好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

規制前のRG50Γ

RG50Γ初期型に乗っていたのは高校生の時。
すでに原付のリミッターによる60kmの規制がはじまっていましたが、
初期型の規制前RG50Γは、90kmの速度メーターが付いており、
50ccながら95kmを出す事も可能なバイクでした。

ブレーキはたいして効かないのに、限界まで出せてしまうスピード。
そんなバイクに筆記試験だけの原付免許で乗れてしまうという・・。

当時は、法律的には原付はヘルメットをかぶらなくても良かったので、
ノーヘルで乗ることも可能でした。

ノーヘルで原チャリが乗れたので、事故も多かったのでしょう・・・。
原付でのヘルメットの装着が義務になり、過激なスペックは自主規制されました。

そのおかげもあり、初期型は2型以降と比べて人気がとても高かったわけです。
あまり格好よくない初期型の正三角形のウインカーは、ステータスでした。

このバイクには、なんだかんだ長い事乗っていたので、
街乗りはもちろん、箱根や富士山へツーリングに行ったりも楽しみました。

山へ行くと、どんだけエンジンを回しても、明らかすぎるパワー不足。
最高速を追い求めた原チャリは、たしかに95kmはでたようですが、
トルクは薄く、どのシーンでも速いわけではありませんでした。

そんなバイクに今乗ったら、どんな印象を受けるんでしょうね?
ちょっと乗ってみたい気分です。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • ぶとぼそ

    Γの50ってそんなに出たんですか!!!!
    60kmリミッターが無かった事にも驚きですが、2スト時代の原付とはいえ、90まで出すには相当な回転数が。長く続けるとエンジンバラバラになりそうですね(汗)。

  • tripoo_takas

    リミッターなかったんです。95をメーター出だすには、パワーもないので緩い下りで出す感じですね。
    はっきりいって事故りそうなんで、長く続ける気もおきませんでしたが、70とか80はあっというまでしたよw
    規制前のモデルだと4ストのCB50でも85km出ました。こっちは2ストにくらべると気持ち悪いくらいトルクありましたね。