好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

だいぶチェーンスライダーが減っているなぁ・・と思って、前から交換したかったのですが、
この部分、スイングアームを外さないと交換できません・・・。

そこまで外すなら、サスやリンクのチェックはもちろん、だいぶくたびれているチェーン交換など、
リア回りをきっちりメンテナンスしたいところです。

 

リアサスを外したら、底部のバンプラバーはボロボロでした

KLR650の分解なんて、誰も必要ないから細かく書きませんが、
リンク部分のボルトを外してスイングアームをフリーにして、サスの下のボルトを緩めて、
サスの上のボルトを外して、下のボルトを外せば、ぱかっと取れます。

バンプラバーが劣化してボロボロです・・・。
この部分の補修はどうするんだろう?と思って検索したら、
ホムセンで適当にゴムかってきて、穴の大きさあわせて、半分に切って、
タイラップや接着材でとめてる人多いみたいです。

 

スイングアームを外す

サスが取れてれば、ボルトとネジ外せば、ぱかっと取れます。
チェーンでだいぶゴムがだいぶ削れてます。
もともとはこの部品を交換したかったのでした。

 

リンクのシャフトはけっこう錆びてました。

エアインパクトでナットを外して、反対からシャフト叩いて抜いて行きます。
真ん中付近から左半分にかけて錆びてました。
ひどいところは写真で見るよりひどいので、磨かずに、シャフト交換しちゃいましょうか。
さらに錆びて中で固着とかいやですしねぇ。
リンク自体の動きは悪くないので、清掃して組めばいいかなと。

 

今回外したものに加え、ブレーキやローターもリフレッシュ予定です。
部品全部そろってないので、まずは清掃ですかね。

昔ながらのエンジンガードは、見た目的に付ける気がしませんでしたが、
最近流行のガードは、形状がかっこいい!

KTMやアフリカツイン、KLR650のクラッシュガード付きの写真を見るたびに欲しくなっていきます。

このところ650で林道も行っているし、何かと部品が心配な年式でもあるので、
そういうリスクを少しでも減らすためには、あったほうがいいかな?と思う装備です。

KLR650A型に付くもので買えそうなのは、
SW-MOTECHのもの、HAPPY TRAILのもの、GIVIのもの。

SW-MOTECHの今風でかっこいいものか、
HAPPY TRAILのラジエターまわりを完全にガードするものか、この2つに絞りました。

何日も画像を眺めていると、
今風でスタイリッシュなSWモテックのほうに、心惹かれはじめます。

ただ、モテックのほうは、旧タイプのKLR650A型のは廃盤で、
ほとんどKLR650E型用しか売っていません・・・。
たぶん加工すれば付くのでしょうが・・・、勝負には出たくない。

USAのサイトをいろいろ検索してたら、
KLR650A用にマウント用のフィッティングセットを一緒に売ってる店がありました。
店も信頼できそうなので、ぽち。
そして、海外から部品が到着。送料は高いですが、いい時代になったものです。

さて、取り付けです。

エンジン前方、ステップのところ、リアフレームの付け根に固定するだけですが、
リアフレームのとこの六角ボルト、回すとめちゃ固い!

ここはネジの頭が見えないので、ナメちゃうと厳しい場所なので、エアインパクトで外しました。
ネジロックが塗ってありましたが、
マニュアルみたら、ネジロック指定ではなかったのだけど?・・・たぶん。

 

リアフレーム取り付けの部分は、くぼみにスペーサーをはさんでボルト止め。
ステップのとこは、センタースタンドも挟まなければいけないので、
クラッシュバー、センタースタンド、ステップの順で取り付けました。

そして、試乗。
街中を走っている分には特に重さを感じることもなく、いい感じでした。
見た目的には、やる気感が増しました(笑)

春になり、そろそろバイクに乗りたい季節になってきましたが、
暖かくなったとはいえ、まだ山や寒い・・・(実は寒さが苦手です><)
この時期、暖かく走れるところといえば、伊豆か千葉。

お昼近くになってから出発、帰りが遅くなれないので、千葉の素堀りトンネルへ行く事にしました。
高速で付近まで行って、見て回って、すぐ帰ってくるという、お気楽コース。

このコースは、車線は細いですが、舗装林道を走るので、
一昨日の大雨、昨日の雨でも道路は平気だろうということもありました。

アクアラインを走り、海ほたるで休憩してから、市原鶴舞で高速をおりました。

 

加茂古敷谷郵便局

県道171号線沿いに、昭和レトロな簡易郵便局がありました。
わりと私のバイクもレトロなので、妙にこの雰囲気にマッチ(笑)

 

森永高滝カントリー付近の脇道

梅が綺麗に咲いている、いい雰囲気の脇道があったので、入ってみました。
大通を走っていると、脇道が気になってしまいます^^;

 

小湊鉄道 飯給駅

ちょうどここを通った時に、ベージュとオレンジのかわいい電車が通りました。
電車撮ってる人もいたので、邪魔にならないよう通り過ぎるのを見てから、写真撮影(笑)

 

柿木台第一トンネル

断面が五角形の観音堀りのトンネルと言い、日本古来の堀り方らしいです。
こちら側からだとちょっと分かりにくいですが、
トンネルの向こう側、将棋の駒みたいなのがわかるでしょうか?

 

柿木台第二トンネル

入口がすり鉢状になっていて、吸い込まれそうな雰囲気のトンネルでした。
人の手が入った感じの観音堀よりも、素朴でかっこいい気がしました。

 

3つのトンネルがある道

柿木台第一、第二トンネル、永昌寺トンネルを走る道はおおむねこんな感じです。
ずっと細い道なので、大きな車だと入りたいとは思いません^^;
路面は舗装なので、気をつければオンロードでもいけますw

 

永昌寺トンネル

ここも将棋の駒の形をした観音堀りのトンネルでした。
県道172号のすぐ脇にありますので、細い道を入りたくない人でも見学できるトンネルです。

 

小湊鉄道 月崎駅

駅舎がかわいい駅なのですが、軽トラが何台か停まってたので、
駅舎とバイク写真はないのです(笑)

 

月崎トンネル

トンネルの間に、天井がないところがあり、光が差し込んできます。
この感じはもうアニメに出てきそうな遺跡の雰囲気です。

 

月崎トンネルのある林道

この道も細い舗装林道なので、オンロードバイクでも気をつければいけるでしょうw
車を大きな道に停めて、歩いてきている人もいました。

 

林道終点のトンネル

林道を進んで出てきたトンネルで、ここを抜けると終点。
その先は登山道か遊歩道かわかりませんが、歩いて行ける道はありました。

 

いつものことですが、写真を撮りながら走ると思ったより時間がかかるもの(笑)
時間があれば他のトンネルも見ようと思っていましたが、インターへまっすぐ向かい帰路につきました。

本日のルート

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss