好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

朝7時、動けないほどではないですが、足や肩などの筋肉痛とともに目覚めました><
まだ通勤で少し乗っているからなんとか走ってこれましたが、
全く乗っていなかったらけっこう辛いんだろうなぁ。

 

撤収して、キャンプ地を出発

朝ごはんのパンを食べ、のんびり片付けはじめて、
朝の9時半に自転車に荷物を積み、撤収完了。
ゴミをみんなで手分けして積み、キャンプ地を後にしました。

 

荷物満載で、写真の右上のほうへ続いていっている細い山道を登ります。
めちゃくちゃ距離があるわけではありませんが、登り切ると息切れすごいw

 

 

農道散策

三崎口駅から輪行で帰る友達を見送った後、
地図で走ってみたいと思っていた道があり、途中で農道の方へ右折しました。

今回は散策しなかったのですが、このあたりは池がいくつもあって、
バードウォッチングなども楽しめるそうでし。
もし時間があれば、このあたりの畑地帯をぐるぐる1日散策してみたいものです。

車だとまず入ってこない道ですが、この道の風景が良かった。
写真だとうまく伝わりませんが、高低差が少しある丘の上を走っています。

家や人工物は多いのは仕方ないとして、
畑が折り重なるように見えるのが、大げさに言えば北海道の富良野のよう。
畑に緑がある時に来たらまた違う雰囲気になりそうです。

 

畑を進んで行くと、工事をしているところが増えて来ます。
途中までしか来ていない三浦縦貫道を延伸しているようです。

畑の中を道路が突っ切って行くのでしょうね。
その前に、先ほどの畑地帯の丘のある風景をみにこなければ!

 

道路が通った畑を想像する残念ですが、一般的には便利にはなりますね。
三崎方面への車が、手前の出口でばらければ、少しは渋滞解消にもなりそうですし。
最近、おじさんと城ヶ島へ釣りに行くときは、縦貫道使ってませんけど・・・^^;

 

国道へ出てからは淡々と走っていきます。
あまりに暑いので、立石公園の日陰で少し休憩。

 

そしてまた、道路をたんたんと走っていき、地図で気になっていたところで左折。
芝崎海岸、真名瀬海岸のあたりの、マンション・コンドミニアム地帯です。

この辺のマンションヤベー。景色は遮るものがなく、目の前に磯やビーチが。
海の向こうには江ノ島も見えます。

 

コーナーを曲がれば、先ほど通った一色海岸、長者ヶ崎海岸、立石公園、秋谷港が見えました。
海水浴、釣り、磯遊び・・・、もはやリゾート。
マンションの雰囲気も海外っぽいんです。景色は日本ですがw

なんというか、もう・・・、別世界。(あまりいい表現ができませんが^^;)
庶民的な目で見ると、高そうwww(これのがわかりやすいか^^;)
マンションの写真撮っておけばよかった^^;

 

ため息とともに国道へ戻り、逗子まで走ってお友達とお昼ご飯。
あまり悩まずに目についた居酒屋さんへ入りました。
私もお友達も海鮮丼をオーダー。

暑さと疲労でやられていたので、
ご飯たべながら、涼しい部屋でちょっと体を休められてよかった。

 

ここでお友達と別れ、私は六浦〜R16で家へ向かいました。

お店を出て階段を降りるときに、足にかなりきていることを悟りましたが、
お腹もふくれたし元気に一人でタンタンと。

足はけっこう疲れてましたが、ずっと追い風だったので、
ちょっとだけ30km以上で巡航してみました。ビゴーレ、思ったよりいい感じ!

ボチボチペースで快調に走ってきましたが、
あと家までもうちょっとというところで、暑さにやられアイスタイム(笑)

 

コンビニのエアコンの効いたイートインでアイスを食べ、ゆっくり休んでから無事帰宅。
遠くや山へ行くならば、もう少し走らないとダメかなぁ^^;

自転車仲間との定例行事になった三浦半島でのキャンプへ、
今年は自走で行ってみることにしました。

往復で150km程度の距離ですが、すっかり自転車からは離れているので、どうなるか^^;
軽いギアを装着するなど、自転車に細工はしましたが、不安いっぱいで目的地に向かいます!

 

あれ、サイフがない?

朝の気持ちいい空気の中、サイクリングコースを気持ちよく走っていきます。
そして、サイクリングコースを外れる時、「ドリンク買っておこう」と自販機に立ち寄りますが、
「サイフがない!」と衝撃の事実を突きつけられます(笑)
振り出しに戻りましたTT 40分くらいはロスしたでしょうか・・・。

 

朝のみなとみらい地区を走りぬけていく

ルートはみなとみらい経由にしました。朝のみなとみらいは人も少なく気持ちいいので大好き。
まずは赤レンガ倉庫に立ち寄り、少し休憩です。

 

赤レンガを出発したら、すぐ隣の鼻パークを自転車を押して抜けて行きます。
今日は空がとても気持ちいい。

 

山下公園へは入りませんでしたが、公園の入り口から見る氷川丸がすごくいい感じ!
絵になるなぁ。世代からか、横浜といえば山下公園のほうが思い入れが強い(笑)
自転車を奥へ置いて、望遠で撮ってみたかったな。

 

行ったことのない本牧山頂公園へ

通ったことのない、本牧山頂公園の方へ行ってみました。
細い道をくねくね走り・・坂道をつらつらと登り、満坂口というところからはいりました。

公園のメインの通りに入ると、しっかりと整備された公園の感じでしたが、
途中から入ったので、あっという間に公園を抜けて、写真撮りそびれましたw

 

戻るの面倒なので、公園出口のアメリカ坂という趣のある名前の坂の看板の前でパシャ。
道路をの向こうに見えるところから公園が続いていたようで、
本牧荒井西口というあたりからの景色が良かったみたい。

道路からも根岸の見晴らしはありましたが、
坂に疲れて、道路を走って通過してしまいましたw

この辺は緑が多く面白そうなので、荷物がないときにまた来てみたいと思います。

 

釣りでおなじみ、横須賀を走る

良く釣りにきて見慣れた八景島前はパスして、野島公園へ立ち寄ってみました。
浜で潮干狩りをしている人達がたくさん。BBQ場などもあって、ファミリーが楽しめそうです。

 

少し走って、横須賀ヴェルニー公園にも立ち寄り。
ここは艦船を眺めることができます。港には「いずも」と「しもきた」が停泊。

 

潜水艦もいつもとまってます。今日は3隻とまっていました
船名はわかりませーん^^;

 

そして、たまに釣りにくる横須賀うみかぜ公園の様子を見に来てみました。
土曜なのに思ったより空いてます。
ちょっと奥から、ここで有名なしょうちゃんの声が聞こえましたが、声かけずに出発w

 

馬堀海岸から浦賀へ山岳路で抜ける

南国ムードを走りたくて、馬堀海岸へ進路をとります。
ヤシの木が並ぶ道路は壮観。

 

ちょっとギアと自分の足を試したいのもあり、
馬堀海岸を途中で右折して、防衛大横の山岳コースを通ってみました。
分かっちゃいましたが、峠道できつかった・・・。
止まって写真撮る余裕ありませんでしたが、上ったご褒美はこんな景色でした。
ギアの恩恵もありますが、山行ってもスローでならなんとか走れるかな・・・。

 

山を上ったら、暑くて暑くてたまらなかったのですが、木に覆われた道が現れます。
しかし、この辺、傾斜がすごくて階段だらけ。
階段降りれたら近いのにと思いながら、荷物多いんで無理しないで回り道。

 

お昼を過ぎていたので、お昼ご飯のお店を物色していると、
一人でプラっと入るのに、地元感満点のいい感じのお店がありました。
お店の場所

メニューを見ると、マグロ漬け丼600円。魚定食600円。刺身定食900円など。お値打ち〜w
刺身定食をご注文。

 

お店のママ、釣りが好きなようで、マグロ以外のアジとタコは釣り魚です。
ほどよい食べ応えで大満足!

「金曜釣れればカワハギあるよ」と言われましたが・・・無理(笑)
駐車場もないので、こういう時でないとランチに立ち寄るのは厳しいですが、
夜飲みに来たら楽しそうですけどねぇ・・・・。

 

ご飯を食べ、三浦海岸に出たら、少しばかりの釣り餌を買って、たんたんと走るのみ!
風の強い三浦海岸はウインドサーフィンパラダイスになっていまいた。
海水浴シーズンは終わりなので、海の家はそろそろ解体されつつあるようですね。

 

三崎口のコンビニで夕食と朝食、そして水分の買い出しをしました。
すでにテントを設営している友達と、道路で落ち合いましたが、温泉に行ってくるとのことで、
私は一人でキャンプ地へと向かいます。

 

この先にキャンプ地が〜。
つづく

ビゴーレ・クロモリレーサーにキャンプ道具を積んで、
週末に自転車キャンプにいく予定です。
今回は、できるなら早めに家を出て、のんびり自走していきたい。

直前の準備は厳しいので、
土曜日の早めの時間に出発するため、ある程度準備しておきました。

テントはキャリアの上に載せ、カメラなどの精密機器は背負います。
自転車での自走と考えると、快適装備や、お料理のための調味料は、諦めました。

主な荷物は振り分けバッグに入れますが、
赤いバッグはラフ&ロードのオートバイ用のもの。
少し重いですが、ビゴーレの赤と合っていていい感じです^^

その振り分けバッグに、シュラフ、マット、コッヘル、コンロに加え、
最低限の釣り具を入れました。釣り具はかさばっても外せない(笑)

途中で食材や釣り餌を買うので、もう少し荷物は増えてしまいますが、
これくらいの重量なら、わりと快適に走れそう。

ギアも軽いのいれたし、坂も大丈夫でしょう^^

久しぶりに自転車でキャンプ地まで走って行きたいですが、仕事次第。
週末の仕事がありませんように!

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss