好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

Honda XR100 November,2017

橋本側から道志みちにはいってそれほど行かない所だったと思いますが、
右手に石積みが気になる脇道があります。

その脇道にはいったすぐの所、上へ向かう石積みの道。
道志みちからよく見えるので、ずっと気になっていました。

ちょっと寄り道して、コケむした急坂を上る。
いったい何があるんだろう?なんだかワクワクします。

ほんの数十メートルで頂上へ。

そこは・・・畑でした^^;
お仕事中のおじさんおばさん、すみません。
ちょっと気になった道だったので^^;

お友達が持っているKLR650B 天涯です。
天涯TENGAIという日本語を使ったネーミングが印象的で、当時めちゃくちゃ欲しかった記憶があります。

KLR650Aの外装などを変え、パリダカを連想させるバイクで、色は赤と青/緑。
赤はTENGAIとローマ字表記ですが、青は「天涯」と漢字を使ってあるのも特徴的でネーミングやデザインから一部で人気がありました。

ずっと友達の家のガレージに眠っているバイクですが、いつか一緒に走る日がくるといいな。
Kawasaki KLR650 TENGAI January,2008

20171112-DSCF1491-2

 

まずは、撮ってきたバイク写真並べます(笑)

 

20171112-DSCF121620171112-DSCF127620171112-DSCF131120171112-DSCF133920171112-DSCF134620171112-DSCF135720171112-DSCF137720171112-DSCF138820171112-DSCF139420171112-DSCF140720171112-DSCF141720171112-DSCF143320171112-DSCF144620171112-DSCF145120171112-DSCF145420171112-DSCF145620171112-DSCF148320171112-DSCF1491

 

先週壊れたシフトレバーも直り、林道へ行きたくてウズウズ。
伊豆方面へ進路をとり、沼津から海岸沿いを下って戸田へ。相変わらずの海沿いの道は気持ちがいいね^^

戸田からは、達磨山へ向かい達磨山林道へ入る。
達磨山林道へ入ってからは、ワインディングを楽しむバイクもまったく見かけなくなった。
そして、達磨山林道支線へ。
かなり走りやすく、川渡り(コンクリートだけど)的な要素があって走ってて面白い!

今回は一人だったのでバイクの写真を撮りまくりだったのだけど、
達磨山林道支線の杉林で、バイクのスタンドがズブズブっとうまっていく〜〜(笑)
離れたところでなすすべもなく見守る私。そのままコテッ。
「土の地面はスタンドが沈む」そんなことをばっちり思い出したし(笑)

確認すると、ミラーは取れてしまったけど、ダメージは少なく外装もほぼキズなし。
バイクが転けた時の写真撮っておけばよかった〜!
でも、後でそう思うのは、バイクが無事だったからw

修善寺を通り、次は年川林道へ。
川沿いを走る年川林道は、たまーにヌカルミが出てきます。
タイヤがオン寄りなのもあるけれど、そこで両輪ツルッっとすべって焦る焦るw

二股に分かれている部分を右にまがったら、川になって削れたようなガレている道が出現。
ここでは絶対コケられないと重いながら頑張って先へすすんだけど、道間違えてた^^;

Uターンしてコケたらやばいガレ場を通って戻ってくる(笑)
ちょっと650ccでは通りたくない道。汗だくになるの巻w
戻って正しい道へ。荒れて無くスムーズに走れたし。

そして伊豆スカイラインへ。
かつて伊豆へ行けばかなりの確率で帰りに通った道。
走って通り過ぎちゃう事が多いので、いろんなPに立ち寄り。新鮮!

 

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss