好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/10/7

オンの友達と出かける予定もないし、
次に出かけるときはオフ走りたいということで、タイヤを前後MT21に戻しました。

ホイールごと換えてるので、そんなに大変ではないのだけど、
ウェーブローターって、ブレーキディスクの間に入れにくい・・・。

フロントはなんとかなるのだけど、リアはブレーキ付けたまま入れられたためしがない・・・。
片側が固定されてないタイプだから、入れようとしている間にパッドがポローンと落ちてしまう・・・。

やっぱだめか・・と、ブレーキ外して入れるのだけど、
普通のディスクプレートは、普通に入れられた記憶があるんだよねぇ。

2018/10/7

神奈川県内に3カ所(金沢区・港北区・横須賀市)あるラウンドアバウトのうち、
港北区新横浜のラウンドアバウトを訪ねてみました。

ラウンドアバウトは、信号のない交差点で、右からくるクルマが優先です。
交差点に進入し、行きたい方向へ抜けていけます。

日本では実験的な交差点が多く、数が少ないみたいですが、
以前旅行したオーストラリアは、ラウンドアバウトだらけで、
円が大きく交通量の多いラウンドアバウトも、たくさんありました。

信号がないので、クルマが途切れれば、スムーズに交差点に入ることができ、
交差点進入への待ち時間が少ないのが特徴でしょうか。

それなりのクルマの台数がスムーズに通れるラウンドアバウトは、
円が大きくなり、土地をかなり使うため、日本には不向きのようですが・・・。

新横浜のラウンドアバウトは、裏通りにあり、クルマ通りが本当に少ない!
実験的に作ったのでしょうが、この交通量では・・・・^^;

用事の途中だったので、
交差点を一周して、元来た方向に戻って、帰路につきましたー。

キャンプサイクリングに行った時に、友達とGoogleの現在地の共有で遊んでみました。

各自バラバラに家を出発し、現地近くの待ち合わせ場所まで位置共有。
自分の位置と、友達からも自分の位置がわかるので、
思ったより近いところを走っていたり、離れて行ったり、けっこう面白かったです。

友達が確認してくれるから、もうすぐ来そうだと分かったり、
時間に遅れぎみでも、何かと安心というのもあります(笑)

 

特定の友達のみに位置を知らせられる。公開時間も指定できる。

特定のGoogleアカウントの人にだけ位置を公開でき、
公開している時間を指定できるので、忘れずに位置情報を切れるのも使い勝手がよいと思いました。

 

Googleの現在地の共有の使い方

Google MAPを開いて、左上のメニューから、現在位置の共有を選びます。

 

 

そして共有の開始をおします。
(はじめて使う時は、何か違う画面が出てきて、
確認ごと等が表示されたような気がしますが、指示通りに進めば大丈夫でした)

共有する時間を指定して、ユーザーを選択。

 

ユーザーを選択を押すと、
連絡帳(Googleコンタクトに登録してあるアドレス)が出てくるので、
共有する人を選択してOKに。

友達には、Gmailで共有開始の合図が行き、
こんな感じに自分の位置と、友達の位置が表示されます。

 

ツーリングやサイクリングの待ち合わせにどうでしょう?
友達がどこらへんを走っているか確認できるって、便利で楽しいです。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss