[続">

好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

もはや飾りものになってしまっているGPZ900R、
元々のオーナーが乗りたいということで、返却の準備を進めています。
まずは、エンジンがかかるかどうかチェックです。
エンジンかけるのは1年ぶりくらいかな(^_^;)

トリクル充電を施しているKLR650のバッテリーを取り付け、
キュルキュルキュルキュルキュルキュル・・・バウ〜!かかりました(^^)
アクセルもひねってみます。
ワイヤーの戻りが少し悪いけど、エンジンはちゃんと吹けそうだな(^^)

と、喜んだのも束の間、「ん、なんかガソリン臭い・・」。
キャブをのぞき込むと、ガソリンがポタポタと漏れてます><

ガソリンは抜いてあったし、キャブの中はそれほど汚れてないだろうから、
エンジンかける時に古いガソリンが落ちてきて、
フロートバルブのところに何か挟まったんでないかと予想してみたけど、
ほんとはイヤな予感もあったり(^_^;)
考えてみれば、NINJAが我が家にやって来たのが2007年12月。
2年半の歳月が経ってるから、こういうこともあるわな・・。

このまま返してしまうと、
バイク屋さんにて脱着+オーバーホールだと1万8千円コースになっちゃいます。
キャブの状態考えても、それはさすがにもったいないと思うので取り外し開始(T_T)
やっぱりめんどくさいなぁ。取り付け固そうだなぁ。
ブツブツ・・。4発のエンジンはやっぱり大変だぁ><

外してキャブの中チラ見したけど、
下に錆かホコリの粉は少しあったけど、そんなに汚れてないね・・。
ジェット類の穴もキレイに通ります。時間がないので、様子だけみてあとは次回。。
キャブのドレンが堅くてナメぎみになったものがあるので、
それだけ部品注文しときました。。。

PHOTO

キャブを外されたエンジン

PHOTO

外したキャブレター

PHOTO

案の定、汚くないし

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss