好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→


July,1998 Honda XR100

アラスカのフェアバンクスから
北極海に面したプルドーベイへ通じる道のダルトンハイウェイ。

ハイウェイと名が付いていますが、砂利道区間が700km弱あります。
日本で言うところの「酷道」という感じです。

その道を、北へ北へどんどん進むと、
森の針葉樹林がどんどん低くなり、まばらになり草原になっていきます。

学校で習ったタイガやツンドラ、
学校の授業ではピンとこなかった風景がそこにありました。

その何もない平原で、バイクを停めて休んでいると、
顔のまわりに、何匹もの蚊がまとわりついてきます。

なんでこんな所に蚊が・・、と思うのですが、
雪や氷が溶け、湿地のようになり、
地面に水がたくさんある北極圏のツンドラ地帯は、蚊がとても多いらしいのです。

世界的にも有数の蚊の生息地。
学校で習わなかった真実(笑)

白い道が緑の草原と丘の上へ続く、素晴らしい風景があるところで休憩し、
写真を撮った後、しばらくすると、すごい数の蚊が寄ってきます。

ヘルメットを付け、「プーン」という蚊の飛んでいる音を聞きながら、
しばらくの間、見とれていたのでした。

December,2008   GB250 Clubman

ネイキッド、アメリカン、などなど、シルバー輝くメッキを多用するバイクは
なんとも美しく、とても魅力があるものです。

多用というほどではありませんが、所有したことのあるGB250Clubman、Zepher1100が
この輝きを発しているバイクでした。

バイク自体の魅力ももちろんありますが、
その輝きで所有欲を満たしてくれる感じもありました。

素晴らしい輝きを持つメッキ部分は、
古くなって腐食してしまうと、ブツブツとしたものが出てきてしまいます。

ブツブツ自体は磨けば薄くなるし、くすんでしまった輝きはまた取り戻せますが、
一度腐食してしまうとそれが長くもちません・・・。

アルミの腐食、鉄の腐食に比べて、磨かないとみっともない感じがするのは、
輝きが素晴らしすぎるでしょうか・・・。

メッキを多用したバイクは、美しも追求しているバイクでもあるので、
綺麗な状態を保っておきたいと思ってしまいます。

輝きを取り戻す再メッキなどの手段はもちろんありますが、
磨けばそれなりに綺麗になるので、磨く、腐食、磨く、腐食を繰り返していきます。

そして最後は疲れてしまって、結局、この2台は処分してしまいました^^;

洗車や掃除があまり好きではない私には、
磨いて愛着が増していくようなバイクは向いていないのかなと思う出来事でした。

常に綺麗に磨いている人達、ほんとすごいなと思います。

Honda XLV750 July,1994
<Australia>

ウエスタンオーストラリア、ウェーブロックの近くの塩湖の一つだと思います。
きちんと記録をしていないので湖の名称も分かりませんが、たぶん有名な所ではありませんw

パースから南下したこの一帯には、
大小さまざまな塩湖が、いくつもあったような記憶があります。

塩湖といっても、砂の上に白いものが乗って混ざってるいる感じの部分も多く、
「おお!塩だ!白い!」という感動はありますが、
ずっと見ていたい美しい風景というような感じではありませんでした。

写真でよくみる、ウニユ塩湖と比較してはいけません(笑)

たいていはだれかの土地なのか、柵があったりして中にははいれないのですが、
その中でタイヤの轍も何本もあり、自動車が走った跡がある塩湖がありました。

白い世界に突入です。

突入したはいいけれど、誰もいない湖を750ccという重たいバイクで、
奧へいってぬかるんでいたら取り返しがつきません。

つらい光景が目に浮かびます・・・。
無茶出来る人がちょっとだけうらやましい瞬間(笑)

ひとしきり安全なところで遊びます。

走れば、砂が混じってちょっと残念なのですが、
それでも白い塩の上を走ることは、楽しい出来事の一つでした。

後々、オートバイ雑誌のウニユ塩湖の写真を見て思います。
いつかはウニユ塩湖を走ってみたい。

そんな思いを持ってからだいぶ時間がたちますが、なかなか遠くて(笑)
バイクでなくてもいい・・・いつかは。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss