好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

海外を走るためのカルネと国際ナンバープレート

海外に自分のバイクを持って行ってツーリングするときは、
「カルネ」という書類を使ってバイクを持ち込んだ後、
国外へ持ち出すことを条件に免税で一時輸入することができます。

 

クルマやバイクの場合は、JAFでカルネを作り、
国際ナンバープレートとJマークを装着し、カルネを使って海外へ輸出します。

 

そのバイクに装着する国際ナンバープレートの番号ですが、
基本的に、現在ついているナンバーと同じものの英語表記のもになります。
125ccを超えるバイク陸運局管轄のバイクに関して)

たとえば 「横浜 と 1318」だと、「KNY TO 1318」 という具合に。
KNYは神奈川横浜の略で、横浜ナンバーであることの記号です。

 

原付の国際ナンバープレートの番号

陸運局の管轄ではない原付・原付二種のナンバーも、陸運局で申請します。
管轄がちがうため、陸運局がナンバー情報を持たない車両の場合どうするかというと、
JAFの人の話では、申請順の通し番号で対応していることが多いとのことでした。

さて、私が陸運局から最初にいただいた番号は、
車両と同じというルールにのっとり、区を英語表記にしてありました。

これがあまりに長過ぎて、
ナンバープレート制作業者から、文字が多すぎて作れません!と言われることに(笑)

結局、JAFと陸運局で話していただくことになるわけですが、
原付・原付二種は、管轄の場所表記の後は、
申請順の通し番号でやっている場合が多いということもあり、
最終的に「KNY 1」という登録番号になりました。

 

なんと友達が同じ番号!

この「KNY1」という番号、
オーストラリアを原付二種で同じ番号で走ってきた人を知っておりました(笑)

陸運局にはまだ紙ベースでしか記録がなかったでしょうし、
申請も少なかったので仕方ないと思いますが、同じ番号になってしまったのです^^;

彼はもう帰国していますし、問題はまったく起きないと思いましたが、
あまりのお粗末さに大爆笑。

同じ番号を持っていたK氏に連絡を取り、
同じ番号の国際ナンバーをつけ2台で記念写真となりました^^
国際ナンバーで日本を走ることは出来ないので、走ってはいませんよ笑

 

この「KNY1」というナンバー、なんだか嘘くさく見えませんか?
この嘘くささのおかげで、
普通に走っているだけで何度も警察に停められ、「このナンバーは偽物だ!」とまで言われる始末。

友達も同じように警察に何度も停められたとのことで、
同じような経験も出来き、とても良い思い出になっています(笑)

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません