好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

そもそもは、キャブOH後にスロット全閉で急制動するとエンジンがストールするようになりました。
規定値に回しておいたつもりですが、もしかしたら間違えて余分に回していたりしたのかもしれません。

エアスクリューを調整すれば解決するのですが、キャブを車体に取り付けてしまった後では、
KLR650は、キャブ調整用のワイヤー式のドライバーはもちろん、薄いL型のドライバーでも入らないスペースなのです。
(写真で見るイメージより隙間ありません)

 

それほどシビアなエンジンでもないので、
戻す回転数を間違えているとすれば、規定値付近までまわし直せばたぶん直るのですが、
キャブを外して回し直すのも面倒、なんとかスペースに入る薄い工具を作るのも面倒です。

そんな面倒でイヤだなぁと思っていたところに、
ハーレーのCVキャブ用に手で回せるエアスクリューが出ていることを教えてもらいました。
キャブをもう一度外すなら、エンジンをかけながら微調整出来るようにしたい!

 

エアスクリューキットご購入

海外では何社からかスクリューが出ていましたが、日本のサイトから買えるのは2つほどみたいでした。
いちおうKLR650用をうたっていて、値段も若干安かった、
「YOST PERFORMANCE ヨストパフォーマンス SCREW IDLE MIX CV CARB」をご購入。

買う人も居ないと思いますが(笑)いちおう貼っておきます。

 

キットの内容物

キットには、スクリュー、ガスケット、バネに加え、
スクリューを隠している蓋をはずすためのボルトも入っていました。

 

キャブ取り外し

部品も来たので、キャブを取り外しますが、クラッシュバーが邪魔なのです・・・。
これいちいち外さないとキャブにアクセス出来ません・・・
ま、キャブは頻繁に外すところではないので、いいのですが・・・。

 

スクリューをインストール

キャブのスクリューを蓋しているプラグは外してあるので、普通にスクリューを交換するだけです。

 

ノーマルのスクリューを外して、新しいスクリューに交換。

 

キャブ取り付け

インストールしたら、車体にキャブを戻します。
相変わらず、キャブを車体に装着するときのコツが分かりませんが、無事に収まりました。

マフラーやエンジンの熱があつそうではありますが、
エンジンをかけながら手で調整ようになったので、
オイル交換時にちょこっとエア調整とかも出来るようになりました。

スムーズにローターボルトが取れたリアでしたが、フロントは苦戦しました。
最終的に、ボルト全部なめました(笑)

 

ヒートガンで熱して、インパクトで一気に回すが、回らない

ラスペネもして、リアと同様の作業で、
インパクトドライバーで一気に回しますが、ボルトはビクともしない・・・・。
なめてしまいそうなので、別のボルトを試しますが、それも全く回りません・・・。
順番に試してみますが、全てのボルトが回りません・・・(汗)

 

回し続けて1つ目をなめ、別のところも回し続けて2つめもなめる

なめそうな感じでしたが、回ればラッキーとばかりに、
なめるまでインパクトし続けてみましたが、回りませんw

 

タガネや貫通ドライバーで叩いてみるが、当然まわりません

エアインパクトで無理だったので、タガネでやってみましたが、金属が切れていくだけ・・・(汗)
ビクともしないので、あきらめました・・・。

 

さらにダメもと。ボルトに溝をいれて回しますが、まわりません

ボルトを十字に切って、マイナスのビットでやってみましたが、
当たり前のように回りませんでしたw

 

ボルトの頭を落として、ローターを外す方針に

ボルトの頭を落とすのは素人的には勇気がいるので、
なんとかなれば・・・とやっていましたが、あきらめました。
全部回らなかった時点で、ローター自体がおかしいのでは?と思っていたので、
とにかくディスクローター外す方針に
全部のボルトを、10mmくらいの太めのドリルで削りました。

 

ディスクローターがはずれる

ボルトの頭を落とし、ローターを外しますが、後ろからけっこう叩いてあげないと外れませんでした。
やっぱりなんか変だったようです。

 

ツイストソケットの出番です

ディスクローターの分だけ出っ張りがあるので、
なめたボルトやナットをはずす工具のツイストソケットを使うことにしました。

ボルトに合わせてみると、10mmでいけそうです。

 

再度、ラスペネ、ヒートガンで熱して、インパクトでまわすとあっけなくw

頭を落としたボルトにツイストソケットをのせ、トンカチで叩き込み、エアツールで回します

ボルト、あっけなく取れました・・・・。

 

2本目〜9本目も順調に外せました

同様に2本目から9本目まで回しますが、どれもスムーズに取れましたw
ボルトの錆びもありますが、やっぱりブレーキローターが悪かったんでしょうねぇ・・・・。

 

ツイストソケットで外れなかったら、マイナスに溝を切ってやるはずでしたが、
この時点で外れなかったり、ボルトが折れたりすると、プロにお願いするしかなくなるので、
どにかく外れてよかったです。

サイドスタンドの設置面積を大きくしておかないと、
砂やフカフカの土などで、サイドスタンドが沈み、そのままバイクがゴロン・・・。
昨年車検を取ってから、すでに1回やってしまいました。

設置面積がノーマルの場合は、
石を置いてスタンドを乗せたり、ダートでの駐輪にはとても気を使うのです。

設置面積を拡大するのに、他車種ではヘプコ&デッカーとかのキットが割とメジャーなようですが、
KLR650Aのものはありません。さて・・・。

 

溶接にする?キットにする?

XR100でやった時のに鉄板を溶接してしまうのが、シンプルで簡単な気もします。
↓鉄板を溶接したXR100のサイドスタンド

この仕様でも全然よかったのですが、溶接を頼むのも面倒です・・・。

何か海外ならあるだろう、と海外で検索したらKLR650用を発見。
そのショップで他にもちょっと欲しいものもあったので、それを購入しました。

 

サイドスタンドパッドのキットはJNS Engineering製

ホームページを見てみると、
XR650L、DR650,KLX250S、KLR650A・B、KLR650Eの、side stand pad のキットがあるようです。
日本でコレ必要な人は、あまりいないと思いますが一応URL。直接ネット通販できます。

http://www.jnsengineering.com/

 

くぼみをスタンドにはめてビスでとめるタイプです

メジャーなヘプコ&デッカーのものは、加工がいらないのが良いところですが、
JNS Engineering製は、サイドスタンドの底面のくぼみにパッドをはめて、ビスでとめるような構造になっています。
サイドスタンドの穴開け加工が必要という、いかにもアメリカっぽい作りですw

 

サイドスタンドの底面が減りまくっている(笑)

サイドスタンドの底面に凸部をはめるといいましたが、サイドスタンドが減っていました(笑)
キッチリはまるのでしょうが、隙間が出来て浮いちゃう・・・。
一応、ちゃんと固定は出来そうなくらいの引っかかりはあったので助かった^^;

 

ドリルで穴開け加工

スタンドパッドの穴の位置に合わせて、ドリルで穴開けです。

細めので開けてから、ネジの太さで穴を拡大しました。

 

ビスで止めれば完成

ビスで止めれば完成です。
スタンドがすり減ってる車体側にと隙間が出来ちゃっってますが、しっかりと固定はできています。

ビスの頭の出っ張りが気になるので、もう5mmほど短いのに変えてもいいかもしれませんね。
でも、すぐ気にならなくなるのでしょうがww

これで気を使わずにどこでも停めることが出来るようになりました。
駐輪時の不意の転倒が少なくなるのはありがたいですね。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss