好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/5/2

はじめてソロで長期のバイクツーリングに出かけたのが約30年ほど前で、
姫路まで下道を夜通し走って四国行きのフェリーに乗って、約2週間の間、四国と九州をバイクで走りました。
その頃を思い出すような、何泊かする長距離ツーリングは、15年ぶりくらいな気がします

10年間ガレージに眠ってたKLR650を修理し、バイクリターンして8ヶ月。
その間に、千葉や山梨くらいまでしか走っていませんw

「本当に大丈夫だろうか?」という、
はじめてロングに行くドキドキした気持ちを持ちながら、四国へ向けて出発です。

 

雨の中を出発

強い風雨の予報の中、ガソリンを満タンにして、夜の21時30分に雨の中を出発です。
20:00出発目標だったのに、バタついて全然でれなかったTT

 

足柄サービスエリアはガラ〜ン

道路が空いていて快調ならば、和歌山発5:35にもしかしたら間に合うかもと思っていましたが、
残念ながら途中かなり渋滞していました。
足柄SA到着したときは、5:35のフェリーは諦め、8:00のフェリーに目標を変えました。

 

由比PAでまさかのタンクを下ろして応急処置

次の休憩は牧之原と決め、雨の中を快調に走っていましたが、
富士PAを過ぎた頃、ゴーグル越しに太い雨粒が迫ってくるようになりました。

そして・・「ブルルルルルル・・・」。
エンジン停止し、低速になりエンジン点火。

「リークだ!」
以前、クルマで起きたことがあるので、ピンときました。

そしてエンジン停止(汗)
富士川SAは通りすぎたばかりです・・・。

幸い、KLRのプラグ位置が高いからか、
雨が普通ならば80km弱なら走っても失火してもなんとか復活しますが、
本当に横殴りの雨だと、スピードをかなり落とさないと失火を繰り返します・・・・。

雨の様子を見ながら、速度調整するなどして、だましだまし由比PAに到着。

このままだと危険すぎて走れないので、
雨がやむまで待って引き返すことも頭をよぎりますが、応急処理して走ることにしました。

タンクを外して応急処置開始です。
屋根があるのが幸いでしたが、雨が微妙にかかる中、タンクを外しプラグコード

へアクセスします。夜でちゃんと見えないので、怪しそうなところをビニールテープで補修しますが、
雨がかかるからか、手が微妙にぬれるからか、うまくテープがつきません。
なんとなく巻いて、ずれないようにガムテで押さえておくことにしました。

これで朝8:00のフェリーも消えました(笑)

 

快調ではないが、エンジンは復活

タンクを戻し出発です。
雨が強くなっても、エンジンストールはしません。
一瞬ストールすることはあるのですが、ほんとに一瞬なので気のせいくらいの感じです。
大丈夫そうなのでホッとしましたが、雨が強くなるとドキドキして緊張して走っていました。

関西に入った頃、雨がやみましたが、これで快調!とはならず、
忘れた頃にほんの一瞬だけエンジンストールするので、テープの下に水が少し入ってしまっているようです。

それでも普通のペースで走れるので、補修してからは順調に進み和歌山に到着。
時間は10時くらいになっていたでしょうか・・・。
ここまで、家を出てから12時間以上かかってしまいました。

 

なんとか乗れた11時発徳島行きフェリー

バイクは予約もなく来た順です。
人気のある8:00のフェリーにこぼれてしまった人もいるらしく、かなりの人数が待っています。

向こう側の列の人は確実に乗れます。こちら側は確実ではありません。
バイクはかなりがんばって乗せてくれるのですが、自分の前の番号までしか呼ばれないとダメなのかな〜と不安になります。

次の便だと、徳島へ渡るのが夕方になってしまうので、なんとか乗りたいとみんな思っていたと思います。
何度も係の人が人数を確認しながら、私の番号も呼ばれ、乗れますと言われます。ほっ。
私より後ろの人たちも、けっこう乗れたようでした。

最後に乗船したので、席が空いていません。
ウロウロ寝場所を探しながら、通路でセローの人と少しお話し。同じキャンプ場を目指すようでした。
キャンプ場であったらよろしく〜と言い、セローの人の隣で徳島までずっと仮眠をとっていましたww

初日の疲れ切ったナイトラン終了。
徳島には南海部品があるようだ。まずはそこへ行ってみようw
徳島までおやすみなさい。

左がGIVI E36、36リッター。右がGIVI E21、21リッターのパニアです。
高さももちろん違いますが、幅が大きく違います。

カナダへ行った時は36リッターで行きましたが、日本では幅があって気を使うので、
XR100でも使えそうな大きさが手頃な21リッターのものを買いました。

先日、E21を両側に付けて走った感じですが、幅をあまり感じませんでした。
すり抜けしようと思うとどうか分かりませんが、E36と比べれば普通に運転できる感じです。

ちなみに、E22にしなかったのは、E21のうちの古めのバイクに合いそうなデザインと、
PP製なところも良かったので。

使い勝手も悪くなさそうで、
日本を旅するなら、このくらいのバッグで充分だと思って買いましたが、
どのくらい入るのか、ちょっと検証してみました。

 

E21にテントを入れてみる

私のテントは、2人用のヨーレイカというメーカーのテントですが、いちおう入りました。
フタの部分が少し盛り上がっているので、
コンロ、コッヘルくらいなら、まだ入りそうな感じです。

 

E21にシュラフとマットを入れてみる

シュラフは、羽毛のものです。天山といういまはなきブランドですが、
大きさ的には、モンベルのダウンハガー#3と同じくらいです。
マットは180cmのサーマレストのインフレータブルマット。
タテにいれると横があくので、細かいものがまだ入りそうです。

 

ちなみにE36に入れてみる

テント、マット、シュラフ、全部余裕で入っちゃいますw

 

テントをシート上に出してしまえば、長期でもいけそうです

トップボックスにもいろいろ入れられるので、
この装備でも1〜2泊くらいなら、全部E21のバッグの中に入れられそうです。

3泊以上や、焚き火台を持って行きたいとかなっても、
テントを外に出すくらいで対応できそうです。

E36で車幅気にして走るより、E21でテントを外に出したほうが幸せですねw

新品ホイールに320mmローター付けました。
ディスクローターにノーマルキャリパー用のキャリパーサポートが付いていたので、
それを使ってキャリパーをセットし、ネジを回していきますが・・・。

クルクル・・・。
上は規定トルクでしまったものの、下側がクルクルとボルト締まらない状態に・・・。
外してみるとだめそうなんで、M8のヘリサートでネジ山再生することにし、工具をゲット。

作業の写真は・・、カメラにカード入れ忘れていて、ありませんw

下側をヘリサートし、締め付け直しますが、今度は上側がダメになって、クルクルw
アルミ製のキャリパーサポートですが、あんまり固いアルミは使っていないようで・・・。

上側もヘリサートして、規定トルクで取り付けました。
ぜったいダメになる感じの製品(外国製)だったので、最初からやっておいてほしい・・・。

少し試走しましたが、ノーマルの1PODキャリパー+大径ディスクの効きは、
ローターが320mmになったからといって、そんなに効くものではないですね。
ただ握れば効く気がするので、ノーマルよりはかなりいいかもですが。

2ポッド+大径ディスクの時は、
フォークのオイル粘度を変えないと恐くて走れないほどで、かなりガッツリ効きました。
舗装路は良いものの、効き過ぎるブレーキは林道が恐かったので、
前より良いかもしれません。(昔と違って、舗装路もマッタリ走行ですしw)

リアもキャリパー清掃とディスク交換で、ブレーキの感触も良くなりました。
荷物も積めるようにしたし、あとは旅に出るだけ〜。時間ほしいな〜><

海外タンデムツーリングするときに使った45リッターパニアを持っていますが、
マフラー側は特に張り出しが大きく、日本では不便そうだったのでパニアラックは外していました。

45リッターのパニアはGIVIのPP製ですが、
先日XR100用に買った26リッターのGIVIのパニアも、45リッターと取り付け形状が同じです
この小さいパニアもKLR650に使えるならということで、再びパニアラックを装着することにしました。

パニアラックは当時、ワンオフで作ったもの。
条件的には、タンデムシートに座った時に、パニアが干渉しない。
海外の長距離ダートは走らないので、強度的にはそんなに必要ない。
外してノーマル状態に戻せるようにポン付けで。
というものでした。

なんの問題もなく旅を終えましたが、
このラック、2点でしかビス留めされていないのがずっと気になっていました。

 

斜め下方向にステーを取りたい

KLRのサブフレームの形状や、ビス留めしてある位置をみると、
三角部分に近いところに太めのビスでがっちりとめてあるので、思うほど弱くはなさそうなのですが、
オーストラリアで旅をしたとき、サブフレームが何カ所か折れたりしたこともあり、
斜め下方向への接続はやはり取りたいなぁ・・・と感じてしまうのです。

重量物を積んでハードなところはもう走らないと思うので、
サブフレームの三角のとこが折れることなさそうですが、
もし折れても、ステーがついていれば多少は支えられそうですし、
転倒時の横方向へ強度も多少は強くなるような気がします。気休め程度かもしれませんがw

 

ステーは平板自作でボルト止め

丸パイプを溶接してもらうのが一番いいのでしょうが、なくても使えていたものなので、
あまりお金はかけずに、自作でいくことにしました。

曲げるためのベンダーの関係で平板にします。
自分で加工出来る範囲内で強度があるものということで、厚みは4.5mmです。

 

平板用のハンドプレートベンダーで現物合わせで曲げていく

以前ヤフオクで買った物ですが、
中村ワークサービスのハンドプレートベンダー、ハンディでリーズナブルな割には何気に便利です。
鉄板だと3mm厚、アルミは5mm厚までだったかな?まで曲げれます。

今回は4.5mmの鉄板でしたが、一応曲げれました。
きっちり90度まで曲げれるのかは怪しいですが、緩めの角度なので大丈夫。

 

塗装して穴開けしてステー完成

黒の缶スプレーで色塗りましたが、
サフも黒も、スプレーたりなかったので、塗料が足りる分だけで適当にやってますw
さび目立ってきたら、ちゃんと塗りましょうかw

曲げた感じはこんなです。

 

取り付け

ビスあるとこにしかつけらんないので、取り付け位置はここです。
右側もマフラーとサイドプレートに干渉しないように曲げを調整して、なんとかつきました。
強度はなんともいえませんが、見た目的にあったほうが安心感があるのはいいことということでw

 

車検の時に時間がなくて出来なかったキャリパーの清掃をしました。
フロントは、長期保管してたノーマルの1ポッド、
リアは先日まで使っていた1ポッドキャリパーです。1ポッドなのでラクラクww

 

フロントキャリパー清掃

こちらは20年ほど使っていなかった1ポッドキャリパー。
比較的早い時期に外してしまったので、パッドは減っているもののまぁまぁ綺麗です。

エアでピストンだしました。
エア圧強いと勢いよく出てきてしまうので、
ちゃんと布で飛んでいって傷つけないようにしています。

ピストンはこんな感じでした。

あとは清掃して、組み付け。
フロント側は、ダストブーツもピストンシールと同じ形状なので、
普通に押し込んで行けば終了。

 

リアキャリパー清掃

リアは車体から取り外して清掃です。
こちらは見えるとこはかなりの汚れでした・・・。

とりあえずピストン取り出します。

中はうわ〜って感じではないですねw

掃除して組み付けますが、リア側はダストブーツが袋状です。

これ、普通におしていっても入らないので、ピストンを手で押さえつけて、
中くらいのエアー圧で内側がらゴムを広げてピストンにブーツをかぶせます。
で、押し込めば完成。

外観ちゃんと磨けてないけど、
すぐドロドロになるのだからいいかな・・・とw

あまり状態の良くない前後ディスクローターを交換したかったところまで話はさかのぼり

ます。前側が特注の鋳鉄ローターで、後ろは純正なのだけど、前側がどうやってもはずれません。
ボルトを焼いて、エアインパクト使っても頭が負け、タガネで叩いても頭が削れていくだけで・・・。
ボルトに溝をきってインパクトで再チャレンジしてだめなら、
頭を削り落としてローター外してからなんとかするしかないのかなぁという状況。
(時間かかると思うんで、この顛末はいずれw)

とりあえず困るのでそのまま乗っていましたが、鋳鉄で錆びが放置されまくってたローターは状態がとても悪く、
リアも真ん中だけ変に削れてる・・というあんまりいい状態ではなく、錆びの出ているホイールも含め、
前後とも交換してしまうことにしました。

車外品ですが、バイクの年数考えたら、リーズナブルな吊るしの新品がとれるのも今のうちですしね〜。

 

ハブダンパー交換

特に問題ないのですが、せっかくなのでハブダンパーも新品に交換です。
ダンパーのとこは薄くシリコングリス塗って、セット。軸のとこはいつものグリスぬって終了。

 

スプロケットを取り付け、ホイールをセット

後ろは新品スプロケットをセットして、タイやを新しいホイールに組み替えました。
フロントスプロケットは交換したばかりみたいだったのでそのままです。
そしてチェーンつけて完了。

 

 

ホイールがきれいだと、バイクがしまって見えますね。
まわりが汚すぎますがw

 

サスペンションの下部に入っているバンプラバーがボロボロになっていました。
ネットで検索すると、けっこう自作してる人も多く、
サスペンション自体はオイル漏れもないので、延命させることができるようです。

余談ですが、このサスペンションは、2000年くらいだと思うのですが、
北米ツーリングで出会ったIさんが、アメリカ留学から帰ってくる際に、
KLR650用のホワイトパワー(現在はWP)のサスペンションを購入してもらい、
持って帰ってきてもらったもの。

あちち製のものは、現地で買うと日本で買うよりとても安い、
という時代でしたが、無茶なお願いしたものです。
Iさん、いまでもちゃんと使ってます。ありがとう。

 

ぼろぼろのバンプラバーを取り出す

スプリングの内側から、粉々になっている物体を取り出しました。
スプリング内でとどまっているので、もしもサスペンションがフルボトムしても、
全く機能を果たさないわけではないでしょうが・・w
こんな状態のままにしておくわけには行きませんので、交換します。

 

ホームセンターでゴムの足を買ってきて加工しました

あまり種類がなくて選びようもなかったのですが、合いそうなゴムを買ってきました

 

穴が少し小さかったので、サスペンションにあわせ、ドリルで穴を拡大しました。

それを、真ん中でまっぷたつに。ちょっと長さも短くしました。感覚的にですがw
そして、写真を取り忘れましたが、
ゴムの中央部にタイラップでとめた時にずれないように溝をつくっておきました。

スプリングの中にいれ、タイラップで固定

半分に切ってあるので、スプリングの間からゴムを入れる事が出来ます。
入れた後は、タイラップでしっかり固定。完成です。

なんだかんだ古いサスペンションなので、どのくらいもつか分かりませんが、
もうちょっとがんばってもらいましょう。

 

 

 

先日、千葉へツーリングに行った時、昭和レトロなかわいい簡易郵便局みて、
80年代後半・90年代前半に日本中を走り回ってたころに
旅のために郵便局に口座を作ったことを思い出しました。

今はどこの銀行でも、たいていのATMでお金の引き出しができます。
銀行へ行かなくても、コンビニでも大丈夫です。

当時は、基本的には同じ銀行のATMでしか使用することが出来ませんでしたので、
全国にまんべんなくある郵便局は、旅する人にとって、とても便利な存在でした。

たいていの町にあり、そして田舎の村にもある、
ATMで全国どこでも自分の口座から引き出すことが出来るのは、郵便局だけ。

小さな町にある郵便局は、まだATMが設置されていないところも多かったですが、
局員さんにカードを渡せば、引き出しをすることもできました。
長期の旅をした人は、郵便局を便利に使っていたのではないでしょうか。

 

だいぶチェーンスライダーが減っているなぁ・・と思って、前から交換したかったのですが、
この部分、スイングアームを外さないと交換できません・・・。

そこまで外すなら、サスやリンクのチェックはもちろん、だいぶくたびれているチェーン交換など、
リア回りをきっちりメンテナンスしたいところです。

 

リアサスを外したら、底部のバンプラバーはボロボロでした

KLR650の分解なんて、誰も必要ないから細かく書きませんが、
リンク部分のボルトを外してスイングアームをフリーにして、サスの下のボルトを緩めて、
サスの上のボルトを外して、下のボルトを外せば、ぱかっと取れます。

バンプラバーが劣化してボロボロです・・・。
この部分の補修はどうするんだろう?と思って検索したら、
ホムセンで適当にゴムかってきて、穴の大きさあわせて、半分に切って、
タイラップや接着材でとめてる人多いみたいです。

 

スイングアームを外す

サスが取れてれば、ボルトとネジ外せば、ぱかっと取れます。
チェーンでだいぶゴムがだいぶ削れてます。
もともとはこの部品を交換したかったのでした。

 

リンクのシャフトはけっこう錆びてました。

エアインパクトでナットを外して、反対からシャフト叩いて抜いて行きます。
真ん中付近から左半分にかけて錆びてました。
ひどいところは写真で見るよりひどいので、磨かずに、シャフト交換しちゃいましょうか。
さらに錆びて中で固着とかいやですしねぇ。
リンク自体の動きは悪くないので、清掃して組めばいいかなと。

 

今回外したものに加え、ブレーキやローターもリフレッシュ予定です。
部品全部そろってないので、まずは清掃ですかね。

昔ながらのエンジンガードは、見た目的に付ける気がしませんでしたが、
最近流行のガードは、形状がかっこいい!

KTMやアフリカツイン、KLR650のクラッシュガード付きの写真を見るたびに欲しくなっていきます。

このところ650で林道も行っているし、何かと部品が心配な年式でもあるので、
そういうリスクを少しでも減らすためには、あったほうがいいかな?と思う装備です。

KLR650A型に付くもので買えそうなのは、
SW-MOTECHのもの、HAPPY TRAILのもの、GIVIのもの。

SW-MOTECHの今風でかっこいいものか、
HAPPY TRAILのラジエターまわりを完全にガードするものか、この2つに絞りました。

何日も画像を眺めていると、
今風でスタイリッシュなSWモテックのほうに、心惹かれはじめます。

ただ、モテックのほうは、旧タイプのKLR650A型のは廃盤で、
ほとんどKLR650E型用しか売っていません・・・。
たぶん加工すれば付くのでしょうが・・・、勝負には出たくない。

USAのサイトをいろいろ検索してたら、
KLR650A用にマウント用のフィッティングセットを一緒に売ってる店がありました。
店も信頼できそうなので、ぽち。
そして、海外から部品が到着。送料は高いですが、いい時代になったものです。

さて、取り付けです。

エンジン前方、ステップのところ、リアフレームの付け根に固定するだけですが、
リアフレームのとこの六角ボルト、回すとめちゃ固い!

ここはネジの頭が見えないので、ナメちゃうと厳しい場所なので、エアインパクトで外しました。
ネジロックが塗ってありましたが、
マニュアルみたら、ネジロック指定ではなかったのだけど?・・・たぶん。

 

リアフレーム取り付けの部分は、くぼみにスペーサーをはさんでボルト止め。
ステップのとこは、センタースタンドも挟まなければいけないので、
クラッシュバー、センタースタンド、ステップの順で取り付けました。

そして、試乗。
街中を走っている分には特に重さを感じることもなく、いい感じでした。
見た目的には、やる気感が増しました(笑)

春になり、そろそろバイクに乗りたい季節になってきましたが、
暖かくなったとはいえ、まだ山や寒い・・・(実は寒さが苦手です><)
この時期、暖かく走れるところといえば、伊豆か千葉。

お昼近くになってから出発、帰りが遅くなれないので、千葉の素堀りトンネルへ行く事にしました。
高速で付近まで行って、見て回って、すぐ帰ってくるという、お気楽コース。

このコースは、車線は細いですが、舗装林道を走るので、
一昨日の大雨、昨日の雨でも道路は平気だろうということもありました。

アクアラインを走り、海ほたるで休憩してから、市原鶴舞で高速をおりました。

 

加茂古敷谷郵便局

県道171号線沿いに、昭和レトロな簡易郵便局がありました。
わりと私のバイクもレトロなので、妙にこの雰囲気にマッチ(笑)

 

森永高滝カントリー付近の脇道

梅が綺麗に咲いている、いい雰囲気の脇道があったので、入ってみました。
大通を走っていると、脇道が気になってしまいます^^;

 

小湊鉄道 飯給駅

ちょうどここを通った時に、ベージュとオレンジのかわいい電車が通りました。
電車撮ってる人もいたので、邪魔にならないよう通り過ぎるのを見てから、写真撮影(笑)

 

柿木台第一トンネル

断面が五角形の観音堀りのトンネルと言い、日本古来の堀り方らしいです。
こちら側からだとちょっと分かりにくいですが、
トンネルの向こう側、将棋の駒みたいなのがわかるでしょうか?

 

柿木台第二トンネル

入口がすり鉢状になっていて、吸い込まれそうな雰囲気のトンネルでした。
人の手が入った感じの観音堀よりも、素朴でかっこいい気がしました。

 

3つのトンネルがある道

柿木台第一、第二トンネル、永昌寺トンネルを走る道はおおむねこんな感じです。
ずっと細い道なので、大きな車だと入りたいとは思いません^^;
路面は舗装なので、気をつければオンロードでもいけますw

 

永昌寺トンネル

ここも将棋の駒の形をした観音堀りのトンネルでした。
県道172号のすぐ脇にありますので、細い道を入りたくない人でも見学できるトンネルです。

 

小湊鉄道 月崎駅

駅舎がかわいい駅なのですが、軽トラが何台か停まってたので、
駅舎とバイク写真はないのです(笑)

 

月崎トンネル

トンネルの間に、天井がないところがあり、光が差し込んできます。
この感じはもうアニメに出てきそうな遺跡の雰囲気です。

 

月崎トンネルのある林道

この道も細い舗装林道なので、オンロードバイクでも気をつければいけるでしょうw
車を大きな道に停めて、歩いてきている人もいました。

 

林道終点のトンネル

林道を進んで出てきたトンネルで、ここを抜けると終点。
その先は登山道か遊歩道かわかりませんが、歩いて行ける道はありました。

 

いつものことですが、写真を撮りながら走ると思ったより時間がかかるもの(笑)
時間があれば他のトンネルも見ようと思っていましたが、インターへまっすぐ向かい帰路につきました。

本日のルート

午前中の仕事を終えて、午後の用事を済ませたら、
夕方間近になってしまいましたが、ちょっとだけバイクに乗りたくなりました。

どこかへ行くには時間もないので、
お友達の板金屋の天涯とKLEを眺めに行ってみようと思い出発です。

母校の前を通り、川沿いのダートを一瞬だけ走ります。
ダートを走ったのは、たったの数百メートルですが、とっても楽しい(笑)

ダートを走れるバイクだと、ダートを走りたくなるのは何ででしょうね?

すぐに行ける近所のダートロードを探してみたら面白いかもと思い、少し検索してみました。
H8年の時は1228kmほど砂利道があったようですが、
H29年現在は、横浜市の道路延長7840kmのうち、砂利道が129kmだそうです

この129km、細々いろいろな所にあるのでしょうが、
いったいどこにあるのでしょうね?

友達のお店に到着すると、通勤用のバイクもなく、残念ながら出かけているようです。

彼のところへ行く時は、お仕事を依頼するとき以外は、いつも連絡なしに行ってしまいます。
最近ヘルプで別の店も行ってるようなので、こんなことが多々あります(笑)

残念ですが、天涯と、動くようになっているはずのKLEの見学はまた今度で。
暖かい陽気の中を気持ちよく走れたので、よしとしましょう。