好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

ビッグオフローダー達で走る、伊豆林道ツーリングに参加してきました。 雨が降るとマディになる林道もあったので天気を気にしていましたが、当日は晴れ予報! このところずっと雨も降っていないし、 これならオン寄りタイヤでも大丈夫と思いながら出発しました・・・が。   集合場所へ向かう時、雨が降ってきた・・・ 早朝に家を出て、集合場所の伊豆の天城に向かいますが、 御殿場を

記事を読む

クチバシで画面をタッチ!勝手にスーパージャンプ! ゲームはスイッチのスプラトゥーン2をメインに遊んではいますが、 いまだに無印スプラトゥーンでも遊びます。 WiiUパッドを出して、無印スプラトゥーンを遊びはじめると、 すぐにパッドにのっかって画面を眺めはじめるインコちゃん。 パッド上で動くイカをクチバシでタッチ! 自分のキャラはタッチした場所へスーパージャンプ! スイ

記事を読む

時間はないけれど気持ちのリフレッシュをしたくなり、 東京とは思えない自然がある小野路のあたりへバイクを走らせました。   鳥の鳴き声を聞きながら、癒やしの時間を過ごす 小野路付近は、緑豊かな自然の中を走る道がたくさんあります。 軽自動車しか通れないのでは?という道を、緑を感じながらバイクで走るのもいいものです。 東京都町田市にあるとは思えない、 自然

記事を読む

夜のバイク撮影スポット、象の鼻パーク 赤レンガと並んで夜のバイクスポットとして人気のある、象の鼻パークに行ってみました。 行く途中で赤レンガもチラッと見ましたが、 バイクや自転車の人など、同じ趣味の人達が何組も集まっていました。 深夜に夜な夜な友達と集まって話しをする・・・という歳でもないですが、 横浜の美しいスポットで友達と話していたら、 楽しい時間があっという間にすぎていく

記事を読む

KLR650にPIAAのLEDフォグランプ(セロー専用)を流用して装着しました。 かなり路面を明るく照らせるようになり、いい感じです!   暗くて見えない夜の走りを快適にしたい KLR650のライトはレンズカットがある時代のもので、それほど明るくありません。 そして年式の古さもあってか、車検での光量チェックはギリギリです。 まわりを走る車のライトが明るくなった

記事を読む

  車を横付けして、ベイブリッジを眺めることが出来た場所 車を横付けしてベイブリッジを眺めることが出来る、かつてのデートスポットへ行ってみました。 ここは、クルマでのデートが全盛だった20代の頃、地元民が知るスポットでしたので、 横浜に住んでいた同世代の人はけっこう懐かしい場所ではないでしょうか? 道路の脇にクルマを横付けして、 彼女と横浜の港や出来たばかりのベイ

記事を読む

規制前のRG50Γ RG50Γ初期型に乗っていたのは高校生の時。 すでに原付のリミッターによる60kmの規制がはじまっていましたが、 初期型の規制前RG50Γは、90kmの速度メーターが付いており、 50ccながら95kmを出す事も可能なバイクでした。 ブレーキはたいして効かないのに、限界まで出せてしまうスピード。 そんなバイクに筆記試験だけの原付免許で乗れてしまうという・・。

記事を読む

キャブレター取り付け後のエア調整が難しいKLR650 キャブレターOH後、スロット全閉で急制動するとエンジンがストールするようになりました。 エアスクリューを規定値に回しておいたつもりですが、間違えてしまったようです。 エアスクリューで調整すれば解決するのですが、 KLRの場合、キャブを車体に取り付けてしまった後では調整が難しいのです。 キャブ調整用のワイヤー式のドライバーはもち

記事を読む

お友達と鶴見川サイクリングコースを使って蛍を見に行きました。 6月の恒例ホタルポタリングは残念ながら1人欠席でしたが、4人で楽しむ事が出来ました。   鶴見川サイクリングコース、綱島に集合 夜が遅くなるので、今回は夕方に綱島に集合しました。 interさんはリカンベントですが、私は通勤号、けんたんも通勤号でゆるゆるな感じです。   Cruz

記事を読む

ディスクローターの取り外しで、フロントのボルトを全部なめました。 どうやっても外れないボルトは、結局ボルトの頭を全部削って外しました。   ヒートガンで熱して、インパクトで回すが、回らないボルト ヒートガンで熱し、ラスペネもして、 エアーインパクトドライバーで一気に回しますが、ボルトはビクともしません。 別のボルトを試しますが、それも全く回りません! 順番に試し

記事を読む

フロントは全てボルトをなめましたが、リアはカンタンに全部外せました。   ラスペネつけておく 作業をする何日か前に、ラスペネをボルトに吹いておきました。   ヒートガンであたためる ボルトのネジロックを無効化するため、ヒートガンでボルトを熱します。 前はガスバーナー使ってたのですが、ヒートガンのほうがやりやすいので買っちゃいました。

記事を読む

サイドスタンドの設置面積を大きくしておかないと、 砂やフカフカの土などで、サイドスタンドが沈み、そのままバイクがゴロン・・・。 昨年車検を取ってから、すでに1回やってしまいました。 設置面積がノーマルの場合は、石を置いてスタンドを乗せなければならなかったり、 ダートの駐輪でとても気を使うのです。 設置面積を拡大するのに、他車種ではヘプコ&デッカー等のキットが割とメジャーな

記事を読む