好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/7/11

先日行った林道も少しヌカっていましたが、最初からヌカってると分かっていたのでまだ良かったのですが、
ひとりで行った伊豆の別の林道で、いきなり出てきたヌカるみがかなり恐かった。

これから林道率高くなりそうなので、ここは思い切ってオフ寄りのタイヤをいれましょうか。
ディスクローターボルトでトラぶっていたホイールも復活して転がっているしw

 

タイヤはピレリMT21

タイヤは、今は選択肢が増えたのかと思いきや、
17インチのホイールサイズがオフ車の定番ではなくなったこともあり、
あまり選択肢もなく・・・15年以上前からビッグオフのタイヤの定番だったMT21にしました。
当時から良いタイヤでしたので、まぁ安心感はありますが、代わり映えしないというか(笑)

 

シラックのタイヤ交換の時も思いましたが、
車載用に持っていた短めタイヤレバーでリアタイヤをはめるのキツすぎなので、
ロングのタイヤレバー買いました。

車載してるタイヤレバーとの差はこんなに。

ぶっちゃけ、長いだけあってでラクチンです。
うお〜〜〜ってがんばらなくても、リアタイヤが入ります。

長いの使ってしまったら「思えば、このタイヤレバーで良くやっていたなぁ」とシミジミできますなw
あまりにラクだったので、タイヤを入れた写真取り忘れました(笑)

 

ホイールにディスクローターを取り付ける

リアディスクローターは替えるために買ったのに、ホイール買った時にくっついてきたんで1つ余ってましたw
フロントは、同じくオーバーサイズの320mmをゲット。既製品なので入手が楽でいい。

ローターボルトを入れる穴、錆やカスがけっこうあるので、1度タップでキレイにします。
へんな角度でいれないよう注意してクルクル〜。

溝をうすく削ってる感じでしょうが、タップ抜くと錆なのかカスなのかけっこうくっついてきます。

んで、ローターボルトにネジロックを塗布して、規定のトルクで締めれば終了。

 

タイヤ、これだけあればいいんでは・・

こっちのタイヤだけでいいじゃんというのは置いておいて、林道用のタイヤが出来ました。
スペアの古い純正ホイールにいれましたが、こっちを付けたらこっちのタイヤだけしかいらない予感^^;
どこか行くたびにホイール替えるの面倒だし^^;;

2018/7/8

KLR650のノーマルスキッドプレートは樹脂製です。
もちろん、樹脂といってもかなり固いんで、
跳ね上げた石があたるくらいは問題ありませんでしたが、穴が多いのがなんとなく・・・。

 

純正でもいまのとこ問題ないと言い聞かせてましたが(実際そうなのですがw)、
KLR650購入当時からアルミにしたかった部分。
せっかく海外から高い送料で買うものがあるので、ついでにポチッとw

SWモテックのクラッシュガードがあっても、きれいに装着できるSWモテック製にしました。
他のものとまとめて買えそうなサイトだとブラックしかなかったので、ブラックに。
ちょっと地味ですがw

フレームにコの字のパーツをつけますが、
クラッシュバー付けたときのサイズになっているので、きれいに取り付けられました。
ちなみにバーがない場合は、同梱のカラーをはさんで対応するようです。

樹脂のものもそれなりに強度はあると思うので、強度がどのくらい増したかは不明ですが、
前方に穴が少ないので、タイヤから飛んでくる石のヒットは前より防げそうです。

2018/7/8

KLRのスクリーンはコンパクトでも、かなりきっちり風を受け流してくれますが、
なんとなくスクリーンを変えてみました。

大きさはけっこう違うので、風防効果は大きい気はしますが、路面の点前は見づらいのかもしれません。
まだ乗ってないので分かりませんが・・・w
大きさ以外では、純正はボルト装着部分の作り込みがすごいw

シールドをとりつけて、ステッカーはりましたw
シールドが長いと、見た目のバランス悪そうだなあぁと思ってちょっと避けてはいたのですが、
実際つけてみると、ちょっと主張が大きいくらいで、そんなでもなかったです。(写真でみるほどの違和感はなかった)

どのくらい風が変わるのか、どのくらい路面が見づらくなるのか、乗ってみるのが楽しみです。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss