好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→


June,2000 Kawasaki KLR650

KLR650は1987年の登場し、A型、B型、C型、E型と続いていきます。

私のKLR650はA型で、A型はかなり息の長い長寿モデル。
2007年まで、なんと20年間作られました。

このA型が日本国内で売られたことがありますが、
日本では、走るのに良い場所がのなかったことが原因で、
あまりの不人気さゆえに、たったの2年で打ち切り。

打ち切りされた後は、どこのショップも輸入することなく、
国内では忘れ去られた存在になります。

ちなみに他のモデルも簡単に紹介しておくと、
B型は日本でもファンの多い天涯で4年間作られ、C型はトレール志向のデザインで欧州向けに作られました
E型は現行モデルで、外装などの見た目だけでなく、あらゆるところがアップデートされています。

私がA型を買った1996年は、欧州向けにC型も売っていた時期で、
フェアリングがついて高速が楽そうな北米向けのA型、
オフロードへ気軽に行けそうな欧州向けのC型という2つのKLR650が存在しました。

どちらも私は格好良く感じたのですが、発売から10年たったA型は古くさく感じるものがあり、
オフロードへ行くならばC型よりもKLXという良いバイクがありました。

オーストラリアツーリングで、日本で忘れ去られたKLR650A型・C型を何台か見て、
手に入れたくて仕方なくなります(笑)

帰国して、仕事を見つけて落ち着いた1年後くらいでしょうか、
行きつけにしていたバイク屋さんに相談。

A型、C型はどちらも良いところがあり、ぶっちゃけどちらでも良かったのですが(笑)、
バイク屋さんの親しい輸入代理業者が、北米に強かったこともあり、
カナダで1台買い付けてもらって、輸入(笑)

私のKLR650は、はるばるカナダからやってきたのでした。

スーパースポーツやツアラー全盛だった時代に、
高速は楽ですが安定度はイマイチ、オフロードはとりあえずはダートも行ける程度のレベル、
「なんでそれ?」と友達に言われ続けつつも、非常に気に入っているバイクです。

その後2000年に、KLR650をカナダへ一時輸出し、ツーリングしてきました。
愛車の故郷でもあるカナダを走っていることが、とても幸せに感じたのでした。

KLR650を手にした時は、バイクでつながっていたほとんどの友達たちが
大排気量のスーパースポーツやツアラー、ネイキッドに乗っていた時代。

2台目を持っている人はオフ車を持っていたりもしましたが、
みんなでツーリングに行くときは、巡航速度などから大きなバイクをチョイスしてきていました。

本気でアクセルをひねられるとついてはいけないのですが、それでも回せばパワフルなKLR650。
ビックバイクの友達とも楽しく走れました。

その記憶があるままに、
昔よく一緒に走ったお友達と10年ぶりにツーリングに出発。

彼は相変わらずのスーパースポーツ。
10年前とは比べものにならないほど、軽そうで速そうなバイクに乗っています。

軽快に走る彼に対し、私は、倒し込むのも怖く、対向車も怖く、ペースがまったく上がりません。
アクセルを少しひねられるとあっという間に消えていく(笑)

無茶なスピードを出そうとは思っていませんが、無茶じゃなくても転びそうな私^^;
頭の中のイメージと、カラダの中のスピード感が全く違い、怖くて怖くて仕方ない・・・。

そんな10年ぶりのツーリングを一緒に走ったKLR650は、
帰りにシフトレバーが折れたくらいで(笑)、
長く寝かした割には、走行後の不具合はあまりでませんでした。

「まだまだ何処へでも走っていけるよ〜」とバイクに言われた気がして、
KLRで遠くに行きたいな・・・と、ちょっと旅心に火がついてしまっています。

なんとか一人旅に行けないかなぁ。

Kawasaki KLR650 Novemver,2018
Kanagawa,Japan

横浜と東京を結ぶ幹線道路の国道15号、
子安付近ででウインカーを出し少し脇にはいり、昭和の香りが漂う一帯へ。

水の上に足場が組まれ、川へせり出す建物とそこへ横付けしている船。
バラックがずっと川の向こうまで続いています。

川の上には首都高速が走り、向こうには高層マンション群。
この一帯だけタイムスリップしたような光景です。

漁港の風景だけではありません。
道路をはさんだ住宅街は、バイクでは入れないほどの路地だらけ。
歩いてみると、いくつもいくつも井戸があったり不思議です。

もし見て回るなら、歩きが一番いいでしょう。
この時は、バイクの写真を撮りに行きましたが(笑)

お友達が持っているKLR650B 天涯です。
天涯TENGAIという日本語を使ったネーミングが印象的で、当時めちゃくちゃ欲しかった記憶があります。

KLR650Aの外装などを変え、パリダカを連想させるバイクで、色は赤と青/緑。
赤はTENGAIとローマ字表記ですが、青は「天涯」と漢字を使ってあるのも特徴的でネーミングやデザインから一部で人気がありました。

ずっと友達の家のガレージに眠っているバイクですが、いつか一緒に走る日がくるといいな。
Kawasaki KLR650 TENGAI January,2008

20171112-DSCF1491-2

 

まずは、撮ってきたバイク写真並べます(笑)

 

20171112-DSCF121620171112-DSCF127620171112-DSCF131120171112-DSCF133920171112-DSCF134620171112-DSCF135720171112-DSCF137720171112-DSCF138820171112-DSCF139420171112-DSCF140720171112-DSCF141720171112-DSCF143320171112-DSCF144620171112-DSCF145120171112-DSCF145420171112-DSCF145620171112-DSCF148320171112-DSCF1491

 

先週壊れたシフトレバーも直り、林道へ行きたくてウズウズ。
伊豆方面へ進路をとり、沼津から海岸沿いを下って戸田へ。相変わらずの海沿いの道は気持ちがいいね^^

戸田からは、達磨山へ向かい達磨山林道へ入る。
達磨山林道へ入ってからは、ワインディングを楽しむバイクもまったく見かけなくなった。
そして、達磨山林道支線へ。
かなり走りやすく、川渡り(コンクリートだけど)的な要素があって走ってて面白い!

今回は一人だったのでバイクの写真を撮りまくりだったのだけど、
達磨山林道支線の杉林で、バイクのスタンドがズブズブっとうまっていく〜〜(笑)
離れたところでなすすべもなく見守る私。そのままコテッ。
「土の地面はスタンドが沈む」そんなことをばっちり思い出したし(笑)

確認すると、ミラーは取れてしまったけど、ダメージは少なく外装もほぼキズなし。
バイクが転けた時の写真撮っておけばよかった〜!
でも、後でそう思うのは、バイクが無事だったからw

修善寺を通り、次は年川林道へ。
川沿いを走る年川林道は、たまーにヌカルミが出てきます。
タイヤがオン寄りなのもあるけれど、そこで両輪ツルッっとすべって焦る焦るw

二股に分かれている部分を右にまがったら、川になって削れたようなガレている道が出現。
ここでは絶対コケられないと重いながら頑張って先へすすんだけど、道間違えてた^^;

Uターンしてコケたらやばいガレ場を通って戻ってくる(笑)
ちょっと650ccでは通りたくない道。汗だくになるの巻w
戻って正しい道へ。荒れて無くスムーズに走れたし。

そして伊豆スカイラインへ。
かつて伊豆へ行けばかなりの確率で帰りに通った道。
走って通り過ぎちゃう事が多いので、いろんなPに立ち寄り。新鮮!