好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

KLR650のパニアは、日本の道路事情を考え、
運転に気を使わなくてすむ、小さめの21リッターのパニアに変更しています。

このパニアだと、キャンプツーリングで、テントまで入れるのは難しいですが、
テントをパニア外に出して積載しても、小さめパニアの方が走りやすいのでそちらにしました。

パニアが小さめなため、パニアに入らないテントなどを外に積載する物が出てくるわけですが、
そのままシートには縛らずに、使い勝手を考えて防水バッグを一つかうことにしました。

 

パニアにはキャンプ道具などを入れ、宿泊時に室内に持ち込むものを入れ、便利に使いたい

今回の四国ツーリングでは、キャンプをした後、宿に泊まる予定もあったので、
室内に持ち込むための荷物を入れる役割も果たします。

防水バッグにはみ出てしまうテントを入れるのは仕方ないのでいれますが、
キャンプでしか使わないものはパニアケースに入れ、宿に持ち込む着替えなどはこちらのバッグにまとめておきます。
そうすれば、宿泊時には、荷物を一つもっていくだけでラクチンです。

↓必要ないものはパニアに入れて置いてき、防水バッグ一つもって室内へ

 

欲しいバッグは、上からいれて、ゴムで縛るスタイルのバッグ

シートに乗せるタイプでカッチリ目のパニアの代わりになりそうなものではなく、
臨機応変にラフに使いたいので、バサッと入れてゴムで縛るスタイルのバッグをさがしました。

パニアに似た、左右振り分けバッグを愛用していた時、
この手のシンプルなバッグの方が用途に応じて使えたので、自分的には一番使いやすかった。

↓昔で言えば、こういうJTCのCOURSEの防水バッグのイメージのが欲しかった。

 

大きすぎず小さすぎず、調整もできるショルダーバッグ

大きさは2人用のテント、服、その他何か入れて少し余裕が出る大きさのものを探し、
デグナーの防水バッグに目がとまりました。

上から入れるタイプで、折り返しで容量が変えられるので、お土産を最後に大量にかってしまい・・とか、
そんなときにも便利です。

左右幅もシートに縛るのにはちょうど良い大きさ。
ショルダータイプのデザインも好みで、色は黒とカモ。・・・カモに決定。

 

雨天時も問題なし

また、強い雨の中を走りましたが、防水性能もまったく問題なくいい感じでした。
雨とは関係ありませんが、バッグをしばるためのコードも付属しているのも良かったです。

 

 

キャンプツーリングの時の荷物の積載はこんな感じ

2〜3泊以上のソロのキャンプありで、こんな感じに荷物まとまります。
これに加えて、カメラなどを入れる小さめのウェストバッグは持っていっていますが、
私の場合、1ヶ月でも、1年でも、もう少し防水バッグが膨らむ程度で、荷物をまとめられると思います。

2018/5/6

針テラスで旧友と再会し、青山高原ツーリングに

高松を早朝に出発。淡路島経由で大阪を抜け、名阪国道で帰ることにしました。
帰り道が決まったので、関西の友達に連絡。
名阪国道の道の駅「針テラス」に見送りに来てくれることになりました。
会うの何年ぶりだろうか。道の駅でのおしゃべりが楽しい。

私が帰り道だったこともあり、名阪国道を亀山まで走ろうと言ってくれたのですが、
それはあまりにそれでは面白くないので、
帰り道で立ち寄れそうな青山高原を一緒に走ることにしました。

 

ヒラッと曲がり、軽快に上っていくセロー

名阪国道を途中で下りてしばらく走ると、青山高原へのワインディングが始まります。
コーナーでヒラっと倒し込まれ、軽快に山を上って行くセロー・・・。
荷物が重くて全然曲がらないのに加え、まだコーナーが怖い><
いったん離されますが、ペース合わせてくれてありがとう・・・。

 

風力発電がたくさんありました

到着した青山高原は風力発電の風車がいっぱいありました。
バイクが2台くらいおける撮影スポットらしい良い場所があったのですが、
3回ほど見に行って、3回とも違う人たちが撮影していました。そこで撮るのあきらめ〜TT
バイクを停めて景色が良く見えるところがいくつかありますが、
バイク置いて綺麗に撮れるところは少なめでした。

 

舗装林道っぽい下り道、セローは本当に楽しそう

青山高原を反対側へ下りて、R163へ抜ける舗装林道っぽいところを走りました。
先導してもらってますが・・、コーナーですぐに見えなくなります・・・。
たしかに重い・・・荷物がほんとに重い・・曲がらない止まらない・・・。
セローの下りが本当に気持ちよさそう。
ついていけなくてもいいのだけど、気持ちよく走るには、やっぱり荷物がつらいTT。

 

また、どこかで一緒に走りましょう

R163にぶつかったところでお別れ。私は東へ。セローは西へ。
久しぶりに一緒に走れて楽しかった〜。

 

PAでとあるグループのビックオフを発見

津から高速にはいり、しばらく走って、刈谷PAで休憩のために入ります。
そこに、Twitterでちょっと知っているグループの人たちのアドベンチャーバイクを見つけました。
しばらくお話。そしてアドベンチャーバイクに装着されたオフタイヤがかっこいい

 
その後は快調に新東名を走り、夜それほど遅くない時間におうちに到着。
たのしかった四国ツーリングは終了。

バイクソロで遠くへ行ったのは、本当に久しぶりでしたが、めっちゃ楽しいかった!
今まではなかな出来なかったのですが、少しずついろいろな所へ行って楽しみたいと思います。

2018/5/5

最終日は関東まで走らなければいけないので、ビジネスホテルに泊まることにし、
高松へ向かいました。

泊まったお宿は、イーストパーク栗林。
繁華街からは少し離れていますが、バイクの駐輪も大丈夫で、リーズナブルだったので選びました。
お部屋は普通のビジネスホテルで問題なし。

1Fの駐車スペースにバイクを停めて2Fで受付し、お部屋へ向かいます。
必要なものは防水バッグにまとめてあったので、パニアはそのままおいておきます。
荷物全部運ばなくて良いのは鍵付きパニアの良いところですね〜。

 

お部屋でシャワーを浴びてから、繁華街へ向かいます。
繁華街の瓦町へは、ことでん琴平線の栗林公園駅から一駅。
ちょっと離れているといっても、このくらいなら全然OK。
バイクを安心して停めておけるほうがよいですね。

さて、ことでんこと高松琴平電気鉄道は、全国の鉄道の車両を譲り受け、レトロな車両も走っています。
レトロでない車両も、鉄ではない私が見れば充分レトロw

行きに乗った電車は、琴平線の中では比較的新しそうな、昭和45年製の1200系という車両みたいです。
車両の中には、懐かしい感じの扇風機も。

 

電車を降りて、町をぷらぷら。

商店街も大きくて有名みたいです。

 

ここは丸亀町商店街というとこみたいで、
アーケードをイマドキリニューアルしたようです。

 

ぷらぷらした後、飲み屋で軽く一杯。
このポテトサラダがかなり美味しくて、やばかったんですけどぉ!

 

軽く飲んだら、終電のあるうちにビジネスホテルへ。
飲み過ぎると明日つらいので、ほどほどでおやすみなさい。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss