好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/5/4

通行止めで抜けれない剣山スーパー林道を、往復するのもいいなと思っていましたが、
時間的には行きたかったところへ行けそうなので、
一番早く戻れる舗装林道で、阿南市に向かうことにしました。

 

舗装林道を通って、県道295へ

山の家で、セローとXRの方に「また後でキャンプ場で!」と言って先に出たのに、
写真を撮ったり、舗装の林道を自動車の後ろをマッタリと走っていたら、追いつかれてしまいました。
せっかくなので、ビデオON! 後ろにくっついて一緒に走ります。
知っている人の後ろを走るのって、なんとなくツーリング気分で楽しい(笑)

 

脇道散策

赤い橋を見かけて、散策魂に火が付き、セローとXRから勝手に橋の方へ離脱。
橋を渡って少しばかり脇道を散策。

 

国道195号は快適快走な道でした

川の横を走る国道195号は2車線で快適。気色も気持ちよくって、走っててテンションあがります。
ダムの水と赤い橋がいい感じだったので、写真とるためUターンw
しかしどこ行っても、四国って水が綺麗。

 

走るとけっこうおっかない橋を渡りました

面白そうな橋があると、いちいちバイクを停めて渡りたくなりますが、時間ないので指をくわえながら先へ進みます。
そこへ、バイクで渡れそうな面白い橋が出てきたので、渡ってみることにしました。

カメラ位置が低いので怖さ感じませんが、座っている位置が柵より高いので柵のない所を走っている感じです。
道幅もないし、ちょっとコケたら、まず柵の外w
沈下橋とちがって、水面はけっこう下のほうなので、柵がない沈下橋よりも恐わい橋でした。

 

そして、見てみたいものがある、阿南へ向かいます。

2018/5/3

トラブルで予定のフェリーには乗れず、上陸後も再応急処置で時間をとられ、
行ければいいなぁと思っていた所までは行けませんでした。
お疲れだし、ゆっくり休みたいので、
食材を調達して、明日走りたい道との間にあるキャンプ場へ向かうことにした四国初日でした。

 

徳島の南海部品の駐車場で、きちんと応急処置

タンクを下ろす必要もあったので、フェリーを下りて向かったのは南海部品でした(笑)
プラグコードだけを変えれる可能性は低かったのですが、変えれたらラッキーですしね。

店員さんに事情を話して、駐車場でタンクを下ろさせてもらい、プラグコードを確認。
プラグコードは、イグニッションコイルとアッセンブリということが分かりました。

ビニールテープが少なかったので、買いにいくと、ハーネステープとハサミを貸してくれました。
めっちゃ親切していただき、ありいがとうございました。

プラグコードを見ると、キャップの所に、以前はなかった亀裂がはいっています。
そして雨の中で巻いたテープを外すと、若干水がはいっていたので、完調にならなかったのはこれが原因でしょう。

イグニッションコイルを外して、お借りしたハーネステープでキレイに巻き直し。
これで雨の日も安心!

持っていたビニールテープが残り少なかったので、ハーネステープをご購入し、
いよいよツーリング本番です(笑)

 

すぐに現れた気持ちいい道

かなりいい時間になってしまっていたので、街中を後にして、近めなキャンプ場に向かいます。
国道をそれて、県道に入ると、なんだか懐かしいような気持ちのいい風景が広がります。
川に降りたくて、ちょっと脇道を通ったりしながら。

 

日本的で素朴な風景の中を走って、四国きた!と、やっと実感(笑)
バイクも快調になり、気分も盛り上がってきました!

 

ここをキャンプ地とする!(前川キャンプ場)

キャンプ場の入り口で、フェリーで会ったセロー乗りの人と再会。
「けっこう混んでますよ〜」と言うとおり、けっこう近い距離でテントを張っています・・・。

川沿いにも張れるので、どこかしらに張れないことはないですが、
セローの人と近い方が飲みが楽しそうなので、洗い場の隣りに声をかけて設営。

そして、「ここをキャンプ地とする」とつぶやく(笑)

 

夜の宴会はアヒージョで

セローの方と、そのお友達のXRの方にご一緒させてもらって、一緒にお酒を呑みます。
お料理は、それぞれが作ったのをシェアするスタイルで。

私はアヒージョ作りましたが、これが・・・やばくて、お酒がすすむw

ソロで来て、お初のバイク乗りとご飯を食べるということも、ほんと久しぶりだったので、
楽しくて、楽しくて。

いつまでも話していたい気分でしたが、
疲れもあり、キャンプ場のルールもあり、明日もあるので、遅くない時間で適当に解散。

おやすみなさい。

新品ホイールに320mmローター付けました。
ディスクローターにノーマルキャリパー用のキャリパーサポートが付いていたので、
それを使ってキャリパーをセットし、ネジを回していきますが・・・。

クルクル・・・。
上は規定トルクでしまったものの、下側がクルクルとボルト締まらない状態に・・・。
外してみるとだめそうなんで、M8のヘリサートでネジ山再生することにし、工具をゲット。

作業の写真は・・、カメラにカード入れ忘れていて、ありませんw

下側をヘリサートし、締め付け直しますが、今度は上側がダメになって、クルクルw
アルミ製のキャリパーサポートですが、あんまり固いアルミは使っていないようで・・・。

上側もヘリサートして、規定トルクで取り付けました。
ぜったいダメになる感じの製品(外国製)だったので、最初からやっておいてほしい・・・。

少し試走しましたが、ノーマルの1PODキャリパー+大径ディスクの効きは、
ローターが320mmになったからといって、そんなに効くものではないですね。
ただ握れば効く気がするので、ノーマルよりはかなりいいかもですが。

2ポッド+大径ディスクの時は、
フォークのオイル粘度を変えないと恐くて走れないほどで、かなりガッツリ効きました。
舗装路は良いものの、効き過ぎるブレーキは林道が恐かったので、
前より良いかもしれません。(昔と違って、舗装路もマッタリ走行ですしw)

リアもキャリパー清掃とディスク交換で、ブレーキの感触も良くなりました。
荷物も積めるようにしたし、あとは旅に出るだけ〜。時間ほしいな〜><

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss