとかいい感じに変速するようになりました。

 

軽いギアで坂もいい感じに走れるようになりました

見た目は・・・大きなギアとロングケージのディレラーで
だいぶリア周りが重ったるいイメージにはなりましたが、
近場の坂を走ってみると、かなり軽くていい感じです!

これなら今の脚でも、峠もいけそうで、久しぶりに峠を走りに行きたくなってきます!

 

余談ですが、
こうなってくると、内装変速でシンプルな見た目にするのもアリだなぁと感じました。
内装変速好きのお友達、ずいぶん時代の先を行ってたのに今頃気づきました。

交換日:2018/8/29

コメントを書く

  •  

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • INTER8

    時代を先取りしていたかどうか分かりません。未だに内装の性能を認めたくない人が多いですから (^^;)