好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

以前付けていた2PODキャリパーの効きはスゴかった

20年ほど前に、KLR650A型のFブレーキの効きに不満を持ち、
KLR650C型のキャリパーをオンオフキャリパーサポートを使って装着。
ブレーキローターもワンオフで310mmのものを装着していました。

この2PODキャリパー+310mmローターは、怖いほどに良く効きました。
サスペンションのセッティングを変えないといけない位にです。

 

ディスクローターがダメになり、1PODに戻した経緯あり

その後、オンオフのディスクローターがダメになり、
1PODキャリパー+海外ブランドの320mmローターに変更した経緯があります。

KLR650B型のキャリパーとローターを装着することも考えましたが、
海外通販で入手しやすい320mmローター+純正1PODキャリパーの
組み合わせにしました。

ディスクローターを320mmに大型化してるとはいえ、
1PODキャリパーの効きはやはりいまいち。
2PODキャリパーの効きを思い出し、戻したいなぁ・・との思いが強くなっていきます。

しかし、ワンオフでキャリパーサポートを製作してもらうのも面倒。
そこまでする気も今はないので、あきらめていました。

 

SV650キャリパー=KLR650Cキャリパー!
キャリパーサポートもなんとか買えそう!

アメリカのKLR650フォーラムでは、
SV650のキャリパーと320mmローターを装着して
2POD化する記事やコメントを何度もみかけました。

その組み合わせ用のキャリパーサポートは、
比較的安く手に入りますが、日本への通販をしていません。
また、SV650のキャリパーを買い直すのも費用的に厳しいと思っていたので、
これもあきらめていました。

しかし、SV650キャリパーが、
KLR650C型のキャリパーと同一ということを知ります!

海外勢が使用しているキャリパーサポートも、
アメリカからの転送サービスで買えることもわかりました。

→過去記事 グッピングの転送サービスで、パーツをアメリカから買ってみました

該当のキャリパーも持っているし、
すでに320mmローターがKLR650に装着されているので、
思ったより安く2PODに戻せそうです。

2POD化しちゃいます!

 

 

EAGLE Mfgのキャリパーサポートはステンレス製
シンプルな形状で丈夫そうですが、要キャリパー加工

購入したキャリパーサポートはEagle Mfg & Eng製。
非常にシンプルで、ステンレス製!!

今装着している、Wrap9のキャリパーサポートは
ヘリサート加工をしないと使い物にならなかったアルミ製。
それと比較すると、形状はシンプルで、素材はとても頑丈そうです。

しかし、この形状は・・・もしかして・・・

説明書を読むと、ブレーキのオリジナルのプレートのネジ山を削れと書いてあります。
さすがアメリカ製!(いい意味です)

日本だったら、純正をポン付けできるようにキャリパーサポートを作りますが、
キャリパーサポートを簡易にして、キャリパーを加工するほうが、
価格も抑えられるという意味で理にかなってます。
(日本だとあまり受け入れられなそうな作りですが)

ちなみに、右上が日本で作ってもらった310mm用キャリパーサポートで、
下のシルバーのがEagle Mfgのキャリパーサポート。
金属加工屋さんならすぐ出来そうな形状です(笑)

 

キャリパーのピストンが動かないのでOH決定

さっそくつけちゃおう!と思いキャリパーをチェックすると、
ピストンの片方が、固くて動きません・・・。

だめだこりゃ、オーバーホールだ。

エアでピストンを取り出すところまでやっておきましたが、
シールを買って、掃除するとこからはじめないとダメでした。

<記事一覧>

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません