好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

先日購入したボンスンのスパイクタイヤをホイールにはめていきたいと思っていました。が、用意していたホイールの状態が悪く、手をいれないと使えませんでした・・・。

 

買っておいたホイールの状態が非常に悪かった

「さぁ、スパイクタイヤ入れるぞ!」と地道に時間をかけて探して手にいれたホイールのタイヤをを外して、愕然。まずリアホイールは、サビがすごい。リプテームでしっかり巻いてしまうにしても、少しはサビ取らないとダメそうな感じです。

リアは置いておいて、フロントタイヤも外してみるとき、スポークが一本足りていないのに気づきました。

こちらはビニールテープがグルグル巻きでベトベトでしたが、サビはほとんどなく、状態は良さそう。

 

ジャンク品ですが、なんとか使えるようにします

フロント、リア、どちらも、1980年代ドラムブレーキ時代のかなり古いものですし、ジャンク扱いだったので、仕方ないですが。とりあえずスポークの手配と、さび落としをしなければ・・・・

コメントを書く

  •  

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません