好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

水をいつでも飲めるから、マスツーリングで威力を発揮

バイクに乗るのも危険な暑さになってきました。
昔は走れば涼しかったのですけど、いまは走っていても暑い時があります。
そんな暑い日の翌日に、少し体調悪くしたことがあって、
水分の補給にはとても気を使っています。

ソロツーリングならは、自由にバイクを止めれるのでいいのですが、
人数のいるマスツーリングだと、休憩時間にしか水を飲めません。

マスツーリングに参加する前に、
背中に背負って水を補給できるハイドレーションバッグを用意しておいた方が良いかも・・・。
オートバイに限らず、自転車でも使えることだし・・・。そう思いました。

肩がこるのもいやなので、あまり重いものを背負いたくないので、1.5〜2L程度のもので考えました。
カメラなどはウエストバッグのほうが便利だと思っているので、バッグは水だけはいればいい。

中華の安いのを最初は検討していましたが、わりと使う機会はありそうなので、
ネットで比較的評判のよいCAMEL BAK(キャメルバッグ)50OZ 1.5Lにしました。

外観はこんな感じです。

カバンをあけると水を入れる口が見えました。
もちろんタンクはかんたんに取り出せます。

飲み口はこんな形状で、口で噛むと飲み口が割れて水が吸い出せます。

 

ハイドレーションバッグは、マスツーリングで便利でした

ツーリングで使った感じはとても良かった!
走りながら水分を補給出来るので、自分のタイミングで休憩することの出来ない
マスツーリングでも気楽でいられるのがいいですね。

もちろん一人で走っている時も、水をいつでも口に出来るのはとてもいいです。
いつでも飲めるので、こまめに水を飲んで水分補給が出来ました。
ハイドレーションないときはあまり意識したことなかったのだけど、
やっぱり喉は渇いてるんでしょうね

暑い日が続きそうなので、まだ何度も活躍することでしょう。

コメントを書く

  •  

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • INTER8

    僕もCAMELBAKファンなんですが、先日お店で見たら蓋(口)部分がゴツくなって分厚くなっていました。写真のものは僕のと同じもので少し旧タイプ。これがイイです。

    使用後に洗って干す時のオプションパーツが売ってますが、僕は針金ハンガーを曲げてバッグ内を膨らませて干してます。これで十分。
    チューブの掃除は、スポークの端に紐をつけて中へ通してぐりぐり。
    あと、飲んだ直後はチューブ内の水をバッグ内へ戻してあげるといいです。息を吹き込んでね。夏場にチューブ内に残った温いのが嫌だし、冬場はチューブ内に残っていると凍っちゃいますから。

  • tripoo_takas

    INTERさんが自転車で背負っての見て、いいなーと思ってました。
    干し方、ちょっと悩んだだけに助かります!参考にして掃除してみます。
    息吹き込むのもナルホドです。チューブ内の生あたたかいお湯はちょっとイヤだなぁと思ってました。