好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/10/20

バイクに取り付けるロッドホルダー が欲しい

先日バイク釣行をしましたが、釣り道具はリアボックスとリュックに分けて入れ、
竿はケースに入れてゴムでしばって持って行きました。

何回かバイク釣行をしましたが、長い竿を毎回ゴムでしばるのは案外手間なんです。
短めの振り出し竿はカバンに刺して走れるのでいいのですけれど・・・。

「ロッドホルダーがあれば!」
荷物をサクッとバイクに積んで、平日すこし時間がある時に、
釣りに行きやすくなるかも知れない。

釣竿を運ぶロッドホルダーをバイクに取り付けたくなり、製作することにしました。

 

ツーリング時は付けて走りたくないので、脱着をカンタンにしたい

普段使いのバイクであれば、装着したままでもカッコよいものを付けたいところですが、
ツーリングメインに使うバイクなので、普段はロッドホルダーを外しておきたいです。

もちろん脱着をなるべくカンタンに。使いたい時にサッとつけれるのがイメージです。

 

材料はオーソドックスな塩ビ管

ネットで検索してみると、いろいろ工夫を凝らしてバイクに装着していました。
金属で見た目がいいもの、ミリタリーカラーで常につけていられそうなものなどなど。

私は、脱着が容易なら見た目はこだわらないということで、安価にすむ塩ビ管で作ることにしました
ステーはアルミ板を曲げて作ります。

 

取り付け場所と脱着方法を考え、ステーを作る

取り付け場所は、サイドパニアから伸びている平板を利用することにしました。
スチールの平板に穴を開け、タップを切って、ボルト2本で付けられるようなものが良いかなと。
まずは段ボールを折り曲げて、塩ビ管がいい角度に設置できるよう考えました。

 

段ボールのダミーはかなり適当ですが、それに似た感じでアルミを折り曲げて行きます。

 

そして現物を合わせながら穴開けすれば、ステーは完成。
角は取ってないですが、普段は装着しないからこのままでいいかな^^;

 

取り付け場所に穴を開けてタップを切り、取りつければ完成

2カ所穴を開けて、タップを切りました。
車体とパニアを結ぶこと板は、スチールだし、厚みもそこそこあるので、
脱着の容易さ考えて、ナットを使わないでとめることにしました。

 

塩ビ管をステーに取り付けてから、ステーを車体に取り付ければ完成です。
見た目はちょっとイマイチですが、実用性があるのでよしとしましょう。

 

竿の他に玉の柄を積めるようにしておくべきだった・・・

竿は1本でもいいのですが、玉の柄を積むことを考えていませんでした・・・。
短い玉の柄ならたカバンに刺せるので良いのですが、
長くないと届かない場所でもやるので、ちょっと使い勝手が悪いです・・・。

解決するには、ステーはそのまま利用するとして・・・、
塩ビを太いものに交換するか、2本出しにするかのどちらかが簡単でしょうか。

まぁどっちでもいいか・・・。
2つ積めるようにはしたいので、今度改良したいと思います。

コメントを書く

*

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • ぶとぼそ

    釣り仕様のオートバイ、スクーターが中心ですがよく見かけます。
    後ろに脱着式でクーラーボックス取付け率も高いです=海釣り公園。
    置き場所に困るクルマよりもオートバイの方が身軽で釣り向きですね♪

  • tripoo_takas

    駐車場がなかったり少なかったりだけど、バイクを停めれるところがけっこうあるんです。
    私もわりと近いところは、バイクのほうが便利なので、こんなものを作ってみました!
    けど、仕事あるので、なかなかいけないんですけどね^^;