好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

1994年05月05日

1994年5月
Route 横浜-紀伊半島一周-横浜

海外ツーリング前に全県制覇を。残った場所、紀伊半島へ。

オーストラリア出発前に紀伊半島を一周したかった。ここへ行けば、全県に脚を踏み入れたことになるから・・。なんとなく海外ツーリング前に行っておきたかったんですよね。ココしか残っていなかったから出来たことなんですけれど。しかし、ツーリング自体は日本の旅に慣れすぎたせいかエキサイティングではありませんでした。もうすでに僕の心は海外へ向いていてしまっていたのだと思います。紀伊半島は道路も狭く時間がかかるため、伊勢志摩や奈良などの付け根のあたりは多くの人が訪れますが、案外行きにくい所でした。関東からは近そうに見えて意外と遠い場所なのではないでしょうか。オーストラリアに行く前だったから、妙に日本のエアーズロックといわれている一枚岩が印象にのこっています。

PHOTO

<キャンプ>
紀伊半島の入り口までは友達と
行きました。彼とはここで別れ
ツーリングを続けます。

PHOTO

<養殖>
鳥羽くらいだと思います。
真珠などの養殖が盛ん。

PHOTO

<山々>
紀伊半島は山深いです。

PHOTO

<川>
なんとなく秘境感ありますね。

PHOTO

<クジラ>
このへんは鯨も
結構いるんでしょう。

PHOTO

<橋>
沈下橋のようだけれど。

PHOTO

<日本の風景>
日本らしく感じた景色

PHOTO

<日本のエアーズロック>
一枚岩という岩です。

PHOTO

<潮岬>
言わずと知れた本州最南端。

1993年12月28日

1994年12月-1月
Route 横浜-淡路島-大豊-横浜

クルマで四国へ。恒例となったお寺で正月を過ごす。

お正月を四国で過ごすのは何度目でしょうか。今回はNEMOさんと現地集合でクルマで行きました。ここに来たときにはもう観光もあまりしないのですが、宿にいた人たちで砂のオブジェ寛永通宝を見に行きました。よくやるというか、スゴイですよコレ。この巨大なオブジェも定期的になおされているんでしょうね。ちなみに、これを見た人は長生きしてお金の苦労をしないそうです。

PHOTO

砂のオブジェ寛永通宝

PHOTO

近くでみるとなんだか分かりません

PHOTO

恒例の除夜の鐘

PHOTO

梶が森へ行く途中の滝<

PHOTO

梶が森より

PHOTO

ガケっぷちの小便小僧

1993年08月09日

1993年8月
Route 横浜-隠岐の島-横浜

バイク+アルファの楽しみを求めて島へ 。

ツーリングに少しばかり飽きていたこの頃は、ツーリングに+αを求めていました。目的地は島に凝っていたこともあって、関東の人からはマイナーな隠岐の島に、そして+αとしてシュノーケリングセットを持っていきました。たまたまかもしれませんが、この島にで出会った人たちは各地を旅してきた変わり者が多かったように思います。ほとんどツーリングや観光もしないで彼らと島で遊んでいました。

PHOTO

フィンを持って出発

PHOTO

島を散策

PHOTO

海で遊ぶ

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss