好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

剣山スーパー林道を後にして向かったのは、
以前から見てみたかった、徳島県阿南の「大菩薩峠」という喫茶店です。

廃墟、ラピュタ、サクラダファミリア・・・いろいろな呼ばれ方をしているこの建物は、
レンガを焼くところからはじめて、セルフビルドでここまで作り上げたそう。すげー。

私もDIY好きですが・・・、これを一人でってどんだけ時間かかるねーん。
と、思い、ずっと見てみたかったんです。

 

外観の見学中に、坂を下りてきた人は!

この日は喫茶店が定休日でした。
お茶を飲んで見学をさせていただこうと思っていましたが、
勝手に入っていいものではないと思い、建物の前で記念写真を撮っていました。

 

すると、建物の坂から自転車で下りてくる人が一人!
「こんにちは」「どこから来たの?」・・・「弟がその辺に」・・・「ここ見学してくて来てみました」「私が全部作ったからね」・・・
・・・「上を見学したいのですが」「どうぞ。私が全部作ったからね」・・・
・・・「バイクで上がって写真とってもいいですか?」「どうぞ。どうぞ。私が全部作ったからね」・・・。

おー、作ったご本人とけっこういろいろ話してしまったぁ〜。
しばらく道ばたでお話していましたが、適当なところで自転車でいってしまいましたw
外観見れればいいかなと思っていたので、なんかラッキーすぎて驚きです。来た甲斐ありました!
テンション上がりまくりです。

 

坂を上って見学する

建物の前で写真を撮ってと思ってましたが、お許しいただいたので、上へバイクで上ってみます。
けっこうな坂道です。

 

現れたのは、広場と資材w

坂を上って目に飛び込んできたのは、資材とフォークリフトwリフトくらいないと動かすの大変だよねw
クルマがいい感じに置いてありましたが、それ以外の資材にどうしても目がいってしまいました^^;

 

ラピュタの世界

資材置き場以外を見回すと、レンガとツタがとてもいい感じで、まさにラピュタの世界。
建物外観はサクラダファミリアといえなくもないですが、レンガとツタ、錆びたドアなど、
個人的にはラピュタ感のがありました。バイクで天空の世界に来た感じです。
いや、ほんと、建築したご本人に会えてよかった。

 

バイクを停めてウロウロ見学

喫茶店に入れなかったのは残念ですが、自宅部分以外をウロウロ見学します。
これ、一人で作ったの・・・信じられません。
自分だったら、途中で嫌になりますね^^; ほんとすごいなぁ。

 

見そびれて居いるとこはあったようですが、一応ひととおり見学して大菩薩峠を後にしました。
そそて、途中で食材を買ってキャンプ場へ。
キャンプ場へ直接戻るか、ここへ来るか悩みましたが、ほんと来てよかった!

2018/5/3

トラブルで予定のフェリーには乗れず、上陸後も再応急処置で時間をとられ、
行ければいいなぁと思っていた所までは行けませんでした。
お疲れだし、ゆっくり休みたいので、
食材を調達して、明日走りたい道との間にあるキャンプ場へ向かうことにした四国初日でした。

 

徳島の南海部品の駐車場で、きちんと応急処置

タンクを下ろす必要もあったので、フェリーを下りて向かったのは南海部品でした(笑)
プラグコードだけを変えれる可能性は低かったのですが、変えれたらラッキーですしね。

店員さんに事情を話して、駐車場でタンクを下ろさせてもらい、プラグコードを確認。
プラグコードは、イグニッションコイルとアッセンブリということが分かりました。

ビニールテープが少なかったので、買いにいくと、ハーネステープとハサミを貸してくれました。
めっちゃ親切していただき、ありいがとうございました。

プラグコードを見ると、キャップの所に、以前はなかった亀裂がはいっています。
そして雨の中で巻いたテープを外すと、若干水がはいっていたので、完調にならなかったのはこれが原因でしょう。

イグニッションコイルを外して、お借りしたハーネステープでキレイに巻き直し。
これで雨の日も安心!

持っていたビニールテープが残り少なかったので、ハーネステープをご購入し、
いよいよツーリング本番です(笑)

 

すぐに現れた気持ちいい道

かなりいい時間になってしまっていたので、街中を後にして、近めなキャンプ場に向かいます。
国道をそれて、県道に入ると、なんだか懐かしいような気持ちのいい風景が広がります。
川に降りたくて、ちょっと脇道を通ったりしながら。

 

日本的で素朴な風景の中を走って、四国きた!と、やっと実感(笑)
バイクも快調になり、気分も盛り上がってきました!

 

ここをキャンプ地とする!(前川キャンプ場)

キャンプ場の入り口で、フェリーで会ったセロー乗りの人と再会。
「けっこう混んでますよ〜」と言うとおり、けっこう近い距離でテントを張っています・・・。

川沿いにも張れるので、どこかしらに張れないことはないですが、
セローの人と近い方が飲みが楽しそうなので、洗い場の隣りに声をかけて設営。

そして、「ここをキャンプ地とする」とつぶやく(笑)

 

夜の宴会はアヒージョで

セローの方と、そのお友達のXRの方にご一緒させてもらって、一緒にお酒を呑みます。
お料理は、それぞれが作ったのをシェアするスタイルで。

私はアヒージョ作りましたが、これが・・・やばくて、お酒がすすむw

ソロで来て、お初のバイク乗りとご飯を食べるということも、ほんと久しぶりだったので、
楽しくて、楽しくて。

いつまでも話していたい気分でしたが、
疲れもあり、キャンプ場のルールもあり、明日もあるので、遅くない時間で適当に解散。

おやすみなさい。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss