好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

KLR650のタンクは長期保管していた品で、
おろしてからそれほど年数もたっていないので、サビは比較的大丈夫なのですが、
年式も年式なんで、一応、燃料フィルターを取り付けました。

XR100につけたのと同じ、比較的小さいタイプでマグネット付き。

ガソリンフィルターって、ガソリンコックの入り口にもフィルターがついているので、
フィルタの網目でのろ過はそれほど期待していません。

いちおうこだわったのは、マグネット付き。
フィルターをすり抜けた鉄粉を除去できる可能性もあるので。

エンジンをかけると、負圧ですーっとガソリンが通り抜けて行きます。
XR100とは違って、フィルタの中にガソリンはたまりません。

どのくらい効くのかはわかりませんが、
お守りみたいなもんとして付けてみました^^;

2018/8/21

跳石でライトを割っている人がいた・・というのは別にして、
なんとなく付けてみたかったんです、ヘッドライトガード。

モノは、3カ所のボルト止めなので、わりとお手軽に装着です。
ボルトを締めると、カウルにステーの跡がついてしまいそうですが、
ま、それは仕方ないw

 

左右の取り付けのため棒が長いのがいまいちですが、
国内モデル勢とはフロントマスクが違う雰囲気になった感じはいいな(笑)

 

・・・外装の色をミリタリーカラーにしたら、めっちゃかっこよさそう。
しないけどw

2018/8/19

タンクも戻したのだから、フロントキャリアも戻すことにします!
フロントに重量のあるものを付け、そこに荷物を載せたらハンドリングに悪影響はあるのでは確かです。
しかし、荷物を載せられる量が限られるバイクだから、非常に重宝した逸品でもあります。

フロントキャリアは、フレームを塗った時に一緒に塗装しているので、とてもきれいな状態。
綺麗すぎて外装の汚さが目立ちます(笑)

ステーを準備しておいたので、ガソリンタンクもフィルターを装着した上取り付けました。
(ホースの端の金具はなかったのでまだつけてませんが)

錆がキャブに入って詰まるのが一番怖いので、フィルターはマグネット付きです。
効果のほどはまだよく分かりませんが。

タンク内はたいした防錆処理はしてないので、空気に触れてる部分はすでに錆びはじめています。
錆びが本当にひどい状態になると、フィルターもあんまり意味をなさないのですが、
流入してくるガソリンの状態がフィルター部で見れるだけでも取り付けの意味は大きい気がします。

 

さ、いちおう全部部品を取り付けました。
この仕様で、ちょっとそこら辺走ってみようと思います!

 

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss