好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

足りなかった細かいパーツを買い足して、ほぼ部品はそろいました。

Fディレーラーは、以前つかっていたデュラエース

以前のっていたカレラにつけていたものですが、バンドの径が違いました。
カレラフレームは34.8mmと一番太いタイプで、VIGOREは28.6mmという細いタイプ。
他の自分の自転車は、31.8mmですので、どちらにしろ、取り外して流用することもできません。

最近のディレーラーは、31.8mmのバンドタイプに28.6mmのアダプターがついているようで、
どちらにしろアダプターを付けるなら・・・ということで、
34.8→28.6mmのアダプターを探してみたら、ありました。

新品ディレーラーとアダプターを比較して、数百円で買えるアダプターをポチ。
付けてみても、あまり違和感はなかったので、とりあえずこれでいってみます。

Rディレーラーは写真撮ってないですが、以前つかっていた105を取り付けてあります。

 

サドルは、リーズナブルなVELOで、クラシックイメージなものに

クロモリツーリング車イメージでいえば、お約束のブルックスの革サドルです。
自分の自転車も、あんなイメージにしたいにはしたいです。

でも、けっこう革サドル、固い日々がずっと続くみたいですし、
そこまでクラシックな感じでなくてもいいかな〜とも思います。
高めですしねw

色は茶色限定で探してみます。庶民の味方VELOのサドルがありました。
普通っぽくていい感じです。

座り心地もたぶん普通でしょうから、
ノンビリサイクリングする私には良さそうです。

 

ペダルは以前使っていた、PD-A520

BD-1に使っていた、片面フラット、片面ビンディング、のペダルです。

フラットの方が下を向いてしまうようになっているので、
乗ってからちょっとペダルを回す作業が必要なのですが、
普段は普通の靴で乗り、遠出するときはSPDシューズをはくので、コレを付けることにしました。

錆びているのはご愛敬です。

 

その他、バーテープやケーブル、アウターケーブル、チェーンも買ってあるので、
時間とやる気だけですね(笑)

スターファングルナットを打ち込んでいなかったので、ハンドルはまだ仮組だったのですが、
使う機会がほぼないのだろうなぁと思いつつも、高価なものではなかったので買ってしまいました。

 

アンカーナットセッターをご購入

使用する機会がまずないので、リーズナブルなGIZA PRODUCTSのものにしました。
この価格なら、たとえ使うのが1回でも、ツールを自作するより良いきがします。

サイズは、1インチ用(25.4mm)と1-1/8(28.6mm)がありました。

VIGOREクロモリレーサーは、1インチのコラムです。
説明を読むと1インチは1インチのを使ってくださいと書いてありますが、1-1/8インチのものを購入しました。

シムをかませば使えると思ったこと、他の自転車にももし使うことがあったら、
最近のトレンドである1-1/8のほうが、まだ使用機会があるかもしれないということで。

 

スターファングルナットをセットして打ち込む

コラムと筒のサイズが違うので、変換シムをつけたままコラムの外側に筒をセットします。
スターファングルナットもコラムの上にセット。

そして打ち込みです。
上に押し込み用の機械をセットして、トンカチで叩いて押し込めば終了。
さすが専用の工具だけあってあっけないです^^;

アンカーナットセッターをはずせば、
ちゃんといい位置にスターファングルナットがセットされていました。
ハンドルをきちんと取り付けすることが出来るようになりました^^

まだサドルはどうしようかまだ悩んでいますが、
部品のあったブレーキとシートポストを取り付けたら、
いよいよ自転車らしい姿になってきました。

 

シートポストはNITTO S65に

たぶん定番的な商品なので見た目は普通ですが、なかなかキレイです。
NITTOってのがなんとなく渋く感じます^^

 

ブレーキはBR-6600アルテグラに

フロント・リア共に、カレラに付けていた時のナットの長さのままでフィットしました。
違うサイズのナットを探す手間がなくて助かりました^^;

それなりに長いこと使用していたブレーキですが、傷が付きにくい部分だからか、
拭いたらかなりキレイになったので良かったです^^

 

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss