好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

道志の林道、田代〜椿線(舗装)です。

ルートラボから、KML、GPX、TCXのルートデータがダウンロードできます。
ルートラボでPC版に切り替えるとスマホでもダウンロードできます。

→ルートラボの地図へ

 

動画で見る「林道 田代〜椿線」

国道413号線(道志みち)の近くにある
ネイチャーランドオムというキャンプ場付近から、椿荘オートキャンプ場へと続いています。
時々出てくる杉林は美しいですが、見晴らしもなく単調でした。

ここを目的に走りに行く感じではありませんが、
ダート林道の「大室刺〜椿線」と「室久保線」をつないでいる舗装林道なので、
必然的に通ってしまう道でもありますね。

 

写真で見る「林道 田代〜椿線」の雰囲気

標識は田代林道のものだったので、
田代〜椿線はここからではないかもしれませんが、
まぁいいやということで林道スタート!

 

キャンプ場や地区をつなぐ道として、比較的交通量があるのだと思いますが、
鹿よけのゲートはオープンしていました。

 

時々出てくる杉林の中を走る道が気持ちいいです。
植林でまっすぐ伸びた杉、けっこう好きなんですよね。
雑木林よりもマイナスイオンを感じるのはなんででしょ?

ところどころに貼ってある熊の看板。
山梨のこの看板はちょっとかわいくて良いなー。
なんとなく熊出没注意+黄色って北海道っぽいイメージです(笑)

次の分岐まで林道があるのですが、
写真撮らずにそのまま通り過ぎちゃいました^^;

だって、普通の舗装路なんだもんw

 

→ この日走った周辺の林道はこちら

2018/11/12

首都圏では見られない素晴らしい景色を見るために遠方まで走るのは大好きなのですが、
毎回遠くへ行くのにはお金がかかるものです・・・。

今回は費用面も考えて、原付2種で身近な所に行ってみよう思いたちました。
あの辺が今どうなっているのか見てみたかったのもあります。

バイクが多く行き交う道志みちの南側、川をはさんで向こう側の林道を走りました。
どの林道も展望は望めない所は残念ですが、
新緑や紅葉などの季節感と静けさは、充分に楽しむことが出来ました。

いくつもの林道を走ったので、
まずは順を追ってサラッと行ったところを書いておきます。
(各林道の詳細は別記事にまとめられれば)

 

国道413号線 道志みちが土砂崩れ。青根まで迂回

津久井湖を抜けて道志みちを目指しますが、
台風24号の被害で道志みちが崩落しているため、青野原〜青根間が通行止めでした。

開通見込みは2019年3月らしいのですが、それまでは迂回しないと道志みち入れません。
→相模原市:国道413号の全面通行止めについて

ですので、相模湖プレジャーフォレストからK517→K76を経て青根へと抜け、
道志に向かいました。

 

「林道 大室指〜椿線」走りやすい道。遠くにエンジン音が響いていた

以前の台風の影響か、倒木などはありましたが、
路面はときたまわだちがあるくらいで、比較的フラットでした。

途中、道志みちの方が見える開けた場所があり、対岸に行き交うバイクが見えます。

道志みちと比較的近いからか、遠くにバイクの音が響き、
停車させたときに、静けさを味わえないのがちょっと残念ですが、
走るバイクを見ながら、こっちは誰もいないぞ〜という優越感にも浸れます(笑)

→詳細ページ:林道 大室指〜椿線(山梨県道志村・舗装)GPS地図データと実走動画

 

「林道 田代〜椿線」ごく普通の舗装林道。

椿荘キャンプ場とネイチャーランド オムキャンプ場を結んでるイメージで、
キャンプしている人まだまだいるなぁと思いながら、林道にはいりました。

どちらのキャンプ場も、なかなかいい雰囲気でした。
シーズンオフで人口密度が低いから、余計に良い感じなのかもしれませんが、
ちょっと来てみたいなと思うキャンプ場でした。

道路は、杉林の中を走る美しい道があったりしますが、
このあたりではよくある雰囲気で目新しさはありません^^;

→詳細ページ: 林道 田代〜椿線(山梨県道志村・舗装) GPS地図データと実走動画

 

「林道 田代〜椿線 支線」石がゴロゴロしているガレガレな道に

途中、椿沢を登っていく道に入ってみました。
支線らしく、道は荒れ気味です。
最初のうちはほどよく楽しい感じでしたが、行き止まり手前はガレガレ。

こんな道も久しぶりだなぁと突っ込んでみましたが、
最期の最期のところは、転んだらバイク傷つけそうだったので、やめておきました^^;

 

「林道 田代線」舗装林道の湿った路面でコケましたw

道志村役場の手前あたりから、道志の湯のあたりまでの単調な舗装林道です。
山の中腹を横へ移動しているだけですが、
道志の湯までくると、下界へ下りてきたぞーという気分になれます。

この林道も、昨夜降った雨で路面が濡れていて気をつけて走っていたのですが、
後輪スリップしてクルっと回ってしまいました。

ある意味、砂利よりも滑りやすい舗装林道。気をつけないといけませんね。

 

「林道 田代線 支線」山の上へ分け入る感じ

田代線からも少し脇道へそれて山に入ってみました。
ずっと横へ移動してきたので、上へぐんぐん登っていく感じが気持ち良かったです。

そして、上へ登ったら素晴らしい景色が待ち受けていればいいのですが、
バイクでは入ってはいけない感じの道になったので、引き返しました。

行き止まり付近は、
木の雰囲気が他の違ったので、ちょっとだけワクワクしましたが。

 

「林道 室久保線」ビッグオフでも楽しめそうな快適な道

道志の湯の奥へどんどん進んでいくと林道がはじまります。
道は快適で、ここなら一人でビッグオフで来ても大丈夫そうです。

林道入口付近の川でデイキャンプしている人もいました。
基本的には川沿いを走る林道なので、川にアクセス出来るところを探せば、
コンロでコーヒーを楽しめそうな所もありそうな感じです。

 

「林道 三ヶ瀬室久保線」通り抜け出来ませんが、雰囲気はいい

越路線との分岐を過ぎると、三ヶ瀬室久保線がはじまります。
道幅もあり路面もフラット。ちょっと遠くの山に来た感じがしてきました。

実際、道志みちから一番離れている場所なので、
集落に近い他の林道とは雰囲気が違うのかもしれません。

この林道は、今は通り抜けすることが出来ず、
頑丈なゲートで閉鎖されていますが、雰囲気はとても良かったので、
こっちへビッグオフで来た時にちょっとと寄り道してもいいかなと思いました。

 

「越路線」掘られたわだち多し。ジムニーパラダイスw

ビッグオフだとちょっと怖くて入れませんが、
250ccクラスまでのバイクなら、楽しめる荒れ具合なのではないでしょうか?

また途中の沢渡りも、景色的に変化があって楽しく、1.5往復しちゃいました(笑)

バイクも1台みましたが、ジムニーのグループが2組いてジムニーを10台以上見ました。
確かにジムニーだと楽しそうw

 

「林道 西沢線」沢の隣を走る感じが新鮮。

道志の森キャンプ場の奥になります。
川が近い所もあって、手軽にコーヒーが楽しめそうです。
紅葉がきれいな所もありました。

地図上では他の林道と同じくらいの距離がありそうですが、
あまりカーブがないので、すごく短く感じました。

以前は、東沢線のほうにぐるっと回れたようですが、
チェーンがかかっていて立ち入り禁止でしたので、戻ってきました。

 

「林道 東沢線〜西沢線」単調ですが、道は快適。

こちらも道志の森キャンプ場の奥から入っていきますが、
キャンプ場の敷地を抜けると、いきなり林道っぽくなります。

行き止まりまでは距離はありますが、道は単調です。
フラットで快適なので、ビッグオフでも入れそうなのは良いですね。
周回できらたほんとに楽しいのですけどね。

 

ガソリン代も700円ほどですみ、昼食や飲料を含めてもトータルの出費1500円ほど。
道の駅どうしのある道志村周辺で、これだけ遊べると思っていませんでした。

また、近場の林道を散策してみたいと思います^^

2018/7/21

優しい林道走行会に参加してきましたが、猪苗代の方に朝9時30分に集合!
夜型の私にはこれが一番難易度が高く、すでに優しくありません(笑)
がんばって早起きして出発。

 

東北道、事故で一時通行止め

朝早いので、首都高速も東北道も順調でしたが、
那須インターの手前でまさかの一時通行止め><

 

一時通行止めが解除され、集合場所へ急ぐ

下道も少し使おうかと思ってたくらいに時間に余裕があったので、
通行止め解除を待つライダーと話しながら待っていました。
そして処理がある程度終わり、通行止めが解除。目的地へ向かいます。

 

水田が美しい

時間ギリギリになってしまったので、白河中央で下り集合場所へ向かいましたが、
田んぼが気になって寄り道(笑)
バイクの上から見る田園地帯の風景が、美しくて懐かしくて。

 

ビッグオフ集団に合流

集合場所にはもうだいぶ集まっていました。またもやビッグオフが多い集団です。
なんとなく近寄りがたい雰囲気^^;

 

1本目、日山源田林道

フラットな林道で走りやすい。のんびりペースで適当に走って行きます。

 

 

1本走ると、なんとなく打ち解けます

1本目はみんなでゆっくり走りましょうという感じでした。
林道終点付近でバイクを停めて、みんなでマッタリ。

 

2本目、黒沢林道は若干荒れ気味

少し掘れた所もある林道だったので、ウデない私がペース上げたらどこかに飛んで行っちゃいますw
ゆっくり走れば、恐くて走れないほどでもなかったので助かりましたが。
XR100で走ったら面白そうな林道でした。どこでもXR100の方が楽しいか・・・w

 

2ストローク車のような煙をはくR1200GS

R1200GSの方がまず転倒・・・。何人かで起こして、エンジンをかけ走って行く姿はまさに2ストローク車w
何度かGSの転倒後のエンジン始動を見ましたが、煙すごいですw
キャブレター車だと長時間倒しておくと、エンジンなかなかかからなかったりして焦るんで、
アフツイにしろGSにしろ、エンジン始動がすぐできるのは、とってもうらやましいと毎回思います。

 

 

ナンバーを落とすが拾ってもらえた

休憩していると後続の方から、「ナンバー落ちましたよ」とナンバーを手渡されましたw
変な音がしたときがあったので、その時でしょうが・・・ぱっきり泥よけのとこが割れてましたTT
たぶんですが、ひび割れてナンバーぐらぐらして、タイヤにヒット。そして完全に割れて落ちたのではないかなぁと。

R1200GSの救出が荒いw

コケシーンが収まっていた動画のファイルがだめで、復旧できなかったのが残念ですが・・・。
一段低い溝に落ちていた時のGSの救出は、タイダウンを引っかけてみんなで綱引きw
R1200GS、またがらせてもらった時は見た目と違いすごく軽い印象なのですが、
取り回しや引き起こしは本当に重そうで、林道もソロで走ることが多い自分には無理ww
脱出後はバイクから草生えてましたwwwwwww

 

一ノ渡四ツ谷林道は通れませんでした

林道入口まで走って行ったけれど、
工事しているところで先頭が引き返したので、入れなかったようです。
そして暗くなる前に黒沢林道を戻ることに。みんな好きねぇ・・・^^;

 

黒沢林道再び

なんとなく2度目となると、路面状況が分かっているので、1回目の走行よりはラクに感じます。
少し掘れているとこや水たまりも、オフタイヤなので滑らないのも良かった。

 

解散後に夕焼けの田んぼで一人撮影会

林道を出たところで解散。私は高速道路へ向かいます。
途中、夕焼けと田んぼが美しく、一人で撮影会開始!

 

ちょっと走ったら、いい感じの道があったので、そこでも撮影!
でもすぐ暗くなっちゃって、この2枚しか撮れなくて残念。
時間もう少しあったら、猪苗代湖のほうも行ってみたかったのだけれど。

今日の走行730km。無事に帰宅。

白川中央SICから東北道に乗りますが、那須高原でご飯を食べたらあまりの眠さです。
少し走ってみたのですが、危なそうなのでPAにすぐ入り、ベンチでぐっすり仮眠。
目覚めてからがんばって走りましたが、家に着いた時は日が変わっていました><
帰宅時の走行は730km。あそこまで行ったのでそんくらいにはなるよね^^;

2018/6/30sat

土曜日の昼間の時間があいたので、伊豆ツーリングに参加してきました。
走る所はフラット林道なので、今のタイヤでも問題ないのですが、
雨が降るとマディになる林道なので、天気だけは気にしていました(笑)
このところずっと雨降ってないし、当日も晴れ予報!これならダイジョブ イケルイケルw
集合場所の伊豆の天城に向かいます。

 

雨降ってきた・・・

御殿場を超え沼津方面へ向かうと、あ、雨が・・・・(汗)
カッパを着るほどではないですが、伊豆方面も朝に少し降ったようで路面が濡れています・・・(汗)
あの林道・・・大丈夫だろうかw

 

狩野川

早く着きそうなので、有料には乗らずに長岡や修善寺のあたりを流れている狩野川の景色を眺めながら走ります。
この川がいつもとても綺麗に見えるのですが、バイクやクルマだとなかなか思った所へいけないので、
一度自転車で走ってみたいところです。

 

集合場所で合流

早くついてしまいましたが、3人ほど来ていました。
早めに来ていた人達と話していると、主催者の方も登場〜。

 

配線が・・・

主催者の方のアフリカツインの配線が切れていましたw
マフラーに付いている排ガスのセンサーから伸びる配線のカプラが割れて外れてました。
配線してテープで留めて修理完了しましたが、イマドキのバイクはいろんなもの付いてますねぇ・・・。
再度自分のバイクの古さを確認w

 

参加者のタイヤはオフロード寄り

ちなみに、私と初参加の人以外、ほとんどがオフロード寄りなタイヤです(笑)
違いは下記の写真の通り。私が履いているSIRRACはツーリングにはとてもいいタイヤで気に入っています。
ロングライフでオンロードのグリップはとてもよく、見た目以上にオフロードもいけます。
ただ、いきなりヌカルミが出てくると、フロントが滑っていっておそろしいのです・・・。
なので、今日の天気だけは気にしてましたが・・・w

 

 

手始めに短い砂利道を走る

1本目、2本目は、普通の砂利道です。
みんなでのんびり走って行き止まりでちょっと休憩、みたいな感じで終了。

 

お食事どころに到着

舗装路を移動してお食事処に行き、駐車場に綺麗に並べたビッグオフ。
こんだけのアフリカツインみたのは初めてですw

 

主催者おすすめのミックスフライ定食にしました。
海鮮のフライでなかなか美味しかったです

 

林道上池線

泥にあまり強くないタイヤなので、ちょっと悩みましたが、ゆっくり走る方針で行くことにしました。
歳くってるだけあって、マスツーリングで気持ち的に頑張らなくてすむ最後尾付近のポジションをゲットする技術と、
前の人についていかない・後ろの人を気にしない技術だけはありますww
調子乗って直線でスピードをあげると、泥がきたとき怖いので、余裕を持ったスピードを意識して。

 

ぬかるみがある林道を走った後はこの有様。
フロントが一気に滑ってヤバイ感じの泥ではなかったのが幸いして、なんとか大丈夫でした。

 

林道土肥中央線

そのまま舗装路を移動して土肥中央線へ。
こっちも多少ぬかるんでるとこあったので、最後尾付近をまったりと走りました。

 

5本目と6本目の林道は行きませんでした

土肥中央線の後に休憩になりましたが、私は夜に用事あったので、残りの短い林道2本は行かずに離脱。
ここでみなさんとお別れして帰宅。楽しいツーリングになりました。

 

マフラーボルト脱落してた

帰って泥を落としてるときに気づきましたが、マフラーを止めているボルトない〜。
次のツーリングまでにボルト買って止めておかないと。

 

やはり、オフタイヤは欲しいなぁ(ボソッ)

山梨の野原林道と安寺沢林道のぶつかったところにある、
厳道峠「がんどうとうげ」(読めない^^;)

交通量の多い道志みちから脇にそれ、漢字のイメージ通りの厳しい登り坂を上っていく。
少し道志みちをはずれるだけで、ほとんどクルマを見かけない山の中の静かな空間へ。

厳しい上り坂を上った所の峠にたどり着くと、山々の間から顔を出した富士山が迎えてくれる。
登山したときに見れるような、山なみと富士山の絶景スポット。

こんどは、夕方から夜にかけてじっくり眺めてみてみたい。

20171223-DSCF2435

山はすっかり路面凍結が怖い時期ですが、それでも山へ行ってみたく、
ゆっくりめに出発して、近場である道志や秋山方面に散歩に行ってみることにしました。

普段はまっすぐ津久井を通って道志みちに向かってしまいますが、
今日は愛川町を抜けていきます。

このあたりの相模川や中津川はとてもいい雰囲気なので、河原で休憩しながらのんびりと走っていきます。
いずれ1日かけて細かく回ってみたいところです。

自転車では走ったことのある、愛川町のつづら折りの道も走ってみました。
いちおうクルマが通った形跡はありますが、
コーナーもかなり急で、クルマだとちょっと走りたくない細さ^^;

20171223-DSCF2244 20171223-DSCF2278 20171223-DSCF2260

 

つづら折りの走行動画も撮ってみました。
買ったばかりのモトクロスブーツに慣れてないのでシフトが少しぎこちないです笑

宮が瀬には志田峠を抜けていきます。
まだ一応ダート区間も残っていましたが、かなり走りやすい状態に。しかし短いwww
こちらもシフトがぎこちないww

のんびりしすぎたので宮が瀬はパスして、野原林道を通り厳道峠へ向かしました。
厳道峠で綺麗な富士山をしばらく眺め、安寺沢林道、金波美林道、神野粟谷線をつなぎ県道35号へ。
R35手前の粟谷林道はゲートがしまってて通行止めでした。
どこかで途中間違えて入ってしまった道というか工事用道路?がいい雰囲気でしたw

20171223-DSCF2298 20171223-DSCF2304 20171223-DSCF2320

 

県道35号から大地峠線へ。キャンプ場の脇を通り森の中へ入っていきます。
調べた情報だと舗装のピストン林道となっていまいたが、
途中からダート区間が出現して東富士南林道へ抜けれるようになっていました。
砂利道の道幅が広かったし、きっと舗装化してしまうんでしょうね。

砂利道区間があったので、いったん戻って動画とってみましたが、
マウントがイマイチだったので・・・、動画もイマイチ(笑)
もうちょっとダートが走りたくて、
戻っていってる時に写真を撮っていったので順番が逆になってます^^;

20171223-DSCF2339 20171223-DSCF2354 20171223-DSCF2371

 

そのまま東富士南林道から東富士北林道へ。
そろそろ時間的に帰らないと道路凍りそうでしたが、
物足りないのでちょっと脇道も散策したらガレ場が出てきてきました。
パニアを装着していたのでちょっと躊躇しましたが、見ていたら坂の上までは行ってみたくなり(笑)
ちょっとガレ場を走ってみました。

本当に道路凍ったらいやなので、暗くなる前に戻ります。
都留の方を回って帰るつもりでしたが時間がたりないので、
ところどころにまかれている凍結防止剤にビビりながら再び厳道峠へ向かって走ります。
厳道峠でもっともっと焼けていく空を見たいところですが、暗くなると怖いので帰路へ。

20171223-DSCF2395 20171223-DSCF2435-2 20171223-DSCF2465

 

この日走ったところは、いつも通過していってしまうような所でしたが、
散策してみるととても楽しく走りごたえがありました。
愛川近辺の相模川や中津川は冬でも走れると思うので、またお散歩しにいこうと思います。