好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

朝7時、動けないほどではないですが、足や肩などの筋肉痛とともに目覚めました><
まだ通勤で少し乗っているからなんとか走ってこれましたが、
全く乗っていなかったらけっこう辛いんだろうなぁ。

 

撤収して、キャンプ地を出発

朝ごはんのパンを食べ、のんびり片付けはじめて、
朝の9時半に自転車に荷物を積み、撤収完了。
ゴミをみんなで手分けして積み、キャンプ地を後にしました。

 

荷物満載で、写真の右上のほうへ続いていっている細い山道を登ります。
めちゃくちゃ距離があるわけではありませんが、登り切ると息切れすごいw

 

 

農道散策

三崎口駅から輪行で帰る友達を見送った後、
地図で走ってみたいと思っていた道があり、途中で農道の方へ右折しました。

今回は散策しなかったのですが、このあたりは池がいくつもあって、
バードウォッチングなども楽しめるそうでし。
もし時間があれば、このあたりの畑地帯をぐるぐる1日散策してみたいものです。

車だとまず入ってこない道ですが、この道の風景が良かった。
写真だとうまく伝わりませんが、高低差が少しある丘の上を走っています。

家や人工物は多いのは仕方ないとして、
畑が折り重なるように見えるのが、大げさに言えば北海道の富良野のよう。
畑に緑がある時に来たらまた違う雰囲気になりそうです。

 

畑を進んで行くと、工事をしているところが増えて来ます。
途中までしか来ていない三浦縦貫道を延伸しているようです。

畑の中を道路が突っ切って行くのでしょうね。
その前に、先ほどの畑地帯の丘のある風景をみにこなければ!

 

道路が通った畑を想像する残念ですが、一般的には便利にはなりますね。
三崎方面への車が、手前の出口でばらければ、少しは渋滞解消にもなりそうですし。
最近、おじさんと城ヶ島へ釣りに行くときは、縦貫道使ってませんけど・・・^^;

 

国道へ出てからは淡々と走っていきます。
あまりに暑いので、立石公園の日陰で少し休憩。

 

そしてまた、道路をたんたんと走っていき、地図で気になっていたところで左折。
芝崎海岸、真名瀬海岸のあたりの、マンション・コンドミニアム地帯です。

この辺のマンションヤベー。景色は遮るものがなく、目の前に磯やビーチが。
海の向こうには江ノ島も見えます。

 

コーナーを曲がれば、先ほど通った一色海岸、長者ヶ崎海岸、立石公園、秋谷港が見えました。
海水浴、釣り、磯遊び・・・、もはやリゾート。
マンションの雰囲気も海外っぽいんです。景色は日本ですがw

なんというか、もう・・・、別世界。(あまりいい表現ができませんが^^;)
庶民的な目で見ると、高そうwww(これのがわかりやすいか^^;)
マンションの写真撮っておけばよかった^^;

 

ため息とともに国道へ戻り、逗子まで走ってお友達とお昼ご飯。
あまり悩まずに目についた居酒屋さんへ入りました。
私もお友達も海鮮丼をオーダー。

暑さと疲労でやられていたので、
ご飯たべながら、涼しい部屋でちょっと体を休められてよかった。

 

ここでお友達と別れ、私は六浦〜R16で家へ向かいました。

お店を出て階段を降りるときに、足にかなりきていることを悟りましたが、
お腹もふくれたし元気に一人でタンタンと。

足はけっこう疲れてましたが、ずっと追い風だったので、
ちょっとだけ30km以上で巡航してみました。ビゴーレ、思ったよりいい感じ!

ボチボチペースで快調に走ってきましたが、
あと家までもうちょっとというところで、暑さにやられアイスタイム(笑)

 

コンビニのエアコンの効いたイートインでアイスを食べ、ゆっくり休んでから無事帰宅。
遠くや山へ行くならば、もう少し走らないとダメかなぁ^^;

緑のある所を走るのが好きなグループの人達と、
ゆっくりと景色を眺めながらポタリングしてきました。
先日組み上がったVIGOREクロモリレーサーもついに本格デビューです^^

ペースが上がらないのは分かっていたので、
集合場所の橋本駅へ間に合うよう、少し早めに出発しました。
たんたんと一人で走りますが、集合場所までが今回の行程で一番つかれる区間でしたw
足に自信がなかったので、早めに行く選択肢しかありませんでしたが、駅へ一番のり!

待っていると、変わり種自転車のクルーズバイク リカンベントが登場。
このリカンベント、前輪駆動で車高も高いし、いままで見たことないタイプです。

集まったら出発し、まずは戦車道へ。
クルマの走らない戦車道、久しぶりにきたけれど、相変わらず気持ちいい道路です。

クルマが通らないということで、戦車道でリカンベント試乗会が開催されました。
持ち主は普通に乗ってますが、
この前輪駆動車、かなりのクセがあって真っ直ぐ進むのが大変なシロモノ。


足でペダルを漕ぐと、ハンドルの向きが変わってしまい、まっすぐ進むのが難しい・・。
なんとか乗れましたが、惰性で走る分にはいいのですが、発進やコーナリングが相当難しい・・・
はじめて自転車に乗ったときのようで楽しいといえば楽しいのですが、
まったく乗りこなせる感じがしない自転車でしたw

試乗会を終えて向かったのが鶴見川源流。
なんだか以前よりも柵がいっぱいあって、こんなだったっけ?と。

源流は休むところもないので、すぐに出発し、緑の多い農村地帯をのんびり進んでいきます。

別のお友達が雑誌に載った取材ポイントの手前のいい感じの道です^^行き止まりですがw
新緑が美しい季節。

そして取材ポイントのあたりで、担ぎです(やらせ笑)
私の友人達がパスハンターというジャンルの自転車に乗っていますが、
それなりに私も影響されている気がします。
考えてみると、案外このVIGORE、パスハンの条件にハマってたりしますw

小山田緑地へ向かう途中にあったレンゲ畑。

そして小山田緑地。
吊り橋あり、見晴らし広場あり、子供が遊ぶ広場もあり、なかなかいいところでしたー。

谷戸の道を歩きます。子供の頃に戻ったかのような風景です。

途中、休憩もしながら抜けていきます。

そして最後にお約束のスイーツw
アイスコーヒーを一気に飲み干しそうだったので、Lサイズに。
ケーキもコーヒーも美味しく、お店の雰囲気もとても良かったです

VIGOREでちゃんと走ったのは初でしたが、なかなか良い感じでした。
緑の中で赤いフレームもいい感じに映えていました。

最後に取り付けた保安部品は反射板。
法律的には、反射板または尾灯が義務づけられています。
県によって違うかもしれませんが、尾灯は点滅ではダメで、明るさも決められています。

車を運転していると分かりますが・・・、反射板だけでも、車のライトがあたるとけっこう光ます。
何もついていないと、直前まで気づかないこともありますよね。

個人的には、点滅、点灯しているフラッシャーついていればいいとも思いますが、
私の場合は、電池切れなどしてしまって、面倒で放置してしまうこともあるので、
必ず電池のいたない普通の赤色反射板1つは付けるようにしています。

フラッシャーも付けると、2つ赤いものがついてしまうのがいやで、
1つにまとめたいということで探してみました。

案外、フラッシャーと反射板が一体になっているものが少なかったです。
見つけても、乾電池式のは便利で良さそうなのですが、サイズが大きすぎたり・・・。。

そんな中、見つけたのが、
CAT EYE 自動点滅テールライト TL-AU165-BS 。

普通ですw
光るようには見えないほど普通ですw
これだ!と思いました(笑)

LEDの点滅はそれほど明るくないでしょうが、
反射板としてはきっちりJIS適合しているので、電池が切れても安心です(ここ重要)w

さらに、電源をオンにしておけば、暗くなると自動点灯してくれるので、
トンネルなんかで光ってくれるのもポイントが高いです。

バックステー取り付けタイプを買いましたが、
かなり細めのフレームにしか付かないようなバンドがはいってます・・・。
ロードのフレームだとまず付きません。ここだけは不評みたい・・・w

ビゴーレのフレームだと、ゴムを外せばかろうじて付きますが、
いっぱいいっぱいすぎるので、取り付け具は別のものにしようかと思ってます。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss