好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

私は、スギ、ヒノキに限らず、ブタクサ、黄砂、ハウスダストなど、
花粉症がとてもひどく、抗ヒスタミン剤、ステロイド点鼻薬などを使用しています。

しかし、春の花粉症シーズンなどは、一日外を自転車で走ってしまうと、
鼻がつまり、炎症を起こし、翌日に副鼻腔炎確定・・・。
短時間の通勤以外の自転車はとても厳しく、自転車に乗ることを避けていました。

 

私の顔にフィットしないスポーツマスク

友達に誘われれば、走りに行きたいですから、
RESPROなどのフィルター交換式のスポーツマスクを、いろいろ試しました。
しかし、どれもこれも、顔の形にあわない。フィットしないので違和感がものすごかった。フィルターも割と高かったり、布製の本体なのでマスク内がかなり暑かったり、
湿気でほっぺのとこがはりついてしまうのもダメな所でした。

 

3Mの排気弁付きN95マスクを検討

今年も花粉シーズンにサイクリングに誘われたこともあり、いろいろと探してみました。
そしてまず目にとまったのが3Mの排気弁付きマスク。

(AMAZON)

センターに排気弁と3Mの大きなロゴw
他のスポーツマスクと比較して一日つけていられるという人がいたので、
かなりこれを試してみることに傾きましたが、
3Mの主張が大きいのと、ややゴツく見えたので、他を探すことにしました。

 

山本光学の排気弁付きN95マスク

そして見つけたのが、山本光学の製品。
排気弁は右側にひとつ。マスク形状は超立体マスク的な感じです。
立体マスクよりも飛び出してい感じですが、
ゴツすぎることもなく、割と普通のマスクに見えるのがポイント高いです。

(AMAZON)

これは割と良いかもしれないと20枚入りを購入。

 

使い捨てで衛生的。個別包装が自転車用には便利です

箱をあけてみると、1枚1枚個別に包装されたマスクが入っています。
普段の花粉マスクは、しょっちゅう使うものなので、
個別包装になっていない方が好きですが、
自転車用でたまに使うことを考えると、個別包装はとても使いやすい。

また、使わなくても平気かなという時に、かばんに1つ忍ばせておいたり、
不快になってきたときのために、予備を1つ入れておいたりということもできます。

フィルター交換式のスポーツマスクと違って、
使い終わったらそのまま捨てられるのも気軽です。

 

1日装着して走れるマスク。とてもいい感じです

装着するとこんな感じです。

鼻回りも顔にフィットするので、不快な感じはありません。
装着感はいつものマスクを付けた感じ。
ゴムの長さも調整出来るので、痛くなることもありませんでした。

排気弁はちゃんとしっかり機能しました。
そこそこペースを上げた時も呼吸は楽でした。

マスク形状が立体で、しっかり形を保持するので、
通常の花粉マスクや、
resproマスクの頬の部分が湿気ではりついて不快ということもありません。

鼻の上あたりからも多少は空気は抜けるので、サングラスは多少曇る感じでしたので、
サングラスはちょっとしかしなかったのですが、
眼鏡を使っている人は、眼鏡側で曇り対策は必要かもしれませんが。

丸1日このマスクをして走りましたが、形状も変わらず保持してくれて、
快適なまま1日が終了。

白いので、1日走ると汚れは目立ってきますが、
そのままゴミ箱へぽいできてラクチンです。

翌日も副鼻腔炎にはならず、のどがおかしくなることもなく、
いいもの見つけました。

ついに試走です。

見頃が、やや過ぎちゃってるのですが、
鶴見川の小机付近にある河津桜を見に行くことにしました。

ここはほぼ通勤路。対岸から日々みているところです。
ひとりで行っても目新しさがないので、
ご近所のお友達に連絡を入れ、一緒にご近所の河津桜を見物に行くことにしました。

集合場所まで軽く漕いでいきますが、アルテハブ+DTホールは良く転がります。
通勤用オンボロホイールとは雲泥の差w ひさびさのロードの感触です。

バーエンドシフターもいい感じにカチャカチャ決まります。
手をあまり動かさなくていいところにシフターがあるので、変速もラクチンです。

この位置のバーエンドシフター、難があるとすれば、
ハンドルをめいっぱい切ると、
シフトの位置によってフレームに当たることでしょうか・・・。

シフターにゴムみたいのがついているので、ひどいキズは付かないと思いますが、
コケたときにフレーム凹んだりとか、ちょっと恐いのは事実です><

ブレーキもたて握りだからかけやすくてとても良いです。
ハンドル幅はちょっと広く感じるので、しばらくしたらツメてもいいかもしれません。
真ん中で分割できるハンドルなので、カットが自在。そんなことも出来るんです。

早くついてしまったので、
集合場所のすぐ近くにある河津桜で、ひとりで撮影会。

時間になり集合場所へ行くと、お友達はcanondaleのアルミロードに乗ってきました。
折りたたみとツーリング車も持っているのですが、
canondaleのアルミ、かっちょいいですわ〜。

せっかくなので、2台並べて撮ってみました。
VIGOREに取り付けたパーツは、やや今っぽいと思っていましたが、
イマドキなロードバイクと並べてみると、レトロ感は充分ありますねw

桜の下でしばらく雑談して、明るいうちに帰路へ。
帰りもマッタリしたペースで、おしゃべりしながら帰ってきました。

今度は、もうちょっと遠出してみたいです♪

ワイヤーを通し、チェーンをつけ、走れるようになりました。
ライトを付けていないとか、サイコン動かないとか、防犯登録がまだとか、
ちょこちょこやらなければいけない所はありますが。

乗った感じはかなりいい感じです。
完成時の重量も計ってはいませんが、持った感じは十分軽いです。

ポジションは、
きつくもなく、上りで力がはいらない感じでもなく、いい感じです。
サドルも違和感なく普通でした。

ハンドル幅を少しつめてもいいかなとは思いましたが、
切ると戻せないので、それは100km単位で走ってからまた考えたいと思います。

 

フレームに保護シールをはる

最終的には、どうでもよくなるのですが、まだフレームが綺麗なため、
チェーンステーとヘッドチューブのワイヤーが当たる部分に保護シールをはりました。

 

チェーン装着

チェーンのコマをカットして、チェーンを装着しました。
チェーンはシマノ純正10S用。
ティアグラでも11速時代ですが、装着したコンポは古めなので10速です。

 

ワイヤリング

足りなかったMTBブレーキケーブルを購入して、ブレーキとシフトのワイヤーを通しました。
調整は以前されてたので、ほぼ調整なしにそのまま使えました。

 

ちょこっと家の前を走って、特に問題なさそうなので、
試走にいってみましょうか!

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss