好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

サイドスタンドの設置面積を大きくしておかないと、
砂やフカフカの土などで、サイドスタンドが沈み、そのままバイクがゴロン・・・。
昨年車検を取ってから、すでに1回やってしまいました。

設置面積がノーマルの場合は、
石を置いてスタンドを乗せたり、ダートでの駐輪にはとても気を使うのです。

設置面積を拡大するのに、他車種ではヘプコ&デッカーとかのキットが割とメジャーなようですが、
KLR650Aのものはありません。さて・・・。

 

溶接にする?キットにする?

XR100でやった時のに鉄板を溶接してしまうのが、シンプルで簡単な気もします。
↓鉄板を溶接したXR100のサイドスタンド

この仕様でも全然よかったのですが、溶接を頼むのも面倒です・・・。

何か海外ならあるだろう、と海外で検索したらKLR650用を発見。
そのショップで他にもちょっと欲しいものもあったので、それを購入しました。

 

サイドスタンドパッドのキットはJNS Engineering製

ホームページを見てみると、
XR650L、DR650,KLX250S、KLR650A・B、KLR650Eの、side stand pad のキットがあるようです。
日本でコレ必要な人は、あまりいないと思いますが一応URL。直接ネット通販できます。

http://www.jnsengineering.com/

 

くぼみをスタンドにはめてビスでとめるタイプです

メジャーなヘプコ&デッカーのものは、加工がいらないのが良いところですが、
JNS Engineering製は、サイドスタンドの底面のくぼみにパッドをはめて、ビスでとめるような構造になっています。
サイドスタンドの穴開け加工が必要という、いかにもアメリカっぽい作りですw

 

サイドスタンドの底面が減りまくっている(笑)

サイドスタンドの底面に凸部をはめるといいましたが、サイドスタンドが減っていました(笑)
キッチリはまるのでしょうが、隙間が出来て浮いちゃう・・・。
一応、ちゃんと固定は出来そうなくらいの引っかかりはあったので助かった^^;

 

ドリルで穴開け加工

スタンドパッドの穴の位置に合わせて、ドリルで穴開けです。

細めので開けてから、ネジの太さで穴を拡大しました。

 

ビスで止めれば完成

ビスで止めれば完成です。
スタンドがすり減ってる車体側にと隙間が出来ちゃっってますが、しっかりと固定はできています。

ビスの頭の出っ張りが気になるので、もう5mmほど短いのに変えてもいいかもしれませんね。
でも、すぐ気にならなくなるのでしょうがww

これで気を使わずにどこでも停めることが出来るようになりました。
駐輪時の不意の転倒が少なくなるのはありがたいですね。

車検とったときから、チョークを引いた時にアクセルを開けると、エンジンが止まるという状態でしたw
キャブが思ったよりキレイだったから、
適当に穴を吹いて終わりにしてしまったのがいけなかったわけですが・・・。

チョーク戻せば普通に走れるし、
「フューエル1入れて適当に走ってればなおるんじゃね?」と思って走ってましたが、
1本目ではだめで、2本目使ってもすぐ良くなるかは分からないので、やっぱりキャブを外すことにしました。
(フューエル1は何度か使ったことありますが、けっこう効くとおもってます。)

エンジンガードのせいで面倒くさくなった、キャブレターの取り外し

エンジンガードをつけらたキャブを外すのが面倒になっていました・・・。。
サイドカウル、シート、タンクに加え、エンジンガードも外さなければいけません・・・。
エンジンガードはネジ穴がを合わせるのに力いるんで、外すとめんどうなのですよねぇ・・・。

外してしまえば、
燃料のホース類をはずして、インシュレーターとエアクリのバンド、アクセルワイヤーはずしてパカッ。
やりやすいとこでチョークワイヤー外せばオッケーなので、4発エンジンなどに比べたらラクラクです。

そして、外したキャブを分解して清掃していきます。

古くなったホースを確認

古くなったホース類は、思ったよりは固くはなってないのですが、
せっかくなので今回は変えます。

純正部品を買いましたが、負圧のホースの長さが違いましたw
元々の長さで合っているみたいなので、あわせてカット。径が一緒の違う車種のものなのかな〜。

 

キャブ清掃

きっと細い穴のどこかがダメなので、ジェット類はいちおう全部はすずして漬けこみ、
本体の穴にもキャブレタークリーナー吹いて、しばらく放置。
時間おいてから、パーツクリーナーで穴を清掃して、通ってるか確認して終了です。

 

組み立てててホースを付ける

新しいホースはやっぱり柔らかくていいですね。

 

組み立てて取り付け、そして試走

組み立てて、エアスクリューを規定の通りに回しておいて、取り付けました。

 

チョークでの始動時はOK、でもエアスクリュー調整できないのよね・・

チョーク引いたままでアクセル開けてもエンジンは止まらなくなりました。

その流れで少し試走しましたが、急制動して急激にエンジン回転数落とすと、エンジン止まります><
エアスクリューの調整で直ると思いますが、KLRはスペースなくって普通の工具はいらない・・・。

タンク外して、キャブを外して、とかしたくない。
本当に狭い場所なので、工具を作るのも面倒・・・と、つぶやいてみたら、

KLRに使えるいいのあるよ!と教えてもらって、
ハーレー用CVキャブのスクリュー注文しました。

[rakuen]

手で回せるようになるから、エンジンかけたままの調整も可能に!
今度、これインストールしたいです!

あと、いまいちどインシュレーター確認しよ。

社外品のキャリパーサポートに付属していたボルトで、キャリパーを止めていましたが、
取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びましたw

メッキではなく、黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、
あっと言う間に錆びすぎました・・・。

フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のものに変えてしまうことにしました。
長さを測ると、リアキャリパーのボルトと同じ長さだったので、リアキャリパーのボルトを注文。

キャリパーはずして、サポートの方にはネジロックを塗って指定のトルクで締め付ければ終了。
これで赤錆でみっともない感じにはならないでしょう。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss