好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

 

先日、千葉へツーリングに行った時、昭和レトロなかわいい簡易郵便局みて、
80年代後半・90年代前半に日本中を走り回ってたころに
旅のために郵便局に口座を作ったことを思い出しました。

今はどこの銀行でも、たいていのATMでお金の引き出しができます。
銀行へ行かなくても、コンビニでも大丈夫です。

当時は、基本的には同じ銀行のATMでしか使用することが出来ませんでしたので、
全国にまんべんなくある郵便局は、旅する人にとって、とても便利な存在でした。

たいていの町にあり、そして田舎の村にもある、
ATMで全国どこでも自分の口座から引き出すことが出来るのは、郵便局だけ。

小さな町にある郵便局は、まだATMが設置されていないところも多かったですが、
局員さんにカードを渡せば、引き出しをすることもできました。
長期の旅をした人は、郵便局を便利に使っていたのではないでしょうか。

 

春になり、そろそろバイクに乗りたい季節になってきましたが、
暖かくなったとはいえ、まだ山や寒い・・・(実は寒さが苦手です><)
この時期、暖かく走れるところといえば、伊豆か千葉。

お昼近くになってから出発、帰りが遅くなれないので、千葉の素堀りトンネルへ行く事にしました。
高速で付近まで行って、見て回って、すぐ帰ってくるという、お気楽コース。

このコースは、車線は細いですが、舗装林道を走るので、
一昨日の大雨、昨日の雨でも道路は平気だろうということもありました。

アクアラインを走り、海ほたるで休憩してから、市原鶴舞で高速をおりました。

 

加茂古敷谷郵便局

県道171号線沿いに、昭和レトロな簡易郵便局がありました。
わりと私のバイクもレトロなので、妙にこの雰囲気にマッチ(笑)

 

森永高滝カントリー付近の脇道

梅が綺麗に咲いている、いい雰囲気の脇道があったので、入ってみました。
大通を走っていると、脇道が気になってしまいます^^;

 

小湊鉄道 飯給駅

ちょうどここを通った時に、ベージュとオレンジのかわいい電車が通りました。
電車撮ってる人もいたので、邪魔にならないよう通り過ぎるのを見てから、写真撮影(笑)

 

柿木台第一トンネル

断面が五角形の観音堀りのトンネルと言い、日本古来の堀り方らしいです。
こちら側からだとちょっと分かりにくいですが、
トンネルの向こう側、将棋の駒みたいなのがわかるでしょうか?

 

柿木台第二トンネル

入口がすり鉢状になっていて、吸い込まれそうな雰囲気のトンネルでした。
人の手が入った感じの観音堀よりも、素朴でかっこいい気がしました。

 

3つのトンネルがある道

柿木台第一、第二トンネル、永昌寺トンネルを走る道はおおむねこんな感じです。
ずっと細い道なので、大きな車だと入りたいとは思いません^^;
路面は舗装なので、気をつければオンロードでもいけますw

 

永昌寺トンネル

ここも将棋の駒の形をした観音堀りのトンネルでした。
県道172号のすぐ脇にありますので、細い道を入りたくない人でも見学できるトンネルです。

 

小湊鉄道 月崎駅

駅舎がかわいい駅なのですが、軽トラが何台か停まってたので、
駅舎とバイク写真はないのです(笑)

 

月崎トンネル

トンネルの間に、天井がないところがあり、光が差し込んできます。
この感じはもうアニメに出てきそうな遺跡の雰囲気です。

 

月崎トンネルのある林道

この道も細い舗装林道なので、オンロードバイクでも気をつければいけるでしょうw
車を大きな道に停めて、歩いてきている人もいました。

 

林道終点のトンネル

林道を進んで出てきたトンネルで、ここを抜けると終点。
その先は登山道か遊歩道かわかりませんが、歩いて行ける道はありました。

 

いつものことですが、写真を撮りながら走ると思ったより時間がかかるもの(笑)
時間があれば他のトンネルも見ようと思っていましたが、インターへまっすぐ向かい帰路につきました。

本日のルート


June,2000 Kawasaki KLR650

KLR650は1987年の登場し、A型、B型、C型、E型と続いていきます。

私のKLR650はA型で、A型はかなり息の長い長寿モデル。
2007年まで、なんと20年間作られました。

このA型が日本国内で売られたことがありますが、
日本では、走るのに良い場所がのなかったことが原因で、
あまりの不人気さゆえに、たったの2年で打ち切り。

打ち切りされた後は、どこのショップも輸入することなく、
国内では忘れ去られた存在になります。

ちなみに他のモデルも簡単に紹介しておくと、
B型は日本でもファンの多い天涯で4年間作られ、C型はトレール志向のデザインで欧州向けに作られました
E型は現行モデルで、外装などの見た目だけでなく、あらゆるところがアップデートされています。

私がA型を買った1996年は、欧州向けにC型も売っていた時期で、
フェアリングがついて高速が楽そうな北米向けのA型、
オフロードへ気軽に行けそうな欧州向けのC型という2つのKLR650が存在しました。

どちらも私は格好良く感じたのですが、発売から10年たったA型は古くさく感じるものがあり、
オフロードへ行くならばC型よりもKLXという良いバイクがありました。

オーストラリアツーリングで、日本で忘れ去られたKLR650A型・C型を何台か見て、
手に入れたくて仕方なくなります(笑)

帰国して、仕事を見つけて落ち着いた1年後くらいでしょうか、
行きつけにしていたバイク屋さんに相談。

A型、C型はどちらも良いところがあり、ぶっちゃけどちらでも良かったのですが(笑)、
バイク屋さんの親しい輸入代理業者が、北米に強かったこともあり、
カナダで1台買い付けてもらって、輸入(笑)

私のKLR650は、はるばるカナダからやってきたのでした。

スーパースポーツやツアラー全盛だった時代に、
高速は楽ですが安定度はイマイチ、オフロードはとりあえずはダートも行ける程度のレベル、
「なんでそれ?」と友達に言われ続けつつも、非常に気に入っているバイクです。

その後2000年に、KLR650をカナダへ一時輸出し、ツーリングしてきました。
愛車の故郷でもあるカナダを走っていることが、とても幸せに感じたのでした。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss