好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

春になり、そろそろバイクに乗りたい季節になってきましたが、
暖かくなったとはいえ、まだ山や寒い・・・(実は寒さが苦手です><)
この時期、暖かく走れるところといえば、伊豆か千葉。

お昼近くになってから出発、帰りが遅くなれないので、千葉の素堀りトンネルへ行く事にしました。
高速で付近まで行って、見て回って、すぐ帰ってくるという、お気楽コース。

このコースは、車線は細いですが、舗装林道を走るので、
一昨日の大雨、昨日の雨でも道路は平気だろうということもありました。

アクアラインを走り、海ほたるで休憩してから、市原鶴舞で高速をおりました。

 

加茂古敷谷郵便局

県道171号線沿いに、昭和レトロな簡易郵便局がありました。
わりと私のバイクもレトロなので、妙にこの雰囲気にマッチ(笑)

 

森永高滝カントリー付近の脇道

梅が綺麗に咲いている、いい雰囲気の脇道があったので、入ってみました。
大通を走っていると、脇道が気になってしまいます^^;

 

小湊鉄道 飯給駅

ちょうどここを通った時に、ベージュとオレンジのかわいい電車が通りました。
電車撮ってる人もいたので、邪魔にならないよう通り過ぎるのを見てから、写真撮影(笑)

 

柿木台第一トンネル

断面が五角形の観音堀りのトンネルと言い、日本古来の堀り方らしいです。
こちら側からだとちょっと分かりにくいですが、
トンネルの向こう側、将棋の駒みたいなのがわかるでしょうか?

 

柿木台第二トンネル

入口がすり鉢状になっていて、吸い込まれそうな雰囲気のトンネルでした。
人の手が入った感じの観音堀よりも、素朴でかっこいい気がしました。

 

3つのトンネルがある道

柿木台第一、第二トンネル、永昌寺トンネルを走る道はおおむねこんな感じです。
ずっと細い道なので、大きな車だと入りたいとは思いません^^;
路面は舗装なので、気をつければオンロードでもいけますw

 

永昌寺トンネル

ここも将棋の駒の形をした観音堀りのトンネルでした。
県道172号のすぐ脇にありますので、細い道を入りたくない人でも見学できるトンネルです。

 

小湊鉄道 月崎駅

駅舎がかわいい駅なのですが、軽トラが何台か停まってたので、
駅舎とバイク写真はないのです(笑)

 

月崎トンネル

トンネルの間に、天井がないところがあり、光が差し込んできます。
この感じはもうアニメに出てきそうな遺跡の雰囲気です。

 

月崎トンネルのある林道

この道も細い舗装林道なので、オンロードバイクでも気をつければいけるでしょうw
車を大きな道に停めて、歩いてきている人もいました。

 

林道終点のトンネル

林道を進んで出てきたトンネルで、ここを抜けると終点。
その先は登山道か遊歩道かわかりませんが、歩いて行ける道はありました。

 

いつものことですが、写真を撮りながら走ると思ったより時間がかかるもの(笑)
時間があれば他のトンネルも見ようと思っていましたが、インターへまっすぐ向かい帰路につきました。

本日のルート

2018年02月08日

Honda XR100 October,1998
<BajaCalifornia,Mexco>

道を走っていると、ときたま軍の検問がありました。

悪い事はしていないし、軍や警察がひどい事をしている地域でもないので、
「検問です。免許見せてね、どこまで行くの?」くらいしか聞かれません。

日本の検問と違うのは、銃。

日本の警察官でも拳銃を身につけていたりはするのですが、
あまり見えない感じなので、それほど銃を意識する事はありません。

しかし銃が当たり前の世界では、
軍の人達は目立つ銃を持ち、威圧感をはなっています。

映画でしかみないような銃のある光景ですが、
いたって普通の光景なのでしょう。

しかし、銃を見ない日本人の私からすると、
手を伸ばせば手が届く位置にある銃が、なんというか、とっても恐ろしい。

威圧感を感じているところへ、若い兵士が話しかけてきます。

「小さいバイクいいね!ちょっとまたがらせてよ」

「だめです!」なんて言えるわけもありません(笑)

バイクにまたがり、銃をかまえてポーズをとる兵士。

おそらく気さくで楽しい人なのでしょうが、いくらおどけてポーズをとっても、
こちらは若干の緊張感を保ったまま(笑)

銃をほとんど見かけない暮らしをしている私には、
そこに銃があるだけで、一生ずっと馴染めない光景なのだろうなぁ。

山梨の野原林道と安寺沢林道のぶつかったところにある、
厳道峠「がんどうとうげ」(読めない^^;)

交通量の多い道志みちから脇にそれ、漢字のイメージ通りの厳しい登り坂を上っていく。
少し道志みちをはずれるだけで、ほとんどクルマを見かけない山の中の静かな空間へ。

厳しい上り坂を上った所の峠にたどり着くと、山々の間から顔を出した富士山が迎えてくれる。
登山したときに見れるような、山なみと富士山の絶景スポット。

こんどは、夕方から夜にかけてじっくり眺めてみてみたい。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss