好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

左がGIVI E36、36リッター。右がGIVI E21、21リッターのパニアです。
高さももちろん違いますが、幅が大きく違います。

カナダへ行った時は36リッターで行きましたが、日本では幅があって気を使うので、
XR100でも使えそうな大きさが手頃な21リッターのものを買いました。

先日、E21を両側に付けて走った感じですが、幅をあまり感じませんでした。
すり抜けしようと思うとどうか分かりませんが、E36と比べれば普通に運転できる感じです。

ちなみに、E22にしなかったのは、E21のうちの古めのバイクに合いそうなデザインと、
PP製なところも良かったので。

使い勝手も悪くなさそうで、
日本を旅するなら、このくらいのバッグで充分だと思って買いましたが、
どのくらい入るのか、ちょっと検証してみました。

 

E21にテントを入れてみる

私のテントは、2人用のヨーレイカというメーカーのテントですが、いちおう入りました。
フタの部分が少し盛り上がっているので、
コンロ、コッヘルくらいなら、まだ入りそうな感じです。

 

E21にシュラフとマットを入れてみる

シュラフは、羽毛のものです。天山といういまはなきブランドですが、
大きさ的には、モンベルのダウンハガー#3と同じくらいです。
マットは180cmのサーマレストのインフレータブルマット。
タテにいれると横があくので、細かいものがまだ入りそうです。

 

ちなみにE36に入れてみる

テント、マット、シュラフ、全部余裕で入っちゃいますw

 

テントをシート上に出してしまえば、長期でもいけそうです

トップボックスにもいろいろ入れられるので、
この装備でも1〜2泊くらいなら、全部E21のバッグの中に入れられそうです。

3泊以上や、焚き火台を持って行きたいとかなっても、
テントを外に出すくらいで対応できそうです。

E36で車幅気にして走るより、E21でテントを外に出したほうが幸せですねw

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss