好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

海外に自分のバイクを持って行き、ツーリングするとき、
「カルネ」という書類を使うことによって、
バイクを持ち込んだ後、国外へ持ち出すことを条件に免税で一時輸入することができます。

 

クルマやバイクの場合、JAFでカルネを作り、
国際ナンバープレートとJマークを装着し、カルネを使って海外へ輸出するわけです。

 

そのバイクに装着するナンバープレート、
陸運局管轄のバイクに関して(125ccを超えるバイク)は、
国際ナンバーの番号は、現在ついているナンバーと同じものの英語表記のもになります。

たとえば 「横浜 と 1318」だと、「KNY TO 1318」 という具合に。
KNYは神奈川横浜の略みたいです。

陸運局の管轄ではない原付・原付二種のナンバーも、陸運局で申請しますが、
陸運局が登録してくれた番号は、あまりに長過ぎて、
ナンバープレート制作業者から、文字が多すぎて作れません!と言われました(笑)

結局、JAFと陸運局で話していただくことになるわけですが、
原付・原付二種は、管轄の場所表記の後は、
申請順の通し番号でやっている場合が多いということもあり、
最終的に「KNY 1」という登録番号になりました。

しかしこの「KNY1」という番号、
オーストラリアを原付二種で同じ番号で走ってきた人を知っておりました(笑)

紙ベースでしか記録がなかったでしょうし、申請も少なかったので仕方ないと思いますが、
同じ番号になってしまったのです^^;

彼はもう帰国していますし、問題はまったく起きないと思いましたが、
あまりのお粗末さに大爆笑。

同じ番号を持っていたK氏に連絡を取り、同じ番号の国際ナンバーをつけ2台で記念写真となりました^^
国際ナンバーで日本を走ることは出来ないので、走ってはいませんよ笑

 

この「KNY1」というナンバー、なんだか嘘くさく見えませんか?
この嘘くささのおかげで、
普通に走っているだけで何度も警察に停められ、「このナンバーは偽物だ!」とまで言われる始末。
楽しい経験が出来たました(笑)

Honda XLV750 July,1994
<Australia>

ウエスタンオーストラリア、ウェーブロックの近くの塩湖の一つだと思います。
きちんと記録をしていないので湖の名称も分かりませんが、たぶん有名な所ではありませんw

パースから南下したこの一帯には、
大小さまざまな塩湖が、いくつもあったような記憶があります。

塩湖といっても、砂の上に白いものが乗って混ざってるいる感じの部分も多く、
「おお!塩だ!白い!」という感動はありますが、
ずっと見ていたい美しい風景というような感じではありませんでした。

写真でよくみる、ウニユ塩湖と比較してはいけません(笑)

たいていはだれかの土地なのか、柵があったりして中にははいれないのですが、
その中でタイヤの轍も何本もあり、自動車が走った跡がある塩湖がありました。

白い世界に突入です。

突入したはいいけれど、誰もいない湖を750ccという重たいバイクで、
奧へいってぬかるんでいたら取り返しがつきません。

つらい光景が目に浮かびます・・・。
無茶出来る人がちょっとだけうらやましい瞬間(笑)

ひとしきり安全なところで遊びます。

走れば、砂が混じってちょっと残念なのですが、
それでも白い塩の上を走ることは、楽しい出来事の一つでした。

後々、オートバイ雑誌のウニユ塩湖の写真を見て思います。
いつかはウニユ塩湖を走ってみたい。

そんな思いを持ってからだいぶ時間がたちますが、なかなか遠くて(笑)
バイクでなくてもいい・・・いつかは。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss