好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

社外品のキャリパーサポートに付属していたボルトで、キャリパーを止めていましたが、
取り付けて雨の日に走ったら一発で錆びましたw

メッキではなく、黒塗装のボルトだったので錆びるとは思ってましたが、
あっと言う間に錆びすぎました・・・。

フォークオイルを交換するついでに、このボルトを純正のものに変えてしまうことにしました。
長さを測ると、リアキャリパーのボルトと同じ長さだったので、リアキャリパーのボルトを注文。

キャリパーはずして、サポートの方にはネジロックを塗って指定のトルクで締め付ければ終了。
これで赤錆でみっともない感じにはならないでしょう。

2018/5/26

四国ツーリングの時に分かったのですが、
プラグキャップカバーが割れ、雨の日にリークしてエンジンが失火して止まってしまう不調になりました。
そのままでは雨の時にエンジンが不調になるので、テープを巻いて応急処置をしてツーリングを続けていました。

その補修の時にタンクを外してみたら、ヘッドカバーのボルト部分からのオイルにじみもありました。
最近まで平気だったのですが、ガスケット交換で直ると思うので一緒に部品を注文しました。

不調の原因部分はここ。プラグキャップカバーのところに割れがあります。
水が入ると電気がそっちへ飛んでしまい、火花飛ばなくなってエンジンが止まります。

ここだけ変えれば解決はするのですが、せっかくなのでコード部分も変えたいと思い、
イグニッションコイルも交換することにしました。
もちろん古いイグニッションコイルはまだ使えるので、一応KEEPです。

イグニッションコイルに、プラグキャップをセットして、イグニッションコイルを取り付けして終了。
そして、ボルトのガスケットです。
オイルにじみをおこしてた方は、けっこう汚くつぶれてるのは仕方ないですが、
ガスケットが入っていた部分の汚れがけっこうひどかった。
穴を清掃して、新しいガスケットに交換しました。

 

取り付け終わったら、ちゃんとエンジンがかかるか確認。
無事かかったので、これで雨の日も安心。

 

せっかくタンクを下ろしたので、
チョーク引いた時に、キャブレターが少し変な感じがするので、再度清掃したいと思います。

古いし、けっこう長いこと寝かせていたので、
毎回乗るたびに、なんかしら不具合が出てくるのは仕方ないですかねぇ。

車検の時に時間がなくて出来なかったキャリパーの清掃をしました。
フロントは、長期保管してたノーマルの1ポッド、
リアは先日まで使っていた1ポッドキャリパーです。1ポッドなのでラクラクww

 

フロントキャリパー清掃

こちらは20年ほど使っていなかった1ポッドキャリパー。
比較的早い時期に外してしまったので、パッドは減っているもののまぁまぁ綺麗です。

エアでピストンだしました。
エア圧強いと勢いよく出てきてしまうので、
ちゃんと布で飛んでいって傷つけないようにしています。

ピストンはこんな感じでした。

あとは清掃して、組み付け。
フロント側は、ダストブーツもピストンシールと同じ形状なので、
普通に押し込んで行けば終了。

 

リアキャリパー清掃

リアは車体から取り外して清掃です。
こちらは見えるとこはかなりの汚れでした・・・。

とりあえずピストン取り出します。

中はうわ〜って感じではないですねw

掃除して組み付けますが、リア側はダストブーツが袋状です。

これ、普通におしていっても入らないので、ピストンを手で押さえつけて、
中くらいのエアー圧で内側がらゴムを広げてピストンにブーツをかぶせます。
で、押し込めば完成。

外観ちゃんと磨けてないけど、
すぐドロドロになるのだからいいかな・・・とw

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss