好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

午前中の仕事を終えて、午後の用事を済ませたら、
夕方間近になってしまいましたが、ちょっとだけバイクに乗りたくなりました。

どこかへ行くには時間もないので、
お友達の板金屋の天涯とKLEを眺めに行ってみようと思い出発です。

母校の前を通り、川沿いのダートを一瞬だけ走ります。
ダートを走ったのは、たったの数百メートルですが、とっても楽しい(笑)

ダートを走れるバイクだと、ダートを走りたくなるのは何ででしょうね?

すぐに行ける近所のダートロードを探してみたら面白いかもと思い、少し検索してみました。
H8年の時は1228kmほど砂利道があったようですが、
H29年現在は、横浜市の道路延長7840kmのうち、砂利道が129kmだそうです

この129km、細々いろいろな所にあるのでしょうが、
いったいどこにあるのでしょうね?

友達のお店に到着すると、通勤用のバイクもなく、残念ながら出かけているようです。

彼のところへ行く時は、お仕事を依頼するとき以外は、いつも連絡なしに行ってしまいます。
最近ヘルプで別の店も行ってるようなので、こんなことが多々あります(笑)

残念ですが、天涯と、動くようになっているはずのKLEの見学はまた今度で。
暖かい陽気の中を気持ちよく走れたので、よしとしましょう。


June,2000 Kawasaki KLR650

KLR650は1987年の登場し、A型、B型、C型、E型と続いていきます。

私のKLR650はA型で、A型はかなり息の長い長寿モデル。
2007年まで、なんと20年間作られました。

このA型が日本国内で売られたことがありますが、
日本では、走るのに良い場所がのなかったことが原因で、
あまりの不人気さゆえに、たったの2年で打ち切り。

打ち切りされた後は、どこのショップも輸入することなく、
国内では忘れ去られた存在になります。

ちなみに他のモデルも簡単に紹介しておくと、
B型は日本でもファンの多い天涯で4年間作られ、C型はトレール志向のデザインで欧州向けに作られました
E型は現行モデルで、外装などの見た目だけでなく、あらゆるところがアップデートされています。

私がA型を買った1996年は、欧州向けにC型も売っていた時期で、
フェアリングがついて高速が楽そうな北米向けのA型、
オフロードへ気軽に行けそうな欧州向けのC型という2つのKLR650が存在しました。

どちらも私は格好良く感じたのですが、発売から10年たったA型は古くさく感じるものがあり、
オフロードへ行くならばC型よりもKLXという良いバイクがありました。

オーストラリアツーリングで、日本で忘れ去られたKLR650A型・C型を何台か見て、
手に入れたくて仕方なくなります(笑)

帰国して、仕事を見つけて落ち着いた1年後くらいでしょうか、
行きつけにしていたバイク屋さんに相談。

A型、C型はどちらも良いところがあり、ぶっちゃけどちらでも良かったのですが(笑)、
バイク屋さんの親しい輸入代理業者が、北米に強かったこともあり、
カナダで1台買い付けてもらって、輸入(笑)

私のKLR650は、はるばるカナダからやってきたのでした。

スーパースポーツやツアラー全盛だった時代に、
高速は楽ですが安定度はイマイチ、オフロードはとりあえずはダートも行ける程度のレベル、
「なんでそれ?」と友達に言われ続けつつも、非常に気に入っているバイクです。

その後2000年に、KLR650をカナダへ一時輸出し、ツーリングしてきました。
愛車の故郷でもあるカナダを走っていることが、とても幸せに感じたのでした。

December,2008   GB250 Clubman

ネイキッド、アメリカン、などなど、シルバー輝くメッキを多用するバイクは
なんとも美しく、とても魅力があるものです。

多用というほどではありませんが、所有したことのあるGB250Clubman、Zepher1100が
この輝きを発しているバイクでした。

バイク自体の魅力ももちろんありますが、
その輝きで所有欲を満たしてくれる感じもありました。

素晴らしい輝きを持つメッキ部分は、
古くなって腐食してしまうと、ブツブツとしたものが出てきてしまいます。

ブツブツ自体は磨けば薄くなるし、くすんでしまった輝きはまた取り戻せますが、
一度腐食してしまうとそれが長くもちません・・・。

アルミの腐食、鉄の腐食に比べて、磨かないとみっともない感じがするのは、
輝きが素晴らしすぎるでしょうか・・・。

メッキを多用したバイクは、美しも追求しているバイクでもあるので、
綺麗な状態を保っておきたいと思ってしまいます。

輝きを取り戻す再メッキなどの手段はもちろんありますが、
磨けばそれなりに綺麗になるので、磨く、腐食、磨く、腐食を繰り返していきます。

そして最後は疲れてしまって、結局、この2台は処分してしまいました^^;

洗車や掃除があまり好きではない私には、
磨いて愛着が増していくようなバイクは向いていないのかなと思う出来事でした。

常に綺麗に磨いている人達、ほんとすごいなと思います。