好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

少し前まで、昔々に友達からもたったオフロードスタンドを使っていましたが、
スタンド自体に高さがあるため、今のバイクの下にはいりませんでした。

XR100は軽いので、持ち上げてスタンドに乗せるようにしたり、
KLR650は後輪を木の台に乗せてから、スタンドを下に入れるようにしていました。

特にKLRはサイドスタンドを支点にかなり傾けて台に乗せていたので、
そのうちコカしてしまいそうなのも怖いところでした。

「普通に使えるスタンドが欲しい」と思い、何にするか検討しました。

どんな車種で使えるモーターサイクルジャッキを買おう

低床のオフロードスタンドか、モーターサイクルジャッキを比較検討しました。

足一発でスタンドがかけられるオフロードスタンドのほうがラクチンですが、
低床でないとフレームと地面の間に入りません。

地上高245mmのものなら、KLR650もXR100もなんとか使えるかもしれないです。
(ギリなので、やってみないとわからない。ダメでも少し持ち上げる必要あり。)

手軽さでオフロードスタンドに心は傾いたのですが、
将来オンロード含め、地上高が低いバイクに乗っている可能性もあると考え直します。

「長く使うものだから、いろんな車種に使える方がいいかもしれない」と
モーターサイクルジャッキに考えを改めました。

ジャッキ自体には何の問題もありませんが、欠点はかなり重いってこと・・・。
使う時の出し入れや、持ち運びはかなり重いです。
レースなどでは厳しいですが、ガレージだけで使うなら大丈夫でしょう。

 

インプレを見ると、重量があるから安心という意見もありました。
確かに重量のあるビッグバイクだと、重量が安心感・安定感につながるかもしれません。

 

ジャッキをかける場所さえ見つけてしまえば、使い方はカンタンです。

センタースタンドをつけているので、リアタイヤをあげる時はジャッキを使いません。
フロントタイヤを上げる時に使います。

アンダーガードとるのメンドクサイので、そのままなんとか使いたいと思いました。
どこにかけるか悩みましたが、アンダーガードがストッパーになる位置で、
クラッシュバーの斜めの部分にかけるようにしました。

水平ではないバーにかけるのは、本来ダメだと思いますが、
それほど重いバイクでもなく安定もしているので、基本はここにかけていきたいと思います。

かける位置さえ見つけてしまえば、毎回手間もなくジャッキアップがカンタンに行えます。

コメントを書く

*

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません