好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

VIGORE専用のライトとして、何かひとつ付けておきたかったので、
どんなものがいいか検討しました。

暗いところを走るときは、明るいライトを取り付けて対応するので、
車体に付けっぱなしにしておくライトは、見た目優先で探しました。

 

アルミCNCの砲弾形ライト、Bullet Lighting

イメージ的には今風のものよりは、ランドナーイメージのものにしてみたいという理由で、
砲弾形のライトを物色。

砲弾形ライトはすぐにヒットするのですが、どうも大きさが大きそうなものが多く、
ちょっとやり過ぎに感じになりそうで、躊躇していたところに見つけたのが、
ブレーキの部分に取り付け可能がステーがついた、砲弾形ライトでした。

大好きなテイストの、アルミCNC。USB充電式です。
乾電池式の方が困らないのでしょうが、
乾電池式の砲弾形とくらべて、充電式でコンパクトに出来ているので、とてもスタイリッシュです。

取り付けは、バンドをはずして、ステーとライトを取り付ければOKなのですが、
ビゴーレのヘッドパーツがもっこり出っ張っているので、あたっちゃったので、
やや取り付けを工夫しました。

光る部分のレンズ自体がスイッチになっているのが、今っぽいですね。
前側部分を外すと、充電が可能のようです(まだやってないですが)

明るさ自体は強烈に明るいということはありません。
夜に暗い所は走るには、明るいライトをハンドルに取り付けたほうが良さそうです

街乗りで普段使うのなら問題ないでしょう。
点灯、点滅、どちらもできるので、
点滅であればそこそこバッテリーも持つのかなと思います。

ライトがデザインの一部になっているの感じもいい感じですね。

ついに試走です。

見頃が、やや過ぎちゃってるのですが、
鶴見川の小机付近にある河津桜を見に行くことにしました。

ここはほぼ通勤路。対岸から日々みているところです。
ひとりで行っても目新しさがないので、
ご近所のお友達に連絡を入れ、一緒にご近所の河津桜を見物に行くことにしました。

集合場所まで軽く漕いでいきますが、アルテハブ+DTホールは良く転がります。
通勤用オンボロホイールとは雲泥の差w ひさびさのロードの感触です。

バーエンドシフターもいい感じにカチャカチャ決まります。
手をあまり動かさなくていいところにシフターがあるので、変速もラクチンです。

この位置のバーエンドシフター、難があるとすれば、
ハンドルをめいっぱい切ると、
シフトの位置によってフレームに当たることでしょうか・・・。

シフターにゴムみたいのがついているので、ひどいキズは付かないと思いますが、
コケたときにフレーム凹んだりとか、ちょっと恐いのは事実です><

ブレーキもたて握りだからかけやすくてとても良いです。
ハンドル幅はちょっと広く感じるので、しばらくしたらツメてもいいかもしれません。
真ん中で分割できるハンドルなので、カットが自在。そんなことも出来るんです。

早くついてしまったので、
集合場所のすぐ近くにある河津桜で、ひとりで撮影会。

時間になり集合場所へ行くと、お友達はcanondaleのアルミロードに乗ってきました。
折りたたみとツーリング車も持っているのですが、
canondaleのアルミ、かっちょいいですわ〜。

せっかくなので、2台並べて撮ってみました。
VIGOREに取り付けたパーツは、やや今っぽいと思っていましたが、
イマドキなロードバイクと並べてみると、レトロ感は充分ありますねw

桜の下でしばらく雑談して、明るいうちに帰路へ。
帰りもマッタリしたペースで、おしゃべりしながら帰ってきました。

今度は、もうちょっと遠出してみたいです♪

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss